*

さぁ116キロの焙煎です!これが今回のTANPAN COFFEEの美味しさです!

公開日: : 最終更新日:2017/11/03 coffee

さて皆さん、お待たせいたしました。

 

短パン社長 奥ノ谷圭祐さんプロデュース TAPAN COFFEE こちら2017年バージョン、いよいよ11月6日月曜日から焙煎にかかります。

 

今回は116キロのコーヒー生豆を焙煎、水分が消失しておおよそ100キロのコーヒー焙煎豆になります。

 

前回とほぼ同じ味わいで、と短パン社長からのご依頼で、去年とほぼ同じ高級コーヒーを手に入れました。

しかしです。

 

今年は皆さん、なんとラッキーなんです!って何がラッキーなのか。
そうです、今年はコーヒーの当たり年。

 

味わいが非常に良いです。
同じ内容でも、個性がしっかり出ていて更に素晴らしいものと相成っております。

 

それでは皆さんに、TANPAN COFFEEを存分に楽しんで頂きたいので、どんな素晴らしいコーヒー豆を使い焙煎するのか、ご案内したいと思います。

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

 

 

 

こんな素晴らしいコーヒー豆で作ります!

去年、短パン社長 奥ノ谷圭祐さんと短パンコーヒーツアーにご一緒し、その時に短パン社長の好きなコーヒーを確認しました。

 

短パン社長の好きなコーヒーは、エチオピアモカ・ウォッシュド、グァテマラと中米の産地のものがお好きと確認しました。
味わいとしてはワイルド系ではなく、エレガントな味わいがお好みです。

 

そのお好みに沿って、ご用意しブレンドしたのがTANPAN COFFEEです。

 

グァテマラが60%とベースになっており 30%がエチオピアモカ、残り10%がコスタリカという配合です。
焙煎度合いは中焙煎と呼ばれる、マイルドで飲みやすく、少々の酸味があり、甘みがあって、エレガントな味わいの仕上がりになっております。

 

グァテマラはリベルタッドレゼルヴァという名の特別なコーヒー豆。
レゼルヴァというのは上級ワインの格付けの言葉、このコーヒーでは「特別な」と意味されています。

 

グァテマラでも特に美味しいコーヒーを輩出するウエウエテナンゴ地域から、そして特別に管理された土地で栽培されたコーヒー豆を使用、贅沢ですよね。

 

エチオピアモカ、ご用意したのは「ALKA WASHED」という農園から直接輸入されているもの。
こちらも高級豆をご用意。
農園から貿易会社を通し、直接日本に輸入されている珍しいモカです。

 

短パン社長は特にエチオピアモカがお好きなので、ここは特に注力し仕入れしました。

 

そしてコスタリカ。
コスタリカはラスロハス・ブラックハニーという高級豆をご用意。

 

短パン社長にテイスティングして頂いているときに「もうちょっと苦味が欲しいなぁ」と言われて悩みに悩んでコスタリカを配合したら、合格したそんな物語があるコスタリカ。

 

このコスタリカが全体のアクセントになっています。
とっても香りが良いコーヒーで、豆や粉の状態でもすっごく良い香りがします。

 

粉や豆の状態でも鼻を近づけて、香りをいっぱい楽しんでくださいね。

 

もっと書けるんですけど、マニアックになるのでこのへんで止めますね。

 

パッケージは、天才ヒロナガ氏のデザインです。
益子焼マグカップとイメージを合わせた、超カッコいいパッケージに、この素晴らしいコーヒーの豆や粉、そして香りと愛情が一緒に入ります。

 

 

 

一つの銘柄でも超素晴らしいコーヒー豆達が、ここに集結している

 

音楽のバンドで例えるなら、名ボーカル、名ギタリスト、名ドラマーがいるバンド、そんなブレンドなんです、TANPAN COFFEEは。

 

今回はこのコーヒーを楽しんでもらうために、とりあえず「すごいよー」ということをアピールしました。
楽しみが増えた!と思ってもらえたらとても嬉しいです。

 

コーヒーの焙煎を生業している僕にとって、こんな素晴らしいコーヒーを焙煎できるなんて、なんて仕合わせもんだろ、そんなこと想いそして感謝して、愛情込めて焙煎しますね。

 

ということで、今回は11月6日月曜日から焙煎をスタート。
116キロのコーヒー豆を29回に分けて焙煎します。

 

1回の焙煎はだいたいインターバルを入れて20分くらい。
約10時間かけて116キロを焙煎しますね。

 

島珈琲高槻店は11月7日火曜日より9日木曜日の3日間は、喫茶コーナーをお休みにします。
但しコーヒー豆やギフトの販売はしておりますので、どうぞお気軽にお入りくださいね。

 

 

 

この3日の特典はなんと言っても、店内がTANPAN COFFEEのエレガントな香りが充満しているということ。

ほんとに香りもすごいですからね。

 

長くなってしまいましたが、TANPAN COFFEEをお待ち頂いている皆さん、もうしばらくお待ちくださいね。
さぁ準備は万端。

 

愛情を詰め込みますからね!

 

コーヒーの香りであなたを仕合わせにしたい、僕からでした。

それでは。

 

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

カップコーヒーの味わいを考える

3日間の家族旅行を終え、本日より高槻店は通常営業です。 この後、今年は臨時休業は取らないつもりでいて

記事を読む

濃い味が好きな人が選ぶコーヒー豆はどんなのがいいのか?

プロローグ 昨日は胃腸炎をおこしてしまい、早朝から具合が悪くなり高槻店は急遽、臨時休業をいただきま

記事を読む

コーヒーも進化している

僕がコーヒー豆屋、島珈琲を開業したのは2002年、26歳の時でした。 ブログらしきものは2003年く

記事を読む

焙煎機のメンテンナス、完了しました!繁忙期に向かって進め進め! 

昨日はお休みでしたが、午前中は障がい者支援施設とコラボするcafeBeで、月イチのミーティング。 そ

記事を読む

no image

魔性の飲み物

 コーヒーは科学的に解明されていないことがまだまだ多く それが故に魔性の飲み物として扱われ

記事を読む

世界各国にあるコーヒーの産地、味の違いはどうしたらわかるの?

昨日は、あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんがブログで島珈琲のことをめちゃくちゃ素敵に書いてくだ

記事を読む

中 とか 深 とか そもそもなんなのか?

 そもそもコーヒーの焙煎とは何なのか?コーヒーの焙煎とは コーヒー生豆を火であぶりコーヒー

記事を読む

水だしコーヒー用のコーヒー豆はどれがいいの?

プロローグ 最近、娘が甘えてくるのが嬉しい僕です。 娘と遊んでいて、その笑う声、笑う顔に癒されて

記事を読む

「島さんのコーヒーは手挽きミルで挽くとすごく軽いですね。」の謎にせまる

プロローグ 別名ゴリゴリと呼ばれている手挽きミル。手挽きの良いところは、手作り感があるとこ。1杯1

記事を読む

ドリップが上手くなるということは、味を正すこと

プロローグ 昨日、お客様から質問があったことをお答えしながら、ふと気づいたこと。 それと質問があ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
名門コーヒードリッパー、沢山入荷しました

今月の黒板ができました。     僕が一

器で味わいもまた変わる

12月に入ってから、通販のオーダーが増えました。 12月はコーヒー豆屋

口の中にいつまでも残る、甘い余韻を楽しんでもらいたい

昨日はお休みでした。 なかなかハードスケジュールでしたが、こなすことで

まーるく、丸く

本日はお休み。 高槻店は、日曜日と月曜日がお休みで、岡町本店は日曜日だ

空気が乾燥すると茶色い皮=チャフが目立つ

本日は日曜日だけが営業日のお店、岡町本店に来ております。 岡町本店では

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑