*

プロとして酸味のないコーヒーを考えた

公開日: : 最終更新日:2018/01/27 coffee ,

僕がブログを書く時間は営業中。
営業中、ウェイティングの時間を利用して、書き上げています。

 

なのでどんな場合でもお客さんが来られたら、一旦書く手をストップさせます。
クライマックスで僕自身がノリノリでブログを書いていても、です。

 

そのままアイドルタイムに突入すれば、1、2時間放置することもしばしばあります。
何を考えて書いてたっけ?と忘れてしまうこともしばしばです。(笑)

 

書く時間をキープするというのもブログを書き続ける上で大事なことですが、ブログのネタ、内容ですね、それを日々考えるのも結構な労力かと思われているかもしれません。

 

これは観察眼をミクロにクローズアップし、そしてマクロに拡大していく、小さいことでも他愛のないことでも一旦すくって考えてみる。

 

感性を磨くと言えば難しいように思いますが、日常にある平々凡々なことをわざわざ手にすくってみて、一度考えてみるのです。
それだけでも磨かれていくものだと思います。

 

そうすれば結構ブログのネタにできることが、割とあるものなんですね。
そんなこんなで、今回はお客さんが酸味のないコーヒーが欲しい、と言われたことを考えることにしました。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

プロとして酸味のないコーヒーを考えた

 

僕はお客さんにとって、一番分かりやすいだろうと思う言葉を選んでコーヒーの味わいを説明します。
そうなるとやっぱり酸味と苦味ですよね。

 

しかしです。
酸味や苦味というのものは、人によって感じ方が違いますよね。

 

うちの奥さんは割と料理でも酸味がある方が好き。
僕がちょっと酸っぱいなぁと、思うものも平気だったりします。

 

ね、こんな風に違うでしょ。

 

ですので初めてのコーヒー豆を購入されるお客さんとの会話なら尚更、その味わいの好みの違いがわかりません。
酸味がない、というのはどの程度ないまで許されるのだろうか。

 

ちょっとくらい許されるのか、ちょっとも許されないのか。
それとも焙煎してからかなりの時間が経ち、酸敗したときの嫌な酸味を言っておられるのか。

 

長い時間、そして専門的な言葉で聞き取り調査ができればいいですが、お客さんが買い物を急いでいたり、そんな専門的なこと言われてもわからない、となれば、短い時間で身近な分かりやすい言葉を使い、解決しないといけません。

 

当然、またお店に来てもらいたいので、僕はいつも真剣です。

 

さて、どうする?

 

そのお客さんと会話した言葉を頭の中で反芻しながら、これとこれはどうかと瞬時で判断する、いわゆる経験で判断します。

 

お客さんのお口に合うか合わないかは飲んでもらいどう感じるか、が出ないかぎり、僕たちプロも分からないのですね。

 

最後は僕の焙煎したコーヒーは美味しい、と自信を持ってオススメします。
それがお客さんへの礼儀だと思うのですね。

 

自信なさげにされても嫌でしょ(笑)

 

気持ち良く買い物をしてもらい、気持ち良く帰って頂く、これを大事にしていますので、最後は笑顔と自信を持ってありがとうございます、という姿勢でおります。

 

良いコーヒーほど、高品質なコーヒーほど良質な酸味を持っております。
それは心地良くあたたかいもの。

 

例えその酸味が好みでなくても、嫌悪感を持つ酸味ではないと自負しております。
その良質な酸味のコーヒーに目覚める方も多く見てきました。
もちろん好みか好みでないかは、お客さん次第です、なので良い意味合いでとってもスリリングでもあります。

 

お客さんの笑顔を見たいので、僕はこんな事を考えている、そんなことを書きました。

今回は酸味のないコーヒーが欲しい、と言われた時のプロはこんなこと考えている、のお話でした。

 

そう僕はいつもお客さんに真剣です!
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
アバター画像

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーポットの選び方

今日の大阪は曇り 朝の風は涼しく 日の光がないぶん暑さは少しマシな気がしますが 今年は湿度が高いよう

記事を読む

コーヒーの需要と供給はどうなっていくか

最近、お客さんから以前テレビで見たんですけど、世界的なコーヒーの需要が増え続けて、コーヒー豆のストッ

記事を読む

中煎りのアイスコーヒーも美味いんだな

高槻店にドリップコーヒーマシンを設置してはや3ヶ月。 ドリップコーヒーマシンのメニューは、コスタリカ

記事を読む

コーヒーの粉に入っている「皮」の正体

皆さんは「正体」という字を見て、とっさに思い出すものは何ですか?   今、僕は

記事を読む

コーヒーを粉にして1年間冷凍保存したものをドリップした結果

プロローグ 島珈琲では、お客様が家で飲む為のコーヒー豆をご購入の際、都度計り、都度お聞きして粉にし

記事を読む

ペーパーを濡らしてドリップするときに気をつけたいこと

プロローグ ペーパードリップの際、ペーパーを濡らす理由は以前に書きました。 そのブログはこちらで

記事を読む

大手コーヒーメーカーと島珈琲はいったい何が違うのか

今、この問題と向き合っています。   問題というと、質問に対する答えという問題

記事を読む

焙煎による違いって何?焙煎でどんな味を作っているのか

プロローグ コーヒーの味わいはまず原料によって違います。ブラジル・コロンビア・グァテマラ・・・。国

記事を読む

無糖コーヒーシロップ 仕込み完了!!

 暑い やっぱり暑い  焙煎がたった今終りました ということで コーヒーシロップの仕込みに

記事を読む

コーヒーのブレンドは何種類で組み合わせっているか

娘が宇宙に興味を持っています。 カミさんに買ってもらった宇宙図鑑を僕に見せ、昨夜、寝る前にいろいろと

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
ということでミル掃除とバーナーメンテナンスできました (4974)

昨日の高槻は午後からひどい雨でした。   そのひどくなる前に

大雨の日はメンテナンスを (4973)

本日、高槻では朝から大雨警報が。   今日は家からお店までは

刷り込み (4972)

来週の月曜日は、コーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎です。  

年齢、感じてます (4971)

日曜日は日曜日だけが営業日のお店、岡町本店に朝は7時くらいに到着しまし

出力を抑えて (4970)

基本的に焙煎はコーヒー豆の持っているポテンシャルをどれだけ引き出すか、

→もっと見る

PAGE TOP ↑