*

わからんかったけど勉強しました!コーヒーギフトと熨斗(のし)

公開日: : coffee ,

開業した当時は、コーヒーギフトのことなど頭の隅にもありませんでした。
なぜか?
包装紙の包み方がわからない、熨斗の知識がない、そんなできないこと理由にして逃げていました。

 

当時はコーヒーギフトなんかせんでもやっていける!って思ってました。
アホだな。

 

やっていけるとか、いけないとか、そんなのは自身の傲慢で、僕の焙煎したコーヒーを大切な人に贈りたい、そして喜んでもらいたい、そう想ってくれているお客さんのことを考えたことあるんか!バカチンが!と当時の僕に言うてやりたい。

 

そしてそれに気づいた時、贈る人も贈られた人も喜んでもらえるギフトを作ろう、そう想いながら現在に至ります。

 

最近はありがたいことにギフトのご注文が増えました。
お店の帳簿は僕が管理しているのですが、数字のことを知らない奥さんでも、年々ギフトの需要が増えてるなぁと肌で感じていること、先日口にしていました。

 

さて今回はコーヒーギフトと熨斗(のし)についてのお話です。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

熨斗について

今でも正直、わかってないところがあるんですね。
そんな時はもうグーグル先生に聞くのが一番。

 

熨斗 ほにゃらら と知りたい事を検索したら、熨斗のことはたいていはわかるはずです。
便利になったよね。

 

ですので多く使うことがある熨斗、島珈琲では内祝でお使い頂くことが多いので、これは間違いないように頭にたたき込みました。

 

というのも一回手痛い失敗をして、お客さんにご迷惑をかけたのですね。
それは何かというと、紅白結び切りと紅白蝶結び、これを間違えたのです。

 

紅白結び切りとは、紅白の水引きをほどけないように結んでいる熨斗です。
なので、意味は(できれば)一度っきりでいいことのお祝いに使うのですね。

 

例えば結婚のお祝いやお返しなどは、内祝の紅白結び切り。

 

出産のお祝いは何度あってもいいので蝶結び。
すぐほどけるから何度でもあっていい、という解釈ですね。

 

これを結婚のお祝いに蝶結びにしてしまうと、知っている人は「むむむ」と思うのですね。

 

僕の失敗は、間違ってご出産の内祝を結び切りにしてしまって・・・。
お客さんにご指摘され、平謝りでした。

 

それ以降は熨斗で間違えないように必ず調べるか、それでも何か分からないことがあれば、母親が詳しいので電話で聞いて確認しています。

 

コーヒーギフトに想いをつめて

先ほども書きましたが、贈る人も贈られた人も、どちらもが喜んでもらえるように、愛情込めて詰め合わせてラッピングを。

 

ご予算とギフトの内容の相談においては、もし自分がもらうならというのも頭に置きながら、お客さんのご要望とお気持ちを聞いて、内容をチョイスしています。

 

予算が多すぎるときは僕から「予算が多いと思います」とやんわりお伝えしてます。

 

今年になって特にギフトのご注文を沢山頂戴してます。

熨斗を間違えない、愛を込めてラッピング、贈る人も贈られた人にも喜んでもらう、これが僕がコーヒーギフトで大事にしていることです。

 

先日、贈る人から贈った方が喜んだ様子を教えてもらい、それを喜んでいる贈る人の様子を僕が喜んでいる、そんな幸せなシーンがありました。

 

いつもこんなことがあれば嬉しいなぁと思いながら、今日もせっせとギフトを愛情込めてラッピング。
笑顔があふれますように。

 

 

 

 

 

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーのオリジナル加工品

島珈琲オリジナル コーヒーの加工品 ドリップバッグやアイスコーヒー コーヒーシロップ 水だしコーヒー

記事を読む

コーヒーの香りの一番強いときはどの状態のときなの?

コーヒーは香りのものですよね。 コーヒーの香りと聞いてあなたは何を想像しますか?  

記事を読む

ドリップが上手くなるということは、味を正すこと

プロローグ 昨日、お客様から質問があったことをお答えしながら、ふと気づいたこと。 それと質問があ

記事を読む

レギュラーコーヒーのレギュラーってどういう意味?

月曜日を一応ブログの定休日として設け、ほぼ毎日更新しております。 よくそんなネタがあるなぁ、と思わ

記事を読む

粉の量をいつもと同じで濃い味を作るドリップ方法

プロローグ 今日は1月2日、明日は1月3日日曜日ですが、岡町本店はお休みしまして高槻店を営業します

記事を読む

お正月におすすめコーヒーと福袋のご案内

プロローグ 今日はご案内です。   まず年末年始の各店舗の営業について。

記事を読む

どこ産地のコーヒー農園で働いたのですか?

パンフレットやコーヒー豆のパッケージ袋に「産地の農園で働いた男の店 自家焙煎 島珈琲」と書いてあり、

記事を読む

コーヒーにも日本の東と西とで、味わいの好みは違うのか

最近、誤字脱字が多くてすみません。   パソコンでブログを書き、プレビューでチ

記事を読む

何を信用していいのか、わからない

プロローグ コーヒー屋はお山の大将である。これが僕のひとつの持論なのですが、何でそんなことを唐突に

記事を読む

バウムクーヘンと美味しいコーヒー

プロローグ コーヒーによく合うお菓子の一つとして、僕はバウムクーヘンがオススメです。 シンプ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
限定ドリンク出来ました!今季はアイスオレンジティー

今回はカフェBeのことについて。 高槻店にこのメニューはありませんから

なぜお店ではミルクは生クリームを使うのか

関西ではコーヒーにつけるミルクをフレッシュ、と呼んでいます。 もしかし

古材を使った店づくり その良いところ

古材問屋の明木さんとの出会いは、島珈琲のコーヒー豆をお使い頂いているカ

島規之 登壇します!5/14(火)エクスマセミナーにて!

はい。 とうとうやってまいりました。 といっても今回はコーヒーのお話を

中焙煎と深焙煎のドリップでの膨らみ方はちょっと違う

昨日はお休み。 娘と公園で遊んできました。   公園の花壇を

→もっと見る

PAGE TOP ↑