*

あの芸能人のコーヒーを作るために準備しておくこと~好みを知る~

公開日: : coffee ,

プロローグ

その方のオリジナルコーヒー、またオリジナルブレンドを作る時は、まずその方の好みの味わいを知ることからはじまります。

 

これはどんな場合でも一緒で、エクスペリエンスマーケティング、略してエクスマの創始者、マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンド、スコットブレンドを僕が作らせてもらった時も同じです。

 

まず味わいの好みを知る。

 

今まではこれってその方と一緒に食事をしたり、一緒に時間を過ごす中で見つけていくものなんですが、それがあることで変わってきました。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

img_3980

 

それはSNSの存在

例えばマーケティングの師匠、藤村正宏先生のフェイスブックやツイッターをずっと見ていると、たまにお食事されている様子の投稿があります。

 

何々が美味しかった、これ好きだわ、とかいろんな事を書かれて、写真をアップされています。

 

ここにヒントがいっぱいあるんですね、師匠はラーメンが好きなんだなぁとか、サンマを凄くきれいに食べはるんだとか、ある料理の投稿を見て濃い味がお好みなんだとか、分析できる情報がたくさんあります。

 

僕など味わいをつくる方から見ると、好きな味の傾向がだいたいイメージできてくるのですね。
ですから、味わいを創造する方からすれば、SNSの投稿が多い方ほど有り難いことはありません。

 

肉料理が多いか、和食が多いか、そばやラーメンが多いか、などなどこちらからするとその投稿は資料になり、実際にお会いしたときに味わいの好みをある程度聞けば、創造することは難くないのです。

 

あの芸能人は?

今のところ僕が着目しているのは、ビールはたぶんア○ヒスーパーヂュライがお好きなんだと見ています。
SNSの投稿の写真によく出ておりますので、そう推理します。

 

先日、ご自身が監修されたレトルトカレーがあります。
これは実際に口にして食べましたので、「こんな感じの味わいがお好きなんだ」と僕の記憶にたたき込みます。

 

もちろんビールの味わいも記憶たたき込んでおきます、今晩からしばらくそのビールを飲もうと思います。

 

で、今のところその2つに共通するのは「辛口」というキーワードが出ています。
それをイメージしておきます。

 

そして僕の中ではカレーを食べたときに、辛さもありましたが、同時甘さも感じたのです。
甘いモノはお好きでないとSNSで投稿されていましたが、いわゆる天然の甘みは嫌いではないと推測してます。

 

だいたい「美味しい」と思うモノには、天然の甘みをもったものが多いです。
これも頭に入れておきましょう。

 

こんなふうにですね、ある程度おぼろげながら作る味わいをなんとなくイメージできるのですね。
こんなんSNSがなかったら出来ないと思うんです。

 

東京に行った時に、あの芸能人が「ここのコーヒー好きなんだよ!」というお店に連れていって頂く予定になっていまして、そこで最終的にどんな味わいにするか、僕の頭の中のデータをまとめにかかり、味わいを形にします。

 

わー緊張するわ(笑)

こんな感じで進んでいます。

 

エピローグ

いやぁSNSって便利ですね。
投稿する人は何気ない投稿であったとしても、そこからいろんなことが垣間見ることができるんですね。

 

ということで、着々と準備を進めています。
どんなコーヒーが出来るのか、僕も楽しみです!皆さんもお楽しみに!それでは、また。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0184

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

やっぱりコーヒーは楽しいよ 身体のどこを切ってもコーヒーブラウンの血が僕には流れている

こんにちは 身体のどこを切ってもコーヒーブラウンの血が流れている 焙煎アーティスト 島規之です!

記事を読む

コーヒーの香りは3つある だから楽しみも3つある

プロローグ 先日、僕のブログを見て「本を書いてみませんか?」と商業出版でのお話がありました。 お

記事を読む

ブレンドコーヒーはチーム力だ!

シングルオリジンというのは、単一農園産のコーヒーを指します。   もし僕がブラ

記事を読む

ペーパーフィルターの良し悪しの見分け方

プロローグ 2月は日数が少ないので カレンダーを見るとなんだか焦ってしまうのは僕だけでしょうか?

記事を読む

迷った時は一つに絞る

初めておうちでコーヒーを淹れることをトライし、その後、知れば知るほどコーヒーって奥が深いなぁと思いま

記事を読む

ドリップしたあとの粉が、綺麗なスリ鉢になるためのコツとは

さて、いよいよです。 いよいよ家族旅行です、って皆さんには関係ないですよね。  

記事を読む

最初から道具なんて揃えなくていい!

プロローグ 高槻は桜が咲きとっても綺麗な季節になりました。 道ばたには花がところどころで顔をだし

記事を読む

no image

焙煎 焙煎 また焙煎

 エスプレッソマシンでドリンクをつくることは大変楽しくて 大好きです 毎日マシンと向き合い

記事を読む

水だしコーヒーの水の量・粉の量 どんなもん?

水だしコーヒーの由来について。 オランダが植民地支配していたインドネシア。  

記事を読む

コーヒーのことを迷わない1つのすすめ

プロローグ コーヒー屋はお山の大将である ←島規之の名言 迷言?笑 野に咲く花のように~♪

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
あの、あの素晴らしいコーヒー豆が入荷するかもしれません!

僕がハワイ島のコーヒー農園へ、コーヒー栽培のお仕事に行ったのは、200

今、25年前のコーヒーの本が教えてくれること

日曜日は高槻店は定休日。   高槻店はJR高槻駅

手挽きミルの挽き目の調整のやり方のコツ

前回のブログで書きました、通販における送料の値上げの件。 &nb

島、ショックを受ける

強烈なカウンターパンチをもらったような、そんな気分です。 &nb

慢心

高槻店のお客様で、もうすぐセレクトショップ&カフェを出店される

→もっと見る

PAGE TOP ↑