*

カフェインは本当に刺激物だけなのか?

プロローグ

怒濤のゴールデンウィークが終わり、溜まった事務作業に追われている僕です。
こんにちは 僕、焙煎アーティスト 島規之です。
(今日は「僕ドラえもんです」風にしてみました。)

 

最近思うのです。
仕事もそう、こうしたブログもそう、ツィッターやフェイスブックもそうだし、私生活もそう。
いろんなテクニックを駆使するよりも、単純にそのもの事を楽しんだ上で楽しんだままを伝える方が良く伝わる、というちょっと禅問答みたいな事言ってますが、そんな事を感じています。

 

お店のコーヒー豆のセールストークでもね、こーしたら楽しいですよーってそんな話をしていたら僕が楽しいから笑顔になって、その笑顔がお客様に伝播しちゃって、つられてなんか他のモノまで購入してくれるんです、感謝。

 

って、そこは初めから狙っていませんからね。
お客様が喜ぶであろう事を想定しながら、アドバイスした結果そうなるのですね。

 

「だから人生は楽しんだもん勝ち、お金とか肩書きとかじゃなくて君がどう楽しく生きるかだ」って誰かの言った言葉が、にわかに自分のお腹に落ちてきた、アラウンド40歳の僕です。

 

って何の話やーですね。

では本題に行きましょう。

 

IMG_1880

 

 

カフェインって刺激物?

そう思っている方が大多数だと思います。
実際には眠気覚ましや、計算能力の向上などなど、人間の身体に刺激を与えるモノとして大きく認識されています。

 

自律神経には交感神経と副交感神経があり、活動的な神経は交感神経、リッラクス作用のあるは副交感神経です。
ここで引用をしたいと思います、どうぞ。

 

 

これまでカフェインを含むコーヒーは、唐辛子と同じように、交感神経に強く働きかける刺激物と考えられてきました。ところが興奮作用だけではなく、リラックス効果ももたらしてくれていたことがわかったのです。

全日本コーヒー協会 コーヒーとからだのおいしい話3 P17 引用

 

そうなんです、リラックス効果もあるんです!

驚きですね。
京都大学大学院のある教授の研究で明らかになったそうです。

 

ということはですね、眠気覚ましに飲んだつもりが、すっごくリラックスして逆に眠くなっちゃった、ってことが起きても不思議ではない、ということになります。

 

いや、これは難しいですね。
どうやって使い分けるのか。
眠気覚ましに飲みたい時もありますし、もちろんリラックスの時にも飲みたいですよね。

 

状況によって脳が命令し身体が勝手に反応してくれるのか、この仕組みがどうなっているのか、今後の報告に期待したいですね。

 

コーヒーのリラックス作用は香りが主かと思っていましたが、実はカフェインにもそれがあったのです。

いやぁコーヒーって面白いですね。

 

エピローグ

歴史をひもとけば、コーヒーはもともと薬として広まりました。
昔コーヒーは不老長寿の万能薬とも言われており、漢方薬のような役割として用いられていました。

 

科学が進んでコーヒーのいろんな良いところが解明されてきました。
もっともっとあるはずです。
コーヒーの力、今後ますます期待したいですね。

 

でもカフェインなしの美味しいコーヒーを飲みたい方はこちらもありますので、どうぞ。
島珈琲のカフェインゼロコーヒーはこちら
http://www.shima-coffee.com/ble-0008/
薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
https://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

島珈琲のコーヒー豆たちをバンドで表現してみたら、こうなった

プロローグ 今月は島珈琲オリジナル・リキッドアイスコーヒー「フルーティなアイスコーヒー」300本分

記事を読む

仕込みはオッケー!

  ということで 2日間にわたるコーヒーシロップ&カフェラテ小町の 無糖バージョン

記事を読む

日持ちがするコーヒー豆ってなんだ?

落ち着いた日々、というのを望むのですが、自営業というかどんな仕事でも一緒と思うのですけど、止まったら

記事を読む

そしてグァテマラも新しくなります

さて年末の繁忙期は昨日からクライマックスに。 通販の発送のピークは過ぎたかなぁと感じております。 &

記事を読む

使い終わった麻袋はどうしているのか

昨日はお休みで、完全オフ日にしました。 カミさんとニトリとコーナンに買い物へ行き、ジョリパでランチデ

記事を読む

アイスレモンコーヒーをつくったYO!

プロローグ 秋に出版するだろう僕のコーヒー本の、最終章の構成を練っていました。  

記事を読む

年々、好みが薄味に

昨日の晩、娘にインタビューされました。 小学校の社会の勉強で、仕事をテーマにいろいろと自分なりに調べ

記事を読む

今期もいいエチオピア・モカ キープしました

先日、委託のお仕事を頂いている障がい者支援施設とのコラボカフェ、cafeBeでの月イチのミーティング

記事を読む

コーヒーと味わいと体調のはなし

プロローグ 昨晩、キムチを食べながらふと思いだしたこと、今回はつらつらと。 僕はどちらかというと

記事を読む

珈琲問屋 |こだわりの珈琲問屋をお探しのあなたへ|

こんにちは! カフェやレストラン 美容室などを経営する方の縁の下の力持ちになりたい コーヒーの事が大

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
パンチング

最近、ブログのタイトルをあまり考えないようにしています。 タイトルで、

岡町本店がなぜ日曜日だけの営業なのか

島珈琲には岡町本店と高槻店と2店舗あり、そして姉妹店というか協力させて

一時的に高槻店に設置しました

本日、そして明日と発送が沢山となっております。 島珈琲ではホームページ

新価格は5月23日月曜日からスタートします

岡町本店に設置するために新しく購入したコーヒーグラインダー、コーヒーミ

若さとは

月曜日は定番の毎朝のツィート「よし、ゆこう」シリーズからテーマを取りエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑