*

コーヒーとタバコはなぜあうのか?を考えた

実は僕が昔、タバコを吸っていた、ということを知っている人はそう多くないと思います。

 

島珈琲を開業した14年前、僕はタバコを吸っていましたが、あるきっかけがあってやめました。

 

僕が吸っていたのは赤キャビン。
1日に1箱くらいのペースでした。

 

どうしてやめたのか、というとお金が無かったから。(笑)
お商売を始めた当時、全然売り上げなくてお金がないもんだから、やめられるモノは全てやめていきました。

 

一番初めは散髪へ行くのをやめました。
今でも自分の髪をすきばさみでカットしてるんですよ。
次にタバコでした。

 

店が暇だったので、ちょっとしたらすぐにタバコ吸っていたのですね。
そうすると吸う量が多くなり、気分が悪くなって禁煙してみたら丸1日吸わずにいられたのです。

 

それまで禁煙が1日持った事なかったのですが、その時は不思議と出来ました。
そしてタバコを吸うことで、コーヒーの香りを完全にキャッチ出来ていなかったことに気づいたのです。

 

鼻がもともと良くなかったのですが、タバコをやめることでコーヒーの香りを鋭くキャッチできるようになったのが、禁煙する最大のきっかけでした。

 

何度かまた吸いたい気持ちに駆られましたが、プロとしてコーヒーの香りに鈍感なのはどうなのか?そう自問すると、我慢することができました。

 

自分が過去に吸っていたので、コーヒーとタバコの相性ってすごくわかるんです。

 

でも「なぜ」を考えた事はありませんでした。
昨日、お風呂に入りながら急に「なんでなんだろ?」という疑問が頭を離れず、風呂から上がり調べて見たのですが、納得する回答は得られませんでした。

 

これは僕なりの考えです。

 

どちらも常習性のあるものですよね。
コーヒーのカフェイン、タバコのニコチン。

 

どちらも気分を良くしてくれるものです。
カフェインは血管を広げると言いますし、ニコチンにも収縮作用があるので、この双方の血管に働く作用が、この組み合わせで、なんだか気持ちいいなぁが起こっているのではないか、と言うのが僕の推理です。

 

そしてタンニン。
両方にタンニンにが含まれているのですが、これがすごくキーワードになるのじゃないのかなぁ、と思い色々調べてましたが、思うような回答に出会いませんでした。

 

吸っていた頃を思い出してみると。
煙とコーヒーの味わいは口の中で何とも言えないハーモニーがあるのです。

 

喫煙できる喫茶店の香りを知っている、または覚えている人は思い起こしてください。
扉を開けると、ドアについている鐘がチャランとなる。
扉の隙間からコーヒーの甘い香りとタバコの煙が交錯した独特の香りが流れてくる。
あっ昔の喫茶店の香りだ。

 

あの香りの相性こそが、コーヒーとタバコの相性の原点ではないのか、そう考えます。

 

こうして書いた結果、コーヒーの香りとタバコの香りの相性が良いから、相性が良いと呼ばれるのではと僕の中で結論づけしました。

 

自分で実験したいなぁって思ったけど、タバコを吸い、あの頃の様にまたタバコを吸う生活に戻ってしまうのではないか、と怖くてちょっと出来ませんでした。(笑)

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0184

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

情熱の薫りを求めて

 情熱の薫りを求めて     島珈琲 島 規之 島珈琲のコーヒーで、こころがほどけ、リラッ

記事を読む

これを守れば美味しい コーヒーと一番相性の悪いものはこれ

プロローグ 昨日はエクスマ新春セミナーに出席し、沢山の気付きがあり、そしていろいろ勉強をしてきまし

記事を読む

コーヒーのプロは缶コーヒーを飲まないのか?

プロローグ コンビニコーヒーが世間にあっという間に広がった。 こんな早く定着するなんて僕は予想し

記事を読む

ある失敗をしてから心に決めました 売り込みはしないと

プロローグ 先日、島珈琲をお使い頂いている茨木市松ヶ本町にある美容室ヘアーポテンシャルNOAHさま

記事を読む

ペーパードリップでペーパーを濡らす理由はなぜか?

プロローグ ハンドドリップでペーパーの濾紙を使い、コーヒーを抽出する時ペーパーを濡らす人がいたり、

記事を読む

コーヒー豆から粉へ、何分前に粉にしたらよいのか

プロローグ 今、僕が出版するコーヒー本の原稿の大詰めに入っています。 何をしているのかというと、

記事を読む

アリの大群を止めるのには、コーヒーのカスを蒔いてごらん

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。   おとついあたりから、お店の前を

記事を読む

エクスマで繋がる 塩コーヒーだなんて、そんなバカな!

プロローグ マーケティングの師匠 藤村正宏先生とエクスマの講師、ハッピー薬品の橋本亨さん、佐藤ゆか

記事を読む

コーヒーの粉の微粉とはなんぞや

昨日はお休みで浜松で開催される浜松エクスマLIVEへ、セミナーを受けに行ってきました。 マーケティ

記事を読む

コーヒー豆 粉 の保存方法

寒くなってきましたねお客様の心が暖かくなるように お店のBGMをハワイアンにしてみましたゆるり流れる

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
あの、あの素晴らしいコーヒー豆が入荷するかもしれません!

僕がハワイ島のコーヒー農園へ、コーヒー栽培のお仕事に行ったのは、200

今、25年前のコーヒーの本が教えてくれること

日曜日は高槻店は定休日。   高槻店はJR高槻駅

手挽きミルの挽き目の調整のやり方のコツ

前回のブログで書きました、通販における送料の値上げの件。 &nb

島、ショックを受ける

強烈なカウンターパンチをもらったような、そんな気分です。 &nb

慢心

高槻店のお客様で、もうすぐセレクトショップ&カフェを出店される

→もっと見る

PAGE TOP ↑