*

ドリップの時コーヒーが膨らむワケを更に詳しく、わかり易く書いてみた

プロローグ

前回のブログでは、ドリップの時にプクーッとコーヒーが膨れるのは、テクニックではなくコーヒー豆の鮮度にある事を説明しました。

 

コーヒーがプクーッと膨らまなかったから、今日はドリップのやり方が上手に出来なかったんだなぁ、と思うのは間違いで、膨らむ膨らまないはコーヒー豆の持つ香り成分でもある、炭酸ガスがないから、と説明しました。

 

鮮度が良い=焙煎して日にちが経ってない ほど、この炭酸ガスは多く含まれ、新鮮であるということ、そして焙煎して日が浅く新鮮であっても、粉にしたらその香り成分が飛んでしまうので、膨らまなくなるその事も書きました。

 

その記事はこちらです。
ペーパードリップの時、プクッーと粉が膨らむのはテクニックでできる事なのか
https://blog1.shima-coffee.com/?p=14379

 

その炭酸ガスがコーヒー豆に多く含まれているというのはどういう事なのか、をもうちょっと分かり易く今回は書いていきたいと思います。
次の式はすごく雑で怒られちゃうかもしれませんけど、炭酸ガス=香り それがある=コーヒー豆が新鮮 という式の基に、今回の記事を読んでいってくださいね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

IMG_2053

 

市販の芳香剤をまず頭に浮かべてください

よくある市販の芳香剤、中身の透けているモノを想像してください。
その中には香りの粒がたくさん入っています。

 

芳香剤の開封シールを剥がすと、ゆっくりと一面に香りが漂いますね。
やがて時間が経つと中の香りの粒はなくなり、最後は粒も香りもほとんどない状態になりますね。

 

ケースも含めて芳香剤そのものをコーヒー豆と思ってください。
コーヒー豆も最初は同じ様に沢山の香りの粒が、豆の中に詰まっています。
そして香りがゆっくりと放出されやがてなくなっていきます。

 

次の芳香剤のケースから香りの粒をだしてください

芳香剤の中、ケースに入っている香りの粒を床一面にばらまいたとします。
すると、どうなるでしょうか?

 

辺り一面は一瞬すごい香りが漂いますが、芳香剤のケースに入っているよりも格段に早く、その香りの粒と香りは消失されますよね。

 

これがコーヒー豆が粉になったときのイメージです。
香りがケース(豆)から放出され、空気に触れる面積が大きくなり香りは一瞬すごいけども、その後消失し持続しなくなる、こんな感じです。

 

コーヒー豆の鮮度が良いと(焙煎してから日が浅いと)、この例えで使った芳香剤の香りの粒が多くある、こんなイメージで例えてみたのですが、どうでしたか?伝わったでしょうか。

 

エピローグ

豆の状態ですと香り成分が長くキープされるのは、閉じ込められているからなんですね。
でもゆっくりと鮮度の証である炭酸ガスは抜けていきます。

 

これをキープするには、コーヒー豆の保存も長期になるならば冷凍保存が必要となります。
冷凍でさらに閉じ込める、そんなイメージです。

 

今回は生活にある身近なもので、コーヒーの鮮度と香り、豆と粉、の関係を書いてみました。

参考になれば嬉しいです。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
https://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
Avatar photo

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

背面カウンターにした結果は

背面カウンターとは。 カウンターは普通に考えると、オープンキッチンになっているそのキッチンに向かっ

記事を読む

中焙煎=マイルドのアイスコーヒーも美味しいよ!

ついこの間まで寒い寒いと言ってたここ高槻では、3月に入って今日なんか5月の気候じゃないのん?と思わせ

記事を読む

マグボトルで飲むコーヒー、味わいが変わるのはなぜ?Ⅱ

前号で、マグボトル飲むコーヒー、味わいが変わるのはなぜ? というタイトルで、マグボトルで持ち歩き、飲

記事を読む

コーヒー豆の大小は美味しさの違いなの?

島珈琲高槻店は2012年にオープン。 古材をふんだんに取り入れて、古民家のような、仕上がりになってい

記事を読む

島珈琲のブラジルはクラッシックタイプの味わい

本日は祝日ですがお休みです。   今日は家族でおばあちゃんの家に出向き、おばあちゃんと合流

記事を読む

疲れた時には、砂糖を入れたミルクコーヒーがいいよね

以前の僕なら、疲れがなんだ、なんだ坂こんな坂で馬力を生かして乗り切るのですが、最近では疲れているのな

記事を読む

コーヒーメーカーではペーパーフィルターを使い分けてます

今日から7月、ですが7月とは思えぬ暑さとなっております。 いろんな方の話を聞くと、日本だけではない様

記事を読む

コーヒーの酸味とパインアメ

コーヒーは基本的に酸味と苦みで表現される大人の飲み物。   酸味と苦みとは本来

記事を読む

歳を重ねてコーヒーも薄味好みなってきた

さて前回のブログでは、焙煎機のバーナー部のメンテナンスについて触れました。 バーナー内部に入っている

記事を読む

美味しいコーヒーの味わいってどういう事を指すのか?

プロローグ コーヒーの味って分かりにくいですよね、何が良くて、何が悪く、どんな味の表現をしたらよい

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
テクニックの前にまず保管とか保存が重要なんです

本日、火曜日はYouTube自家焙煎島珈琲chの動画を撮る日です。 火

コミュニケーションの成功の鍵

本日、9月26日月曜日は、岡町本店・高槻店共に定休日で僕自身のお休みで

コーヒー豆のお店を20年やってきて

2002年に岡町本店オープン、2009年にCafeBeでのお仕事を頂き

焙煎機 この2台を一生使いたい

昨日のお昼に、YouTube自家焙煎島珈琲chの動画をアップロードしま

ミルの手入れについて

ここのところ台風の影響なのかどうか、定かではありませんが、低気圧のせい

→もっと見る

PAGE TOP ↑