*

新しくブレンドを作る時に気を付けていること

公開日: : coffee

今日の朝は寒かった!
僕はいつも、そうですね、だいたい朝の3時くらいに一度目を覚まして、そこからウトウトと眠ったり目を覚ましたり、眠りの浅い時間が始まります。

 

5時くらいにいつも朝一のツィートとインスタを投稿して、そこからまた浅い眠りについたり、起きたままだったり。
今日の仕事は何に気を付けようだとか、これとこれをしようとか、今日は特段することがないので掃除を強化しようとか。

 

あの人が来るなぁ、これを用意しておこうか、とか考えております。
目覚ましをセットしており、でもそのセットした時刻より大抵5分前には布団を出ますが、今日は出にくかったー。
あと10分だなぁと思ってから、あっというまだった。

 

久しぶりに布団から出たくないわ、この寒さ、となりましたが、今であろうが後であろうが思うことは一緒、せーっの立つんだジョー!で布団から出ました。

 

布団の中が気持ちいい季節ですね。
いかがお過ごしでしょうか。

 

最近、特に昨年はオリジナルブレンドの作成依頼が多く、今年も1月から1件ご依頼があり、昨日お話をおうかがいしておりました。
ブレンド作りにおいて、僕が気を付けていることを今回はお伝えしようかと

 

 

僕の頭の中にあるブレンドノート

 

ご依頼主様がどんな味わいを作りたいのか、使いたいコーヒー豆などおうかがいしながらイメージします。
基本的には、島珈琲にある原料を使用してブレンドを作ります。

 

但し、持つ原料の中で、例えばグァテマラなどは深焙煎=深煎りのみなのですが、それを中焙煎=中煎りにしてブレンドを製作することもあります。

 

ブレンド製作費を頂きまして、だいたい4つの候補、4つのブレンドを作り、ご依頼主様自身で飲んでもらいまして気に入ったものを決めて頂いたり、気に入ったものにあとほんの少し修正をかける、という感じでご依頼主様と味わいをすり合わせながら進行させております。

 

それで、好みや作りたい味わいを聞き、僕の頭の中にあるブレンドノートをパラパラとめくりながら、この組み合わせがいいな、あの組み合わせはどうだろうと考えます。

 

ブレンドは主力になる味わいを決めて、そこに何を足して何をどう表現するかになります。

 

例えば島珈琲のブレンド花の場合、全て中焙煎で組み合わせていますが、ブラジルが50%、コロンビアが25%、タンザニアが25%という組み合わせで、全体はフワッと軽くシナモンのような香ばしさの味わいがあり、コロンビアで紅茶のような風味と柑橘系の甘みを付加し、タンザニアでボディ、コクですね、をつける、というとような味わいの表現をしているのですね。

 

個性VS個性的な味わいはケンカしやすい?

 

コーヒー豆の中でも個性的な味わいを持つコーヒー豆同士の組み合わせによるブレンドは、その個性の味わいがぶつかり合って、ちょっと何を主張したいのかがわからない味わいのものになりやすいのですね。

 

個性あるコーヒー豆には、穏やかな味わいのコーヒー豆を組み合わせることにより、より個性を引き立てたり、個性をちょっと軽くし、そこにない味わいを付加して、新しい味わいを作る、ということを考えています・

 

いろいろとあれこれブレンドしてきて、僕の中でブレンドのルールブックが出来上がっているのですね。
製作する時は、ほとんどインスピレーションですけどね。

 

ということで、今回は2種類のブレンド製作のご依頼頂き、4種類+4種類の合計8種類のサンプルをご用意しました。
どれになるかなぁ、なんて楽しみにしてます。

 

このサンプルの中からブレンドが決まり、その企画が発表していい時になれば、こちらのブログでもご案内しますのでお待ちくださいね。

 

それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

ジャストミート!

 コーヒー屋なので たまにはコーヒーの話を 島珈琲では 扱っているコーヒーはだいたい決まっ

記事を読む

迫る、コロンビアコーヒーの魅力に

街のよってパターンがあると思うのですが、島珈琲高槻店は4月に入ると急に閑散なムードになります。

記事を読む

個人店が少なくなれば街は面白くなくなるよね

昔と比べるのはよくないとは思うんだけど、昔と比べてコーヒー関係の機器が高くなったと感じてます。 感じ

記事を読む

焼きました!

 無添加コーヒーシロップ用(カフェオレベース)38キロの焙煎豆です ただでさえ4坪と狭

記事を読む

ブラジルはナチュラルです

今朝の賄いコーヒーは、中焙煎ブラジルでスタート。 高槻店に居る時は、ほぼほぼ朝夕1杯ずつコーヒーを飲

記事を読む

お待たせしました コーヒーシロップ 無糖!

 お待たせしました コーヒーシロップ&カフェラテ小町 無糖バージョン 明日から販売

記事を読む

コーヒーメーカーの底には濃い味わいが溜まっている

月曜日。 月曜日は僕自身のお休みです。   火曜日から土曜日は高槻店で営業し、日曜日は岡町

記事を読む

美味しいコーヒーで味覚は磨かれる

歳を重ねるごとに、味覚は磨かれると思う。   僕は今年で43歳になりまして、目

記事を読む

カフェインゼロコーヒーで作るアイスコーヒーも美味しいYO!

プロローグ カフェインゼロコーヒー、デカフェやカフェインレスコーヒーと呼ばれるコーヒーと同じです。

記事を読む

焙煎じゃないよ冷却だよ!

   冷却機でぐるぐるしているところを よく焙煎していると思われている方が多

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
気分よく帰ってもらえばいい

日曜日は、日曜日だけが営業日のお店、岡町本店に来て焙煎そして営業してお

ブレンド花 ~味わいの構成~

高槻店での焙煎はいつも早朝に行っています。 朝、お店に来るとまず焙煎機

次のお休みには今年最後になるであろう、コーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎です

さて今日は金曜日。 金曜日は僕が楽しみにしているYouTubeの配信が

何回もしつこいですが・・このコーヒーメーカーは非常にいい

通りを見ていると、男性も日傘を利用されている方が増えたように思います。

7月、8月の島珈琲は通常営業です!

昨日、今日は発送が沢山でした。 おかげ様です、感謝です。  

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑