*

コーヒー豆の鮮度は、コーヒーの「美味しい」の何番目?

家のテレビは娘の見たいものが優先。

 

僕は特に見たいものもないので、一人暮らしをしていた時は家にテレビを置いてなかったくらいなんですね、ですので娘が見たいものを興味津々で見ております。

 

なんで興味津々かというと、まず自分から進んで見ない番組って、そんな機会でしか見ないじゃないですか。
そういう番組こそ、自分の思考にパンチを浴びせたり、刺激をもらったりすることがあるのですね。

 

例えば、プリキュア。
なんだ少女マンガじゃないか、って思うかもしれませんが、でもね、なかなかに人間の在り方だとか、心の在り方だとか、大人でも勉強になるような台詞があって驚くものなんですよ。

 

子供番組だからと言って、あなどってはいけません。
奥さんと釘付けになりながら、見てたりしております。(笑)

 

ということで、本題に行きたいと思います。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

あっ、ホームページが新しくなったので、まだの方は一度ご覧下さいね!
https://www.shima-coffee.com/

 

 

 

コーヒー豆の鮮度は、コーヒーの「美味しい」の何番目?

 

コーヒー豆の鮮度とは、焙煎する前のコーヒー生豆がいつ収穫されたか、ということも大事なことですが、それは今回抜きにして、焙煎してからどれだけ日が経ったか、がコーヒー豆の鮮度です。

 

コーヒー焙煎をしてすぐが一番新鮮となりますね。
但し、コーヒー豆を焙煎してからすぐは、僕たちの言葉で「味が若い」という表現をするのですが、焙煎してから1日目はじゅうぶんな美味しいの力を発揮しないのですね。

 

2日目以降から、徐々に焙煎で引き出されたコーヒー豆の美味しさが、グググーッと力強くでてきます。
なので、焙煎してから1日目はちょっと待つ方が良い、ということになります。

 

このことを「コーヒー豆のエイジング」という言葉を用いて表現したりします。

 

鮮度が良ければ美味しいのか?

 

というと、一概にそうとは言えません。
鮮度が良い、というのは美味しいの条件にはなりますが、だから美味しいとは言い切れません。

 

焙煎の鮮度が良くても、例えば日本に来る途中、コーヒー生豆が輸送中に荷物事故にあったとします。

 

コーヒー豆に他の何かの荷物のニオイが移ってしまったします、今ではそんなことは少ないと思いますが、そういうことは昔はあったのですね。

 

そのニオイが移ったコーヒー豆、鮮度がよくてもその移ったニオイがコーヒーの液体からにおってきたらどうでしょう。
鮮度がいくらよくても、美味しいとはならないと思います。

 

ですので、鮮度が良いからといって、美味しいはイコールにはなりません。

 

但し、繰り返しますが美味しいの条件には「新鮮である」というのは入ります。
なんか禅問答みたいですが、今回お伝えしたいのは、鮮度が良いからといって、必ずしも美味しいには繋がらない、このことなんですね。

 

美味しいコーヒー豆には鮮度が大事。
鮮度は美味しさにおける、順位は1,2番であると思ってますが、コーヒー豆の個性やグレードなど、あくまでも条件は全て揃うことが大事。

 

鮮度だけでは美味しさを語れませんが、美味しいには鮮度が必要ですよ、ということです。

いかん、やっぱり禅問答みたいになってしまった。(笑)

 

それでは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

コーヒーは1日何杯まで飲んでいいの?

さて、連日フェイスブックやツイッターなどでお送りしている、あの芸能人こと、短パン社長 奥ノ谷圭祐さん

記事を読む

初心者必読!ペーパードリップで1杯淹れるのと2杯淹れるのとどっちが安定するか?

プロローグ 次の月曜日にコーヒーセミナーをしてほしいとご依頼がありまして、高槻上牧にあるイタリアン

記事を読む

コーヒーと相性の良くないモンはなんだろ?

娘からすると、ひいおばあちゃんが2日前に旅立たれました、92歳でした。   以

記事を読む

一刀両断できない!切っても切れないコーヒーと水の関係

プロローグ コーヒーと水は切っても切れない関係です。 水に流して・・・と言いますが、コーヒーはそ

記事を読む

ナチュラル と ウオッシュ コーヒーの精製法

プロローグ コーヒー生豆が日本に届くまで ほんとにいろんな行程があり 様々な人の手がかかっています

記事を読む

ハンドドリップで、極力苦みを抑える方法は?

本日は営業日は週一のみ、日曜日だけのお店、岡町本店に来て営業中。 ブログは高槻店でも岡町本店でも営業

記事を読む

島珈琲のエチオピアモカの素晴らしさを語るブログ

昨晩、家に帰ると免許更新のハガキが来ていました。 僕の誕生日は8月6日、更新は今年です。  

記事を読む

そもそもコーヒー焙煎とは、なんなのか?

プロローグ つまりコーヒー焙煎とは、男の浪漫 なんちって。 こんにちは 焙煎アーティスト 島規之

記事を読む

コーヒーマシンの調べ

昨日、島珈琲の会計をお願いしている税理事務所の社長さんに電話を。 2023年から導入される、インボイ

記事を読む

コンビニ100円コーヒーの存在は、どんな影響を与えたのか

コンビニのコーヒー、皆さんはよく飲まれますか? 僕は時々ですね、買い物や家族でドライブに出かけたと

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
忘れてしまいたいことや

忘れてしまいたいことや、どうしようもない悲しさに、包まれた時に男は酒を

言葉は変化する

このブログは毎日更新してます。 ブログのネタは書く前に考えるか、前日の

テイクアウトコーヒーのカップの蓋は必要か?

次の月曜日の休みには、普段の営業時間内ではできない、というか手をつける

ブレンド花の配合をちょっと変えました

昨日は高槻店、祝日の営業でした。 高槻店はご存知の通り、日曜日と月曜日

いつからあった?もう9年ですね。知らんかったー!なんて当たり前です。

高槻店はおかげ様で、この11月で9周年に。 ほんとに早いものですね、感

→もっと見る

PAGE TOP ↑