*

ペーパードリップの抽出完了後、すり鉢状になるのが正解なのか

しかし、コーヒーにはなんでこんな色々と疑問に思うことがあるんだろう。
時々自分で書いていても、不思議な気持ちになったりします。

 

仮にコーヒーがこの世界に存在しなかったとしても、たぶん人類は滅びてないだろうし、逆にコーヒーだけでは生きていけないので、最初からなかったとしてもさほど人類に影響を及ぼしてないだろうし、コーヒーがなければ別の変わりになるモノが存在しただろうと想像します。

 

でもコーヒーは現在、存在しておりますので、ないと困る人にはないと困ってしまう存在です。

 

たかがと書けば失礼ですが、たかが飲み物なのにコーヒーはほんとうに深いなぁなんて、いつも思っております。

 

僕にとっても大きい存在で、コーヒーがなければ大好きになる焙煎と出会うこともなかったわけで、コーヒーにありがとう、ですね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

ペーパードリップの抽出完了後、すり鉢状になるのが正解なのか

 

写真はグァテマラを同時に1杯分ずつ淹れ終わった時の、ペーパーに残る粉の様子です。
僕がドリップしました。

 

一応、すり鉢状になっております。

 

すり鉢のカタチもドリッパーによって変わってきますので、この写真が正解、というわけではありません。
これはコーノ円すいドリッパーで淹れたものです。

 

台形の3つ穴のカリタ、同じく1つ穴のメリタではちょっと違ってきます。

そして更に水はけの良い粉と、水はけのあまり良くない粉があり、これによってもカタチは変わってきます。

 

この豆の種類によっても、同じ条件でドリップをしたとして、淹れ終わったあとの粉のカタチがすり鉢状っぽくならない豆もあるのですね。

 

どんな違いが違いを呼ぶのか

 

例えば深焙煎(深煎り)と中焙煎(中煎り)のコーヒーの粉の違いでも、少し変わってきます。

深焙煎のコーヒーの粉の方が水分をよく吸いますので、ドリップ後の粉のカタチは中焙煎にくらべふっくらしてます。
中焙煎はあまり水を吸わないので、比べるとベタっとした感じでしょうか。

 

深焙煎のコーヒー豆の方が膨らんでいるので、比べると粉が水を吸うのですね。
なので、ちょっと違ってきます。

 

上に書きました、水はけの良くない豆とは。

 

水はけが良くないけども、それが味わいに何か影響しているわけではないので、それを「悪」と捉えないでくださいね、単なる個性です。

 

島珈琲のラインナップですと、中焙煎のコスタリカとエチオピアモカ。

この2つが割とお湯を注いでも、お湯が溜まるような感じでなかなか下に落ちていきません。
これは豆の性質です。

 

なので、ドリップが終わった後の粉のカタチは、どちらかというと月のクレーターみたいなカタチになってます。

 

という風に、一概にこのカタチになったら正解!というのがないのがコーヒーです。

ひとつ言えるならば、おうちでドリップを楽しむ時は同じコーヒーの粉を使用してい場合、毎回同じようなカタチになっていたらいいのかな、という感じで大丈夫です。

 

最後のペーパーに残る粉のカタチのみに目を向けてしまうのはどうかなので、結果としてそうなる、のがいいと思います。

あまりすり鉢状になることにこだわらない方が、かえって良い結果にになるのでは、なんて思ってます。(もちろん淹れ方の基本をまず大事にしてのお話です)

 

肩の力を抜いてくださいね。

 

それでは今回はこのへんで。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーメーカーとハンドドリップ、同じ味わいにならないのはなぜ

僕のフェイスブックのコメント欄に、タイトルのような質問をお受けしましたので、今回はこのテーマ、コーヒ

記事を読む

教えて!ドリップのお湯の温度は何℃がいいのでしょうか?

プロローグ 自転車で風を切って走っていると、春から初夏に移り変わっていきそうな新緑の薫りが所々で感

記事を読む

たくさんあるコーヒー器具、どれを選ぶべき?

最近、娘のはやりの遊びは神経衰弱。   今はメモリーゲームっていうんですね。

記事を読む

どうしてますか?ペーパードリップで使うペーパーフィルターの保管のお話

こうしてブログを毎日のように書いていると、以前にも書いた似たような内容のブログは、もう書かなくてもい

記事を読む

ハンドドリップのコツ ~脇を締める~

昨日の月曜日は、障がい者支援施設とコラボカフェ カフェBeでの勤務でした。  

記事を読む

ペーパードリップでペーパー濡らすべきか否か

例えばヒマなときには全く気にならないのに、忙しい時に限って、あっここ汚れてるやん、とかホコリかかって

記事を読む

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ!と思ったのは、撮った写真が間

記事を読む

アイスコーヒーを作るのは、急冷か、時間をかけて冷やすのか、どっちがどっち?

現在、お店のいろんな契約が個人名義になっているので、法人の名義に変更するため、悪戦苦闘している、いや

記事を読む

ドリップしたあとの粉が、綺麗なスリ鉢になるためのコツとは

さて、いよいよです。 いよいよ家族旅行です、って皆さんには関係ないですよね。  

記事を読む

蒸らしを終わらせるタイミングとは

ここ数回、蒸らしに関係するブログが多いような気がしております。 ではおさらい、「蒸らし」とは何か。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ブログはお店の売上げにどんな影響をあたえるか

困っている方や悩みがある方に、一番に思いつく人でありたいですよね。

水だしコーヒーの粉の挽き目 どんな感じにすればいい?

散髪に行ってきました。   実は僕、開業してから

疲れているときは変わるコーヒーの味わい

大阪北部に地震があり、6月20日から7月15日までお休みなしのぶっ通し

コーヒー抽出器具、何がもっとも使われているのか

暑いですね。 禁句だと分かっていても、ついつい挨拶と同じ感じでこの言

アイスコーヒー できるだけ氷を溶かさずに急冷する方法

今週は嬉しいことがあります。   先日の大阪北部

→もっと見る

PAGE TOP ↑