*

ペーパードリップのペーパーの違いでどんな味わいの変化があるの?

ご家庭でコーヒーを淹れるのに多く採用されているのがペーパードリップ。
紙で濾しコーヒーの粉が液体に入らないようになっています。

 

透明度もあり、日本人の食文化にはペーパードリップが一番合うのではないか、と考えています。
もちろんいろんな器具があるので、それを否定したりはしませんからね。

 

こうしていろんな器具を選ぶ事ができるようなったということは、コーヒーの楽しみ方も増えたということになりますね。

気になる器具を使いながら、お好みの器具を探すのもまた楽しみのひとつかと思います。

 

さて、ペーパードリップのペーパーフィルター。
いろいろなメーカーからいろんな種類がありますね。

 

その違いによって何が変わるのか、いまいち分かりにくいところですが今回もカンタンに説明していきますね。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

fullsizer

 

 

白と茶色の違いは?

白は漂白していて、茶色は無漂白。
なぜ白なのか?メーカーさんに以前聞いたときに、こう言われました。

 

紙のイメージ、清潔の色、この2つですね、と。
漂白するにあたって人に害はないのか気になる所ですが大手コーヒー器具メーカーに至っては、酸素漂白で人体に影響がないように昔から徹底しているとのことでした。

 

ですから白と茶色は、まぁ好みで選んで良し、ということになります。

 

紙質による違い。
紙によって濾すわけですから、その紙の密度によって下に落ちるスピードが変わります。

 

密度とは穴の大きさと例えてみましょうか。

 

穴が大きいのと細かいのとでは、どちらが水が早く下に落ちますか、というと大きい方ですよね。
密度が大きいとジャージャーと下に落ちてしまい、コーヒーの粉とお湯の接する時間が短くなり、良い成分をしっかりと抽出できないことになります。

 

密度がある、紙の繊維と繊維の間が小さいと下に落ちるのはゆっくりになります。
ということは、コーヒーとお湯の接している時間が長くなるので、コーヒーの成分を十分に抽出できるということになるのですね。

 

良いペーパーを選ぶには

やっぱりコーヒー器具専門のメーカーのものを選ぶ方が賢明ですね。
安いものですと、上記のようにジャージャーと下に早く落ちてしまい、十分な抽出ができません。

 

スーパーでもメリタ・カリタ・UCC・ハリオなどなどコーヒーを専門にしているメーカーのペーパーフィルターは販売されているのをよく見るので、できればそれらを使う方が美味しいコーヒー入れる条件の一つを満たすことになるのでオススメしたいです。

 

ペーパーでも味わいが変わる、コーヒーはほんとに奥が深いですね。
ペーパーの違いやドリッパーの形状でも味わいに違いがでますので、いろんな楽しみを見つけてほしいなぁと思ったりしています。

 

あなたのコーヒーの時間、ゆっくり愉しんでくださいね。

 

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒー焙煎屋ですが 僕苦いのは苦手です

こう見えてわりと失敗の多い人生でして、そうだ!と思いついてやってみては、思ったように行かず「あらら」

記事を読む

世界各国にあるコーヒーの産地、味の違いはどうしたらわかるの?

昨日は、あの芸能人こと短パン社長 奥ノ谷圭祐さんがブログで島珈琲のことをめちゃくちゃ素敵に書いてくだ

記事を読む

あなたのお好みは深焙煎?中焙煎?

昨晩は高槻店が終わったあと、カフェBeへ。 レジ締めが終わったあと、スタッフの6月のシフトを作成し

記事を読む

KONOドリッパーを新しくしました!

カミさんが娘に、月曜日家庭訪問あるからね、と言うと娘は「えぇ」という顔をしました。 家庭訪問が嫌なの

記事を読む

焙煎は冷却とセット

本日はお休みですが、実家に泊まり朝一番でコーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎を。 今までは日曜日に一気に

記事を読む

コーヒーを飲んで美味しいと思う時、1つ言えること

昨日、電話がありました。 最近、売り込みの電話が多くて困っているのですが、またセールスの電話かなぁと

記事を読む

コーヒーのプロが教える「コーヒー種類」3つのヒント

「コーヒー種類」はいろいろありすぎてわからない!「コーヒー種類」によって味わいはどうちがうの?そんな

記事を読む

この焙煎機、おいくら万円?

プロローグ 島珈琲の様にその場でコーヒー焙煎をしているお店を自家焙煎とか、ロースターとか、そんな風

記事を読む

島珈琲のブラジルはクラッシックタイプの味わい

本日は祝日ですがお休みです。   今日は家族でおばあちゃんの家に出向き、おばあちゃんと合流

記事を読む

TANPANLABへ 島珈琲のコーヒー豆 渋谷上陸

昨日と今日は高槻店のご来店がめちゃめちゃ多く、感謝感謝です。 加えて本日は発送が沢山あったので、ブロ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
産地の様子から

先日のブログで、コーヒーの花の一斉開花は、葉の上に雪が乗ったような光景

中煎りのコーヒー豆での、アイスコーヒーも美味しいで

今日の高槻は3月にしてはかなり暖かい気候となっています。 今朝は6時半

ブラジルはナチュラルです

今朝の賄いコーヒーは、中焙煎ブラジルでスタート。 高槻店に居る時は、ほ

金属系フィルターは粗挽きの方が良いの?

コーヒーミル(グラインダー)にも、細挽きに強いタイプ、粗挽きに強いタイ

中煎り・深煎り、それぞれの魅力とは

島珈琲では、中焙煎(中煎り)と深焙煎(深煎り)と大きく2つの味わいに分

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑