*

プロとして酸味のないコーヒーを考えた

公開日: : 最終更新日:2018/01/27 coffee ,

僕がブログを書く時間は営業中。
営業中、ウェイティングの時間を利用して、書き上げています。

 

なのでどんな場合でもお客さんが来られたら、一旦書く手をストップさせます。
クライマックスで僕自身がノリノリでブログを書いていても、です。

 

そのままアイドルタイムに突入すれば、1、2時間放置することもしばしばあります。
何を考えて書いてたっけ?と忘れてしまうこともしばしばです。(笑)

 

書く時間をキープするというのもブログを書き続ける上で大事なことですが、ブログのネタ、内容ですね、それを日々考えるのも結構な労力かと思われているかもしれません。

 

これは観察眼をミクロにクローズアップし、そしてマクロに拡大していく、小さいことでも他愛のないことでも一旦すくって考えてみる。

 

感性を磨くと言えば難しいように思いますが、日常にある平々凡々なことをわざわざ手にすくってみて、一度考えてみるのです。
それだけでも磨かれていくものだと思います。

 

そうすれば結構ブログのネタにできることが、割とあるものなんですね。
そんなこんなで、今回はお客さんが酸味のないコーヒーが欲しい、と言われたことを考えることにしました。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

プロとして酸味のないコーヒーを考えた

 

僕はお客さんにとって、一番分かりやすいだろうと思う言葉を選んでコーヒーの味わいを説明します。
そうなるとやっぱり酸味と苦味ですよね。

 

しかしです。
酸味や苦味というのものは、人によって感じ方が違いますよね。

 

うちの奥さんは割と料理でも酸味がある方が好き。
僕がちょっと酸っぱいなぁと、思うものも平気だったりします。

 

ね、こんな風に違うでしょ。

 

ですので初めてのコーヒー豆を購入されるお客さんとの会話なら尚更、その味わいの好みの違いがわかりません。
酸味がない、というのはどの程度ないまで許されるのだろうか。

 

ちょっとくらい許されるのか、ちょっとも許されないのか。
それとも焙煎してからかなりの時間が経ち、酸敗したときの嫌な酸味を言っておられるのか。

 

長い時間、そして専門的な言葉で聞き取り調査ができればいいですが、お客さんが買い物を急いでいたり、そんな専門的なこと言われてもわからない、となれば、短い時間で身近な分かりやすい言葉を使い、解決しないといけません。

 

当然、またお店に来てもらいたいので、僕はいつも真剣です。

 

さて、どうする?

 

そのお客さんと会話した言葉を頭の中で反芻しながら、これとこれはどうかと瞬時で判断する、いわゆる経験で判断します。

 

お客さんのお口に合うか合わないかは飲んでもらいどう感じるか、が出ないかぎり、僕たちプロも分からないのですね。

 

最後は僕の焙煎したコーヒーは美味しい、と自信を持ってオススメします。
それがお客さんへの礼儀だと思うのですね。

 

自信なさげにされても嫌でしょ(笑)

 

気持ち良く買い物をしてもらい、気持ち良く帰って頂く、これを大事にしていますので、最後は笑顔と自信を持ってありがとうございます、という姿勢でおります。

 

良いコーヒーほど、高品質なコーヒーほど良質な酸味を持っております。
それは心地良くあたたかいもの。

 

例えその酸味が好みでなくても、嫌悪感を持つ酸味ではないと自負しております。
その良質な酸味のコーヒーに目覚める方も多く見てきました。
もちろん好みか好みでないかは、お客さん次第です、なので良い意味合いでとってもスリリングでもあります。

 

お客さんの笑顔を見たいので、僕はこんな事を考えている、そんなことを書きました。

今回は酸味のないコーヒーが欲しい、と言われた時のプロはこんなこと考えている、のお話でした。

 

そう僕はいつもお客さんに真剣です!
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ドリップの時にプックーと膨れるのは、技術ではないというお話

昨日はMBSの番組の取材がありました。   catch!!という45秒の番組で

記事を読む

コーヒーにおけるスパイシーという表現とは何ぞや

日曜日は日曜日だけが営業の岡町本店へ。 高槻店は日曜日は定休日。   岡町本店はコーヒー豆

記事を読む

おすし と COFFEE

今日の大阪は午前中は雨でした。 高槻店で荷物を積み、今日は日曜日、日曜日は日曜だけのお店、岡町本店へ

記事を読む

ブレンド

 昨日 四季菜フレンチ ソレイユのシェフとお話ししていまして シェフが「コーヒーはごまかし

記事を読む

来年の夏は水出しコーヒーパックだ!

岡町本店が日曜日だけの週一営業になるまえの話なのでもう9年くらいまえになるのですが水出しコーヒーパッ

記事を読む

ハンドドリップはルーティン化すると上手くなる

明日は娘の小学校入学式。 保育園の時、幼稚園の時、あっというまだなぁ。   たった数年のこ

記事を読む

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ!と思ったのは、撮った写真が間

記事を読む

マンデリンが危ない!

プロローグ 最近 日本の高品質コーヒー市場において いろんな打撃があります 円安になった 相場が上

記事を読む

コーヒーの挽き目 粉の細かさ 粗さは なににつながる?

さて昨日は臨時休業を頂きまして、両親と家族で池田の伏尾にある不死王閣という温泉旅館に行ってまいりまし

記事を読む

コーヒー豆を粉にする時、コーヒーメーカー用の挽き方があるの?

プロローグ たぶん秋頃になると思います。 出版する、僕のコーヒー本がの原稿が佳境に入りました。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
昨晩は久しぶりに島珈琲社会貢献部の活動でした!

今までは、次の日にお店に立つならば餃子は口にすることはありませんでした

7月の月替わり季節のブレンドは「夏みかん」

本日は久しぶりに島珈琲社会貢献部の活動です。 とある方から、福祉施設で

ブレンド風でもアイスコーヒーを作れます!

昨日はお休み。 娘が小学校から帰ってくると、玄関で「父ちゃんただいまー

めんどくさいことに楽しむ工夫を

本日は高槻店は定休日、岡町本店は日曜日だけのお店なので日曜日以外は定休

ブレンドとシングル どっちがいいの?

本日、日曜日は日曜日だけのお店、岡町本店へ来て営業しております。 日曜

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑