*

あなたのお好みは深焙煎?中焙煎?

公開日: : coffee , ,

昨晩は高槻店が終わったあと、カフェBeへ。
レジ締めが終わったあと、スタッフの6月のシフトを作成しておりました。

 

こちらのスタッフ計5名です。
みんな長く続いてくれている方ばかりで、ほんとうに感謝です。

 

人材不足が声高になっている現在、そうして長くお仕事にしてくれていることに感謝です。
そんなことを思いながら6月のシフトを作成しておりました。

 

カフェBeも来年で開業10周年となります。
長いスタッフですと来年で8年くらいの勤務になり、改めて時間の経過を感じながら、良いお店にしてくれていること、そして共に歩んでくれていること、スタッフの皆さんに感謝感謝なのです。

 

今年はカフェBeにキッズスペースを作ろう、という計画が持ち上がっております。
どうなるかお楽しみにしていてくださいね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

あなたのお好みは深焙煎?中焙煎?

 

これに加えて浅焙煎があるのですが、浅焙煎は中焙煎とまとめてお話を進めていきますね。

 

コーヒーにもいろいろな味わいがありますよね。
その違いは分かりにくいものかと思います。

 

まずお好みを探すのに、どっちのタイプが好きか、ちょっと考えてみてください。

 

料理の味わいはどちらかというと薄口派で、素材の味わいを楽しんだり、軽くあっさりした方がお好きな方。
逆に、料理の味付けはどちらというと濃い味が好きで、はっきりした味わい、しっかりした味わいが好きな方。

 

前者は中焙煎の味わいがお好みになるかと思います。
後者は深焙煎ですね。

 

ものすごく乱暴な例えかもしれませんが、中焙煎のコーヒーはワインで例えると白。
深焙煎はワインで例えると赤に近い、そんな風に例えてお話をすることもあります。

 

そもそもその違いは何なのか

 

中焙煎と深焙煎、焙煎度合いの違いですが、それによって味わいにどんな差があるのでしょうか。

 

焙煎度合いとは焙煎の進行具合ですね、中焙煎より深焙煎のほうが熱に焙られている時間が長くなります。
時間が長いと苦味が強くなってくるのですね。

 

中焙煎は良質な酸味を持っているコーヒー豆ならば、爽やかな酸味が目立つ味わいになっており、焙煎が進行していくにつれて、その酸味は消えて行き、甘みや苦味に転換していくのですね。

 

ですから、同じコーヒー豆でも焙煎度合いの違いによって、違う味わいの顔を持っているということになります。

 

中焙煎は明るい酸味と甘み、深焙煎は苦味とコクと甘み、もちろん中焙煎にもコクのあるコーヒーがありますが、それは深焙煎のものとはちょっと違うと、僕は感じております。

 

そしてプロの焙煎士が、これは中焙煎に向く豆、深焙煎に向く豆、表現したい味わいを探して、焙煎を繰り返し、それぞれのベストのポイントを探しだす、それがお店の個性となる、こんな感じです。

 

ミルクを入れる、砂糖を入れる、で、どれを選ぶかも変わってきますが、中焙煎はあっさりと軽く、明るく爽やかな酸味と甘みを持つコーヒー、深焙煎は苦味とコク、そして甘みが持ち味になるコーヒーです。

 

後口の良さは焙煎技術や素材選びの目、となるのでそこはお店や会社の腕の問題なるかなぁと。
苦味も酸味も後口の良い方がさっぱりして、美味しいですよね。

 

お好みのコーヒー豆選びの参考になれば、と思い今回は書きました。

 

それではこのへんで。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

ペーパーを濡らすにはどんなふうにするのがベスト?

昨日はコーヒー教室的なのが2本立てでした! 普段は無口なほうで、というとみんなにびっくりされるので

記事を読む

焙煎する前のコーヒー豆、コーヒー生豆の消費期限は?

プロローグ コーヒーを焙煎する前のコーヒー豆はこんな感じです。   はじめはグァ

記事を読む

どうしてドリップするときに「蒸らし」をするのか

プロローグ だいたいブログのネタは前日までに用意、できなければ朝のうちに考えて、10時に高槻店をオ

記事を読む

味覚って 年齢や性別で違うんです

 このブログで何回も取り上げてきたんですが島珈琲を立ち上げて12年 お客様の嗜好を知ろうと

記事を読む

水だしコーヒーパックで美味しい水だしコーヒーを作ってみた

プロローグ 今日はアイスコーヒー塾の開催日です。準備も万端。アイスコーヒーの飲み比べを中心に、アイ

記事を読む

コーヒーメーカーを長持ちさせるために 守って欲しい大事なこと

プロローグ 先日 お客様に「島さんはほんとにコーヒーが大好きなんですね」 と言われました 好きな

記事を読む

コーヒーシロップ加糖 仕込み完了!

 コーヒーシロップ 無糖も加糖も 仕込みに関しての内容は 実は一緒なんです 焙煎止めの温度

記事を読む

こんな時に便利!なコーヒードリップバッグ

昨日はお休み、午前中はフリーだったので図書館に行ってきました。 こちらのツィートをどうぞ。

記事を読む

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。   というのも島珈

記事を読む

そもそもコーヒー焙煎とは、なんなのか?

プロローグ つまりコーヒー焙煎とは、男の浪漫 なんちって。 こんにちは 焙煎アーティスト 島規之

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
若さとは心の状態

本日は定休日ですが、明日、高槻店が臨時休業ですので、ブログを今日書くこ

「口コミの基」は、お店が作るもの

次の3月で島珈琲は開業して17年、18年目に突入します。  

12月11日(火)高槻店は臨時休業です!

さてさて臨時休業のお知らせです。   12月11日火曜日は、エクスペリ

コーヒーはスープだった

ちょっと何か変わると、困ってしまいますよね。  

2018年年末年始の島珈琲の営業はこうなります

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。 各店舗 年末年始のお知らせ

→もっと見る

PAGE TOP ↑