*

なぜコーヒーは身体に悪いとされたのか

公開日: : coffee

初めてコーヒーを飲んだ記憶、皆さんは覚えておられますか?

 

親父が毎朝ネスカフェのインスタントコーヒーに、砂糖と牛乳を入れて飲んでいる横で、幼かった僕はミロを飲んでいた記憶はありますね。

 

親父にコーヒー牛乳を作ってもらって飲んだのが、初めてだったような・・・間違いないのはインスタントコーヒーだったことです、たぶん。(笑)

 

現在、5歳になる娘には、まだコーヒーを飲ませておりません。
コーヒーって何歳から飲んでいいものなのか、実は僕も知りません。

 

カフェインだとか、コーヒーは身体に悪いとか、そんなことからコーヒーを子どもに飲ますことを躊躇してしまいますよね。

 

でも、ほんとにコーヒーって身体に悪いモノなの?今日はここをテーマに考えました。

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

コーヒーはなぜ身体に悪いものとされてきたのか?

 

現在コーヒーって身体に悪いモノ、って思っている人はどれくらいの割合でしょうか。
その統計を見たことなので何とも言えませんが、かなり減ったと思うのですね。

 

というのも健康ブームから、コーヒーも身体に良いという研究結果を、様々な情報機関やSNS、それからインターネットから知る事ができますし、目に付くことも多くなった、そんなことから良いイメージも定着しつつある、そう感じています。

 

でも、コーヒーって身体に悪い、という誤解もまだまだ残っていることも事実です。

なぜコーヒーは悪の枢軸のような扱いがあったのか。
って悪の枢軸だなんて言い過ぎだね。(笑)

 

今ではがん、成人病や血栓、動脈硬化、などなどの予防する効用が、コーヒーを毎日飲まれる方には身体に良い効果が見られる、とアナウンスされていますが、以前ではその音量はそれほどでもありませんでした。

 

僕の子どもの頃も、コーヒーは身体に良くないと自然にすり込まれていました。

それはなぜか。

 

解明されてないことが多かったから

 

僕の個人的な考えです。
コーヒーの成分は、今でもいくつかの成分は解明されていないはずなんですね。

 

コーヒーは香りや味わいやその他色々、沢山の成分があるのですが、それが解明されていないというところにミステリアスなものがあり、そして黒という液体の色、まずこのイメージ的なところもあったと思うのです。

 

更にコーヒーの味わいの醍醐味が酸味と苦みだというところ。
酸味と苦みというのは基本的に、食品における危険信号ですよね。

 

苦みは焦げ、酸味は腐敗からくるもの、もちろんコーヒーのそれらは良質なものですが、基本的には危険視号ですよね。

そうした味わいのイメージ。

 

そして、コーヒーの鮮度が見た目で分からないところ。
焙煎してからコーヒー豆も酸敗していくわけで、時間が経てば酸敗した酸味、苦みは舌を刺す胃をムカムカさせるものとなります。

 

胃腸への悪影響はコーヒー豆の酸敗したもの、つまり焙煎してからすごく時間が経過したものがそうした身体に悪影響を与える、けどそれを伝える力がまだまだ弱かった。

 

なので、僕のような個人店からも、もっと伝えていくことが必要、だと僕は感じています。

 

これは15年前の開店したときから思っていました。

 

伝達が弱かった、ことに起因していると考えます。
その点今はこうしてブログやSNSがありますからね。

 

だからこうしたコーヒーの素晴らしさを伝えることも、僕の大事な仕事の1つだと考えています、頑張って伝え続けますね。

 

以上、なぜコーヒーは身体に悪いとされたのか のお話でした。

 

子供がコーヒーを飲む時期は、本人が飲んで美味しいなぁと思った時がいいんじゃないか、そう思ってます。

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

美味しいいれかた

 こんなんできました http://shima-coffee.com/quick_02.

記事を読む

障がい者支援施設とコラボカフェ カフェBeってどんなカフェ?

カフェBeを運営する社会福祉法人 北摂杉の子会さんから、このカフェを手伝って欲しいとご依頼を受けたの

記事を読む

必読 コーヒーが身体にいいという理由

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。 今日はコーヒーが身体に良いという、効用をズラッと書

記事を読む

しまこーひーのブレンド倶楽部 ブレンド花の味わいについて

世間では3連休のはじまり 各地ではイベントなど盛大に行われているのではないでしょうか?こんな日 高槻

記事を読む

どうしてドリップするときに「蒸らし」をするのか

プロローグ だいたいブログのネタは前日までに用意、できなければ朝のうちに考えて、10時に高槻店をオ

記事を読む

商は笑なり 商いはあきない味創り

今朝 自転車で受ける風は少し湿度を含む 重たい風でした 今日も蒸し暑い一日になりそうな大阪 高槻です

記事を読む

どやさ

珈琲オリジナル手提げ袋をつくりました 明日から岡町店でコーヒー豆をお買い上げのお客様にもって帰っても

記事を読む

コーヒー豆(粉)を保存するときに気をつけたいこと

プロローグ コーヒー豆の保存のことはコーヒーの質問において、僕の経験上で最も多い質問です。

記事を読む

1+1=2以上になる 経営とか結婚とかブレンドとか 相乗効果の話

プロローグ 島珈琲を立ち上げた当初は一人で経営をしていました 一人で長く経営していると一人の力は所

記事を読む

勘違いしてませんか?本当のコーヒーの苦味は焦げではありません!

プロローグ 僕、ぶりかまが好きなんです。 ぶりかまにゆっくり火を通して、箸をいれるふわっとしてジ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
出汁をとる、出汁をひく をコーヒーの抽出に照らし合わせて考える

ここのところ僕のブログに登場回数の多い、セレクトショップ&カフ

取っ手(持ち手)のないカップは美味しく感じるというのは本当か?

ブログを書いていて、思うことがあるのです。 序破急で構成しまして、今

カフェで使うコーヒーの味合わせを考えたとき

昨日は、今秋オープンするセレクトショップ&カフェ テマヒマ さ

前号ハワイ・コハラ・アラビカでお話しした「在来種」って何?

昨日はカフェBeが夏休みで、高槻店が終わったあとレジ締めに行く必要がな

あの、あの素晴らしいコーヒー豆が入荷するかもしれません!

僕がハワイ島のコーヒー農園へ、コーヒー栽培のお仕事に行ったのは、200

→もっと見る

PAGE TOP ↑