*

学生時代の勉強は役に立たないか否かは、社会人にならないとわからない

公開日: : 日々他愛のないこと, 日記

寝る前に時間の余裕がある時は、本を読んで。
睡魔が襲うため、長くは読めないので、小説の一節だけ。

 

昨晩は藤沢周平の「時雨のあと」にある雪あかりを読むことに。
ブログを書く上で表現力というのは必須で、そうした言葉は小説から学ぶことが多い僕です。

 

少ない言葉で、ぼわっとその風景が頭の中に描かれるような、そんな表現。
注意して読めば読むほど、藤沢周平さんの表現力の多彩さに、唸る思いになります。

 

こうして本を読んでいるとき、学生時代もっとしっかり勉強しておくべきだった、なんて思ったり。

 

現代国語や古典など、当時は眠たい授業でしかなかったけども、今こうして文学に触れるとき、その学んだ知識をきっちりと覚えていたら、これが更にどんなに面白いモノになっただろうか、なんて思うわけです。

 

今でも覚えています。
高校の現代国語で中原中也の詩の説明をしてくれていたのですが、そんなん社会にでて何に役立つねんと思っていた当時の僕。

 

しかし今、中原中也の詩を読んで、あの時きちんと聞いていたならば、もっとこの詩を深く理解し、中原中也の世界をもっと理解できたはずなのです。

 

皆さんはいかがでしょうか。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

 

学生時代の勉強は、大人からの勉強に大いに役立つのです

 

社会に出て、素因数分解が役に立った!って思ったことは一度もなかったです。
でも真面目に勉強していれば、それを応用した考え方が出来たかも知れません。

 

ちなみにですね、僕は高校の時の成績は後ろから数える方が早かったです。
授業はほとんど寝ていて、おまけで卒業できた、それくらい高校生活での勉強は適当にしておりました。

 

高い授業料を親が払ってくれたのにも関わらず、今更ながら両親に謝りたいです、ちゃんとしないでごめんね。

 

僕が勉強に本気になったのは、島珈琲を開業してからしばらくしてからでした。
全然コーヒー豆が売れなかったのです。

 

美味しかったら売れる、と勘違い甚だしい僕でした。
とにかく売れるためにはどうしたらいいか、お金もなかったので、経営関係の本をブックオフの100円コーナーで沢山見つけ、とにかく読み尽くしました。

 

そしてお金を払って、セミナーなどにも行くようになりました。

 

人生はずっとずっと勉強

 

今でも当然、勉強することは意識しております。
学生時代の勉強とは少し違いますが、やっぱり学生時代ちゃんとしとけば良かった、と後悔の念はたっぷりあります。

 

もしかしたら大学生の方が、このブログを読んでくれているかもしれません。
その方々に言わせてもらいたい、社会人で必要な教養が学生時代の勉強によって得ることができると思います。
遊びも大事、それと同じくらい勉強も大事にしてください。

 

僕は、もしかなうなら老人と呼ばれる域に達したら、大学に行って勉強するのが夢です。
哲学や心理学を勉強したいです。

 

当時、大学に行けない環境ではなかったのですが、はやく社会人になりたくて親が大学に行って欲しいと言う希望を蹴って、就職をしました。

何でもね、後から気づくものなんですね、大切なことは。

ということで、今年は勉強に力を入れたいのでお店を休ませてもらいます。

 

2年前にエクスペリエンスマーケティング塾、略してエクスマ塾というマーケティング塾に通まして、沢山のことをマーケティングの師匠である藤村正宏先生から学びを得ました。
今回はその上位コースへ申し込みをまして、更に深く師匠から教えを頂くことになっております。

 

9月からそれは始まるのですが、9月から翌年2月までの間だ、月に2日ほど臨時休業を頂くことになります。
またお知らせしますね。

 

学生時代、学校なんて勉強なんて社会に出たら関係ない、なんていきがっておりましたが、やっぱり関係あるし大事だと声を大にして言いたいです。

 

娘にはそんな後悔をできる限りさせないように、今しっかり僕が勉強する姿や、本を読む姿、その僕の背中を見てもらえるようにしたいと思っております。

 

学生時代のやり損ねた分を、これからも、いやそれ以上に取り返したいと思っております。
人生はずっと勉強ですね。

 

それでは。
いつもありがとうございます。

 

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

現代国語と聞いて 1つ思いだすこと

島珈琲のお客様に 高等学校で現代国語の先生を されている方がいます ある会話から ご職業は?と僕がお

記事を読む

ぬかないでください!

 娘がやんちゃくれになってきました仕事から帰り 晩ご飯で一杯やってお風呂から上がりそして娘

記事を読む

考えること

たくさんありすぎて 時々あたまがこんがらってしまうのですが 来週は月曜日 自身のお休みを頂きまして 

記事を読む

真正直

  ど真ん中な人間というか 真正直な人間というか 嘘をつくことが苦手で なんでも本当のこと

記事を読む

no image

レ点

 なぜ レ点なのか? どうしてチェックはレ点になったんだろうか? 他愛のないことが気になっ

記事を読む

おはな 今日のお菓子 vol.11

 昨日は前職場のみんなで飲み会でした 楽しい時間で でうっかり飲み過ぎてました! 楽しい仲

記事を読む

僕のコーヒーの始まりは珈琲館でのアルバイトからでした

昨日、ブログをフェイスブックにリンクすると、高校の時から友達がコメントをいれてくれました。 目を通

記事を読む

やっぱりコーヒーは楽しいよ 身体のどこを切ってもコーヒーブラウンの血が僕には流れている

こんにちは 身体のどこを切ってもコーヒーブラウンの血が流れている 焙煎アーティスト 島規之です!

記事を読む

人は結局 迷いながら生きている

くどいですが今月の15日 1ヶ月ぶりに休日を とれるとあって 目の前にゴールが見えると 疲労感と

記事を読む

no image

女性が元気だ

 と 山登りをしてきた帰りのお客様が お店に入ってきた時の開口一番だった 「私なんか無言だ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
お店に立つ上でとっても大切なこと

      日

旬のコーヒーをどう選びブレンドする?月替わりの季節のブレンド

人と人に相性があるように、またコーヒーにも相性があります。 &n

通販のご注文に感謝

最近、娘が「どうしてママと結婚しようと思ったの?」と食卓を囲んでいると

億劫になる前に

最近、糸井重里さんのほぼ日刊糸井新聞の今日のダーリンを読んでいます。

コーヒーミルを手入れするのに役立つ道具たち

昨日から高槻店の焙煎機のメンテナンスに入りました。 と言っても、営業

→もっと見る

PAGE TOP ↑