*

個人のお店は人間性が大事というお話

もう10年以上前になりますが、船井総研のコーヒー経営セミナーに行った時に聞かしてもらったことです。

 

ケーキはケーキ屋さんで買う人が10人中6人くらいだが、コーヒー豆はコーヒー専門店で買う人は10人中2人くらい、だと。

 

現在では、コンビニのケーキやパンなどのクオリティがすごく、コーヒー豆を購入する手段も多様化しているので、この数字は今に照らし合わすわけにはいけませんが、過去はそんな数字だったのですね。

 

なので当時は、どうやってコーヒー豆屋、コーヒー豆専門店でコーヒー豆を購入してもらおうか、セミナーで勉強したんですね。

 

現在はきっと10人中5人くらいにはなっていると思うのですけどね、インターネット通販も含めると。

 

今のその統計を知りませんので、知ったようなことは言えませんが、コーヒー豆を購入する状況も随分変わったと思いますし、家庭でコーヒーを淹れる人も10年前に比べれば、感覚的に増えているように思っております。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

専門店で買うコーヒー豆は一体何が違うのか

 

僕のように個人でお店を営んで、焙煎から袋詰め、管理から発送業務、事務作業まで、1人親方プラス奥さんで営業している家族経営的もしくは個人のお店から、中企業、大企業と組織で営んでいるコーヒー豆専門店といろいろありますが、今回は個人のお店をピックアップして文を書いていきますね。

 

コーヒー豆、もしくはコーヒー豆屋さんのお店が昔よりかは、目立つようになったように感じています。
個人のお店から大手チェーン店まで、この高槻店の周囲を見渡しても、すごい数のお店があります。

 

個人のお店も増えているように思いますが、カフェも含めて、まぁ増えては減り、減っては増え、数字はよくわかりませんが、年数をやってきてそんな風に感じております。

 

実質の数字はそんなに変わってないように(大手チェーン店を除いて)、僕は思っております。

 

蛇足ですがコーヒーという範囲だけで見るのではなく、大きくマクロで見て、個人で営んでいるお店の総数は少なくはなっているように感じています、寂しいですよね。

 

さてそんな個人のお店のコーヒーの味わい、一体お店によってどんな差があるのでしょうか。

 

店主の好みである!

 

いろいろあるんですが、一言で分かりやすく言えばこうなるのでは、と思ってます、店主の好みであると。

 

ラーメンのようにスープのダシから麺の太さ、それからトッピングなど多くの比べるところがあれば分かりやすいのですが、コーヒーとは至ってシンプルな味わいで、シンプルなだけにその違いもわかりにくく、それがお店の違いもわかりにくくさせていますよね。

 

お店のトータル的なファッション性から、コーヒーの原料選び、それからそれを調理する(焙煎する)焙煎機の違い、考え方、そして味わいの好み、こうしたものに全て店主の好みや姿勢が反映されると思ってます。

 

例えば僕がコーヒー豆を仕入れする商社さん、なぜその会社を選んでいるのかというと、その方の人間性に好感を持っていたり、考え方に共感していたり、コーヒーの味わいの好みが似ている、僕が美味しいと思うコーヒーがそこにあるから、というのがその商社さんを選んでいる理由なんですね。

 

同じ様に個人店を選んでくれている方は、コーヒーの味わいとか、美味しさとか、鮮度の管理とか、そういったことも含めて、最後はその店主の人間性に惹かれて来てくれているのではないか、などと思っております。

 

なので、人間磨きつまり心を磨くこと、人間性を磨くことが、個人店にとって大事なものだと思っております。
ここまで書き上げて、当初タイトルにしていたものがこの文とそぐわぬものとなり、タイトルを変えました。

 

だから途中、話の道筋が湾曲しておりますが(しているように思っておりますが)、個人のお店で大事なのは人間性なのです、だからもっと磨きます!というのを僕は言いたかったのであります。

 

自分の中では、このブログの内容はちょっとちぐはぐなんですが、っていつもちぐはぐかな(笑)
では今回はこのへんで。
いつもありがとうございます。

 

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

島珈琲の3店舗はこんなふうに管理している

現在、島珈琲は委託されている姉妹店のカフェBeを合わせて3店舗あります。  

記事を読む

シーンで分けてみる お好みのコーヒーの味を探すためのヒント

実は苦味があるとか酸味がある、というのは僕たちプロからするとどちかといえば、ネガティブな表現なのです

記事を読む

やっぱ新しいほうが美味しいねん

プロローグ 今朝 上宮天満宮にお詣りし 神棚にあった去年のお札をお返しし新しいお札を頂きに行き

記事を読む

実は喫茶とコーヒー豆販売用とでは 味のつくりかたが違う

プロローグ 先週は週末に風邪にかかってしまう事態に陥り 皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました

記事を読む

エキサイト!ボクシングでマンデリンの味わいを表現する

セコナウト セコナウト (セコンドアウト セコンドアウト) ラウンード・エイト。  

記事を読む

コーヒーを美味しくする、誰でもできるたった一つのこと

プロローグ 早い方は昨日からGWが始まり、にわかにお商売の流れのスピードが上がってきました。今日も

記事を読む

こんな方法でコーヒーを味わうのはいかが

料理も人もええところを伸ばす、というのが僕が思うところです。 数年前、いやもっと前、10年位前にな

記事を読む

アイスコーヒーを濃い味にしたい時の3つのポイント

プロローグ さて、関西は梅雨明けし本格的な夏、本格的なアイスコーヒーの季節を迎えました。 ボンジ

記事を読む

目先の利益を取るのか?永続的なパイプラインを取るのか?

目を閉じて吐息を聞いてみる 楽しかったとき 悲しかったとき うれしかった時 思い悩んでいた時 そ

記事を読む

焙煎アーティストレター

月刊 焙煎アーティストレターを発刊しました! 手書きで毎月毎月いろんなネタを駆使して  皆様の脳の保

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
お店に立つ上でとっても大切なこと

      日

旬のコーヒーをどう選びブレンドする?月替わりの季節のブレンド

人と人に相性があるように、またコーヒーにも相性があります。 &n

通販のご注文に感謝

最近、娘が「どうしてママと結婚しようと思ったの?」と食卓を囲んでいると

億劫になる前に

最近、糸井重里さんのほぼ日刊糸井新聞の今日のダーリンを読んでいます。

コーヒーミルを手入れするのに役立つ道具たち

昨日から高槻店の焙煎機のメンテナンスに入りました。 と言っても、営業

→もっと見る

PAGE TOP ↑