*

いつ混ぜてるの?コーヒーのブレンドはいつ行われるか

プロローグ

ご存じですか?ブレンドのルールを。

 

例えばモカブレンドやブルマンブレンド、モカやブルマンなどのある銘柄を冠につけたブレンドは、その冠になる銘柄が30パーセント以上入れる事になったルールがあるですね。

 

余談ですが、極端な出来事でこんな事も昔はあったそうです。
上記ブレンドのルールがある以前、ブルマンブレンドでもブルマンを3粒だけ混ぜて、あとは他の安価のコーヒー豆を混ぜて合わせ、ある程度の高値で売っていた、などという聞き捨てならない話を何かの本で読んだ事があります。

 

今の時代もしこんな事をしていたら、お客様からきっとそのお店は認められないでしょうね。

ブレンドも皆様にとって分かりにくいものかと思いますが、今回はその辺をちょっとかみ砕いて説明したいと思います。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島 規之

IMG_0806

 

まず一番目は産地

お米でもブレンド米というのがありますよね。
○○県○○地区で採れたお米。
小農家さんは販路をもっていないと思うので、JA= 農協ですよね、農協にそれを持っていき、JAはその地域のものをブレンドし、その地域のブレンドのブランド米として市場に販売される、たぶんこんな形だと思うのですが、コーヒーにも同じ様にそうしたコーヒーの生豆の段階でブレンドしているものがあります。

 

逆に大農家などは、ブレンドせず単一農園のものとして販売しています。
グァテマラ・クラシコ農園などと農園の固有名詞が入った名前のものがそうです。
お米で言う、島さんの田んぼで採れたお米(実在しませんよー)、など個人名が入った商品と同じ様なものと考えてください。

 

僕はこれらどちらかを選んで仕入れしています。

 

次にブレンドが行われるのが、焙煎前のコーヒー生豆の段階です。
これはメーカーや焙煎する人により、する人しない人に別れます。
島珈琲はほとんどこの手法は使いません。

 

焙煎の前の計量で例えば4キロの焙煎を行うとき、ブラジル50%コロンビア25%モカ25%など、あらかじめブレンドして焙煎する方法です。
これは業界用語でプレミックスと言われておりまして、焙煎後にブレンドする手間を省け、作業の部分で時間短縮ができる事が長所です。

 

3番目は焙煎後にブレンドする

プレミックスと呼ばれるものに対して、アフターミックスと呼ばれるものがあります。
これは焙煎後にブレンドする方法です。

 

ブラジル50%コロンビア25%タンザニア(キリマンジャロ)25%など、焙煎したコーヒー豆を計り合わせて混ぜます。

プレミックスとアフターミックス、ブレンドの方法はこの2つに別れます。

 

行程を楽にし時間を短縮出来るところが長所のプレミックスですが、そのブレンドとして商品としか活用する以外あまり道がないという、短所があります。

 

逆にアフターミックスは必要なだけブレンドの調合をしたら良い、というロスが少ないという長所があり、いちいち計ってブレンドを作らないといけない、プレミックスよりも手間がかかるという短所がります。

 

しかし、どちらもお店の都合が大きい事で、お客様にあまり関係ない話ですね。

 

エピローグ

これに関してはお客様に全く選択の余地がないので、知っていてもお役に立ちません。
役に立たない、つんまんないブログ書いてしまったなぁ~と終わりに近づくに従って、その思いは強くなりました。

 

今日の記事は、予備知識的な感じですね。あはは。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0035

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

カプチーノのふわふわミルクの仕組み

プロローグ ご存じですか?元日と元旦の違いを。 のっけから何の話やねん!ですが、ニュースを読んで

記事を読む

実は喫茶とコーヒー豆販売用とでは 味のつくりかたが違う

プロローグ 先週は週末に風邪にかかってしまう事態に陥り 皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました

記事を読む

これでOK!ドリップする時に注意を払うべきところ

プロローグ 島珈琲高槻店は喫茶はカウンター6席。 オーダーストップは17時。  

記事を読む

コーヒーとタバコはなぜあうのか?を考えた

実は僕が昔、タバコを吸っていた、ということを知っている人はそう多くないと思います。  

記事を読む

布ドリップ(ネルドリップ)が家庭に普及しないワケ

プロローグ 僕の中ではドリップで美味しさ最強と信じている「ネルドリップ」。布ドリップとも呼ばれます

記事を読む

コーヒーミルによってコーヒーの味は変わるのか?

プロローグ 僕の道具の中で、味において焙煎機の次に重要なモノは、コーヒーミル(コーヒーカッターとか

記事を読む

なんでアイスコーヒーの豆は黒くて脂がテカテカなのか?

プロローグ 夏ですね。 コーヒー屋で夏の話題と言えば、アイスコーヒーです。クールダウンするの

記事を読む

ペーパードリップの時、プクッーと粉が膨らむのはテクニックでできる事なのか

プロローグ ペーパードリップはほんとにいろいろな事があって面白いですよね。 世界のコーヒー文化を

記事を読む

あるツイッターの投稿からヒントを得た、限定コーヒーギフトのご案内

プロローグ 僕はツイッターを楽しんでいるんですが、1日回数を決めてしてるんですね。 朝、朝、昼、

記事を読む

商は笑なり 商いはあきない味創り

今朝 自転車で受ける風は少し湿度を含む 重たい風でした 今日も蒸し暑い一日になりそうな大阪 高槻です

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
なぜドリップする時、端にお湯をかけてはならないのか

昨晩、余震がありました。 ドーンという音を立てた後、わりと大きな揺れ

4年ぶり 6月25日(月)はカフェBeで島が接客します!

昨日、自宅のガスが復旧しました。   お風呂を入

普通のコーヒーがレベルアップしている現状に思うこと

18日の朝に高槻で地震がありました。   その日

島珈琲は元気です!

高槻で地震がありました。   朝、歯磨きをしてい

6/19(火) 6/20(水) 高槻店は臨時休業します!

いつもありがとうございます。 表題の通り、6月19日火曜日と6月20

→もっと見る

PAGE TOP ↑