*

ご存じですか?焙煎機は掃除しないといけないことを!

プロローグ

そんなんしらんやん!と突っ込みを入れられるお題ですね。今日は焙煎機ってこんな感じで掃除してまーすという、お話です。焙煎機の外側ではなく、内部の掃除。

 

実はこれを怠ると酷い場合、火事になることもあります。もちろん僕はそこまで放って置くことはありません、なぜなら掃除をしないと味に影響がでるからです。

 

どうして、焙煎機を掃除しなければ美味しいコーヒーができないのか、今日はそこを記事にしたいと思います。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

人間で言う動脈硬化が焙煎機の内部で発生している

焙煎機ではコーヒー生豆を火で焙って、コーヒー焙煎豆にしています。当然煙が発生しているのですが、排気ファンという換気扇のようなもので煙を吸い込み、ダクト(煙の通り道)を通り、煙突から空へ拡散されます。

 

コーヒー豆を焙煎している煙には、脂分が含まれています。この脂分は熱いときには固まりませんが、冷たくなってくるとダクトにこびりついていきます。

 

それがダクト内部に固まりだして、動脈硬化のように通り道を徐々に狭めていきます。
そうすると、煙の抜けがだんだん悪くなり、少しこもったような味になってきます。

 

もちろんこれは焙煎して、なおかつその焙煎機の状態を知らないと変化をキャッチでいない味でもあります。
ひどくなると後味にトゲを残すような、不快な味わいになってきます。

 

なので、分解して掃除します。

掃除は煙突の掃除を合わせて4時間くらい。ホコリが立つので、営業中には無理です。

まずジョイント部。こんなに溜まってます。

IMG_8085

汚れを落とすとこんな感じに。

IMG_8088

ダクト部。汚れてますね。これをゴシゴシして

IMG_8089

 

こうなります。

IMG_8090

 

こんなにも

IMG_8092

 

次に排気ファンを取り外しましょう。

IMG_8095

汚れてますねー もちろんピカピカにしましたよ!

これが焙煎機をバラしたときの姿

IMG_8104

 

普通の時の焙煎機

IMG_8140

 

 

煙突の掃除の様子は今朝のツイッターで。

 


 

 

はい こんな感じで脂分これをクリーンカーというのですが、落としまくります。
そうするとすっきりした味わいになり、焙煎機を元の良い状態に戻し、コーヒー豆のポテンシャルを最高に引き出すことができるようになります。

 

エピローグ

僕は原料の選ぶ腕よりも、焙煎機を扱う腕よりも、1番大事なテクニックは焙煎機の掃除の知識だと思っています。もちろん全てのバランスが揃ってはじめて美味しいコーヒーができるのですが、掃除ができてなかったらコーヒー豆の美味しさと本来の個性を引き出すことはできないと思ってます。

 

お客さまには決して目に見えない作業ですが、これもコーヒーの味作りのひとつとして知ってもらえれば、嬉しいです。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

外資系コーヒーチェーンが日本のコーヒーの歴史に刻んだこと

職業柄としてどうしても、家族などでお店に行くと店内を見渡してしまいます。 スタッフの動線がどうなっ

記事を読む

コーヒーと相性の良くないモンはなんだろ?

娘からすると、ひいおばあちゃんが2日前に旅立たれました、92歳でした。   以

記事を読む

香る!ドリップでアイスコーヒーを美味しくする「ちょっとしたコツ」

プロローグ 今日はバタバタしていまして、いつものようなしっかりとしたブログを書けそうにないのですが

記事を読む

no image

焙煎

最近 奥歯が痛い痛いというか 痛かゆいなんで歯が痛いと集中力をそがれるのだろうかしかし それくらいで

記事を読む

ペーパードリップの「蒸らし」が上手く出来ない!そんな貴方に贈るちょっとしたコツ

プロローグ 奥様に「コーヒーでなんか疑問に思う事ない~?」と、何気なくブログネタが欲しくて聞いてみ

記事を読む

ぼく うれしがりですねん

  高槻氷室町にある 有名なパン屋さん ROUTE271さんがこなあいだ発売された サヴィ

記事を読む

ご存じですか!コーヒーをドリップした直後 濃いのは底の方にたまってる事を!

プロローグ 春、麗らかですね。 タンポポやチューリップ、菜の花、街の至る所で花は咲き、心の色を豊

記事を読む

厚手のカップ、薄手のカップ、どっちがコーヒーは美味しいの?

プロローグ 今回はカップついてのお話です。 陶器のカップ、いろいろとオシャレなデザインのもの、沢

記事を読む

プロでもあるの?味覚を正しくキャッチ出来ないとき

大阪は朝晩がだいぶ涼しくなり、過ごしやすくなってきました。 日中はまだ暑いですが、朝晩が涼しいので

記事を読む

あの芸能人のお好みのコーヒーを作るときの注意点

あの芸能人こと、アパレルメーカー社長 奥ノ谷 圭祐さん、ニックネームは短パン社長。 短パン社長が一

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆の表情が変わるとき

昨日から、高槻店の焙煎機は、メンテンナスに入っております。 今回は、3

カフェBeは今年でオープン10周年

昨日は月曜日で定休日でしたが、月一のミーティングに行ってきました。 姉

売れる商品があるのではなく、売れる売り方があるだけ

開業して17年という月日が、もう少しで経とうとしております。 その半分

なぜ島珈琲で香り高いコーヒー豆ができるのか

手前味噌ですが、お店に入ってくるとお客さんのほとんどが「いい香り~」と

臨時休業のお知らせポップで、好印象を持ってもらう方法

人は素直に生きるのがいい。 一応、僕はそう思ってます。  

→もっと見る

PAGE TOP ↑