*

コーヒー焙煎後のハンドピックという作業って何?

プロローグ

営業中にセールスの電話が時々かかってきます。
電球の製造が打ちきりになって補助金がでるから照明をLEDに変えませんか?とか、お調べしますとか、看板とか、その他いろいろ。

 

こうしてセールスの電話を受けていて思うのだけど、見ず知らずの人が急に電話をかけてきて、どうですか?と言われても何を信用して良いのかわかりませんよね。

 

電話先の方の情報を全く知らないし、どんな会社なのか、電話越しの相手がどんな人なのか、も、わかりません。
どれだけ良い話であっても(良い話の方が怖く感じますが)、とりあえずお願いしようとは思いませんよね。

 

そんな電話を受けながら、コツコツと信用を築くために、顔が見える、ブログで情報を出している、ということは大事だなぁなんて思いました。

 

そんなどうでも良い前置きはさておき、では本題に入りますね。
いつものように序・破・急で。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

焙煎後のハンドピックという作業

ハンドピックというのは語訳すると手選別です。
もしかしたら和製英語かも知れませんが、手選別という意味で使います。

 

焙煎したコーヒー豆に異物混入や、不良豆と呼ばれる味わいに悪影響を及ぼすものを、1粒1粒除去します。

 

結構、手間のかかる作業に見えますが、焙煎する前のコーヒー豆をコーヒー生豆(なままめ)と言いますが、その生豆を生産地で電子選別機や人の手によって選別したモノを購入していれば、最後の点検程度の感じの作業となり、それほど苦行ではありません。

 

焙煎したコーヒー豆をパレットに広げて、そこに不良豆がないかチェックします。
焙煎しないと選別できない豆もあるのですね、それを取り除く作業です。

IMG_2615

 

 

それがどうしてわかるのかというと、ちゃんと色が付かないからなのです。

 

全体を見るときは一瞬の判断の方が良い

ハンドピック=手選別をするときは、パレットに広げて全体を見渡し、一瞬でこれあかん、これオッケーと見分けて行きます。

 

なぜ一瞬なのかというと、ジッと見過ぎると迷うからです。
微妙な判定で、これは取るべきか取らないべきか、迷いが生じ時間ばかりくってしまうからです。

 

ですので、さっと見て、パッと取る、これが上手く取るコツなんですね。

 

基本的に僕はハンドピックの作業を焙煎している間にしています。
僕の焙煎機はセミオートマチックのマシンなので、ある程度、目で追って異常がなければOKで、要所要所でしっかりと時間と温度を見ていれば、正常に進んでいる否かを判断出来ます。

 

なので、時間を上手く利用して焙煎している間にハンドピックを終わらせます。
今朝は計9.5キロの焙煎で23グラムの不良豆がありました。

IMG_2618

 

エピローグ

ハンドピックをする最大の理由は味わいに邪魔が入らないために、キチンと味わいのでない豆を取り除くということなんですね。

 

それとたまに生産地での選別を逃れて、石やトウモロコシなどの粒が入っているので、それを除去するのが目的です。

 

カップに香る美味しいコーヒーを作るための大事な大事な作業ですね。
明日も頑張ります。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

スペシャリティコーヒーに、こだわりません宣言

スペシャリティコーヒーとは、世界で生産される全コーヒー量の約5パーセントくらいの生産量で、高品質コー

記事を読む

ドリッパーは陶器製か プラスチック製か どっちがいいの?

さて 今日はペーパードリップにおいて使われるドリッパー 紙を敷いて濾すあの道具ですね それが陶器製の

記事を読む

違うふたり

 岡町本店にある焙煎機 高槻店にある焙煎機 同じ国産メーカーの焙煎機ですが どちらも違う微

記事を読む

一杯の美味しいコーヒーで焙煎の重要度はどれくらいなの?

何度か書いてきましたが、僕はコーヒーマニア上がりなんです。   焙煎が楽しくて

記事を読む

教えて!ドリップのお湯の温度は何℃がいいのでしょうか?

プロローグ 自転車で風を切って走っていると、春から初夏に移り変わっていきそうな新緑の薫りが所々で感

記事を読む

エビのロブスターではなく、コーヒーのロブスタのお話

プロローグ 先日、家族三人でお出かけしまして、ショッピングモールでお買い物。娘が歩き回るのに疲れベ

記事を読む

粉の挽き目で変わるコーヒーの味わいの濃さのお話

実は時代劇が割と好きで、今はあまり見ていないですが以前はよく見ていました。  

記事を読む

焙煎のことを考えて 昨日の記事より掘り下げてみた

日曜日にカフェBeのパートさん募集を 採用促進ウェブに出したところ 数件の 面接希望があり ほっ

記事を読む

家庭用ミルの掃除の仕方~ナイスカットミル・みるっこ編~

プロローグ 家庭用ミルの中で、結構お持ちの方が多いのではないかと思われるカリタ「ナイスカットミル」

記事を読む

コーヒー豆が硬いってどういうこと?

昨日12月29日は1人営業で、そこまで忙しくならないだろうという僕の予想を遙かに超えた御来店があり、

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー抽出器具、何がもっとも使われているのか

暑いですね。 禁句だと分かっていても、ついつい挨拶と同じ感じでこの言

アイスコーヒー できるだけ氷を溶かさずに急冷する方法

今週は嬉しいことがあります。   先日の大阪北部

アイスコーヒーを美味しく作るコツ

さて、先日なんと北海道で島珈琲のコーヒー豆を使い、コーヒーを提供してく

夏はやっぱりアイスコーヒーの豆が一番売れるのか

島珈琲高槻店の道路を挟んで向かい側のビル、その2階に「アトリエ ステッ

目指すはどこ?島珈琲社会貢献部の行方

6月20日以来、あの地震が起きてからお休みがありませんでした。 です

→もっと見る

PAGE TOP ↑