*

さぁ116キロの焙煎です!これが今回のTANPAN COFFEEの美味しさです!

公開日: : 最終更新日:2017/11/03 coffee

さて皆さん、お待たせいたしました。

 

短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデュース TAPAN COFFEE こちら2017年バージョン、いよいよ11月6日月曜日から焙煎にかかります。

 

今回は116キロのコーヒー生豆を焙煎、水分が消失しておおよそ100キロのコーヒー焙煎豆になります。

 

前回とほぼ同じ味わいで、と短パン社長からのご依頼で、去年とほぼ同じ高級コーヒーを手に入れました。

しかしです。

 

今年は皆さん、なんとラッキーなんです!って何がラッキーなのか。
そうです、今年はコーヒーの当たり年。

 

味わいが非常に良いです。
同じ内容でも、個性がしっかり出ていて更に素晴らしいものと相成っております。

 

それでは皆さんに、TANPAN COFFEEを存分に楽しんで頂きたいので、どんな素晴らしいコーヒー豆を使い焙煎するのか、ご案内したいと思います。

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

 

 

 

こんな素晴らしいコーヒー豆で作ります!

去年、短パン社長 奥ノ谷圭祐さんと短パンコーヒーツアーにご一緒し、その時に短パン社長の好きなコーヒーを確認しました。

 

短パン社長の好きなコーヒーは、エチオピアモカ・ウォッシュド、グァテマラと中米の産地のものがお好きと確認しました。
味わいとしてはワイルド系ではなく、エレガントな味わいがお好みです。

 

そのお好みに沿って、ご用意しブレンドしたのがTANPAN COFFEEです。

 

グァテマラが60%とベースになっており 30%がエチオピアモカ、残り10%がコスタリカという配合です。
焙煎度合いは中焙煎と呼ばれる、マイルドで飲みやすく、少々の酸味があり、甘みがあって、エレガントな味わいの仕上がりになっております。

 

グァテマラはリベルタッドレゼルヴァという名の特別なコーヒー豆。
レゼルヴァというのは上級ワインの格付けの言葉、このコーヒーでは「特別な」と意味されています。

 

グァテマラでも特に美味しいコーヒーを輩出するウエウエテナンゴ地域から、そして特別に管理された土地で栽培されたコーヒー豆を使用、贅沢ですよね。

 

エチオピアモカ、ご用意したのは「ALKA WASHED」という農園から直接輸入されているもの。
こちらも高級豆をご用意。
農園から貿易会社を通し、直接日本に輸入されている珍しいモカです。

 

短パン社長は特にエチオピアモカがお好きなので、ここは特に注力し仕入れしました。

 

そしてコスタリカ。
コスタリカはラスロハス・ブラックハニーという高級豆をご用意。

 

短パン社長にテイスティングして頂いているときに「もうちょっと苦味が欲しいなぁ」と言われて悩みに悩んでコスタリカを配合したら、合格したそんな物語があるコスタリカ。

 

このコスタリカが全体のアクセントになっています。
とっても香りが良いコーヒーで、豆や粉の状態でもすっごく良い香りがします。

 

粉や豆の状態でも鼻を近づけて、香りをいっぱい楽しんでくださいね。

 

もっと書けるんですけど、マニアックになるのでこのへんで止めますね。

 

パッケージは、天才ヒロナガ氏のデザインです。
益子焼マグカップとイメージを合わせた、超カッコいいパッケージに、この素晴らしいコーヒーの豆や粉、そして香りと愛情が一緒に入ります。

 

 

 

一つの銘柄でも超素晴らしいコーヒー豆達が、ここに集結している

 

音楽のバンドで例えるなら、名ボーカル、名ギタリスト、名ドラマーがいるバンド、そんなブレンドなんです、TANPAN COFFEEは。

 

今回はこのコーヒーを楽しんでもらうために、とりあえず「すごいよー」ということをアピールしました。
楽しみが増えた!と思ってもらえたらとても嬉しいです。

 

コーヒーの焙煎を生業している僕にとって、こんな素晴らしいコーヒーを焙煎できるなんて、なんて仕合わせもんだろ、そんなこと想いそして感謝して、愛情込めて焙煎しますね。

 

ということで、今回は11月6日月曜日から焙煎をスタート。
116キロのコーヒー豆を29回に分けて焙煎します。

 

1回の焙煎はだいたいインターバルを入れて20分くらい。
約10時間かけて116キロを焙煎しますね。

 

島珈琲高槻店は11月7日火曜日より9日木曜日の3日間は、喫茶コーナーをお休みにします。
但しコーヒー豆やギフトの販売はしておりますので、どうぞお気軽にお入りくださいね。

 

 

 

この3日の特典はなんと言っても、店内がTANPAN COFFEEのエレガントな香りが充満しているということ。

ほんとに香りもすごいですからね。

 

長くなってしまいましたが、TANPAN COFFEEをお待ち頂いている皆さん、もうしばらくお待ちくださいね。
さぁ準備は万端。

 

愛情を詰め込みますからね!

 

コーヒーの香りであなたを仕合わせにしたい、僕からでした。

それでは。

 

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
Avatar photo

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーの価格に対して僕はこんなことを考える

先日、お客さんとお話していて、コーヒーの価格のお話になりました。 島さんのところはコーヒーは美味し

記事を読む

僕にもコーヒーのことで分からないこともある

プロローグ いろいろコーヒーのことをブログで書いて、また店頭でもいろいろ聞かれたらできるだけお客さ

記事を読む

職人として あるべき心を考えた

お盆が過ぎてから 朝がとても過ごしやすくなっている と感じているのは僕だけでしょうか? 高槻店にくる

記事を読む

アイスコーヒー用のコーヒー豆はホット用に使うのは邪道か?

さて大型受注を頂きました、短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデュース TANPAN COFFEE こんな

記事を読む

初心者必読!ペーパードリップで1杯淹れるのと2杯淹れるのとどっちが安定するか?

プロローグ 次の月曜日にコーヒーセミナーをしてほしいとご依頼がありまして、高槻上牧にあるイタリアン

記事を読む

コーヒー豆の銘柄につく「AA」とか「SHB」とかは美味しさを表す記号でない

この日曜日には、コーヒーシロップ加糖の仕込み焙煎を行います。 早朝から48キロの分の焙煎、4㎏×12

記事を読む

四季折々で味わいの調整を

前号のブログでは、四季折々で味覚の感じ方に少し変化があることを書きました。 では、焙煎ではそれに応じ

記事を読む

こちら100万円のコーヒーミル。粉で買うか、豆で買うか、どっちが良いの?

プロローグ さて今回も質問コーナーです。 いやぁ助かります!笑 ブログネタに困りませんからね、

記事を読む

季節の変わり目に選びたいコーヒー豆

プロローグ 僕は大阪の高槻で生活をしております。 大阪と京都のちょうど真ん中くらいの位置で、都会

記事を読む

中 とか 深 とか そもそもなんなのか?

 そもそもコーヒーの焙煎とは何なのか?コーヒーの焙煎とは コーヒー生豆を火であぶりコーヒー

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
テクニックの前にまず保管とか保存が重要なんです

本日、火曜日はYouTube自家焙煎島珈琲chの動画を撮る日です。 火

コミュニケーションの成功の鍵

本日、9月26日月曜日は、岡町本店・高槻店共に定休日で僕自身のお休みで

コーヒー豆のお店を20年やってきて

2002年に岡町本店オープン、2009年にCafeBeでのお仕事を頂き

焙煎機 この2台を一生使いたい

昨日のお昼に、YouTube自家焙煎島珈琲chの動画をアップロードしま

ミルの手入れについて

ここのところ台風の影響なのかどうか、定かではありませんが、低気圧のせい

→もっと見る

PAGE TOP ↑