*

しまこーひーのフレンチプレス大全

プロローグ

島珈琲のお客様が、先日「フレンチプレスにはまったー!」といろいろご相談を受けましたので、今回の記事はフレンチプレスについて僕なりの検証してものを書いていきたいと思います。

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

フレンチプレスのあれこれ

フレンチプレスとは何か。
コーヒーの粉を容器いれ、お湯を注ぎ、3分経った後金属のメッシュになった漉し器で粉をグッと抑えて、そしてそのままカップに注いで、コーヒーを愉しむ道具の名前がフレンチプレスといいます。

確か発明者はイタリアで、フランスのパリで流行りだしたから、フレンチプレスと呼ばれるようになったと記憶しています。

 

この道具の利点
・なんと言っても抽出にペーパードリップのような技術がいらない。
・コーヒーのもっている味そのものを楽しめる。
この道具のデメリット
・片付けがめんどくさい(慣れれば問題ないです)
・飲み干したカップのそこにどろっとした細かいコーヒーの粉が残る。

非常に簡単にメリット・デメリットを書いてみました。

 

実際フレンチプレスで作って飲んでみた

僕はペーパードリップが好きなんで、あんまりフレンチプレスを使いませんが、この記事を作るために久しぶりに飲んでみました。

IMG_4983

フレンチプレスとコーヒーの粉以外に用意するもの(あれば便利なモノ)
茶こし、バースプーン(ロングスプーン、お好み焼きスプーンでも可)

茶こしはフレンチプレスからコーヒーをカップに注ぐときに茶こしをつかって2重漉しをすると、若干ですが、液体のざらつきが緩和されるように思いました。あと最後カップに残るドロッとした粉ですが、多き粉の粒は排除できます。面倒ですがオススメです。

IMG_4981

 

あと抽出が終わって洗うときにも、茶こしがあれば、茶こしを使って台所の排水官に流れないよう中の粉を捨てることができますので、セットで持っておくと便利だと思います。

 

あとロングスプーンは、これも抽出が終了し、洗うときにフレンチプレスの底に溜まったコーヒーの粉をかきだすのに非常に便利です。

フレンチプレスと茶こしとロングスプーン これはトリオで考えていたほうがいいかもしれませんね。

 

エピローグ

フレンチプレスでコーヒーをいれると、写真のように必ずカップの表面に油が浮きます。
ペーパードリップではあまりないことなので見慣れないと思いますが、この油がコーヒーオイルと言って、フレンチプレスの醍醐味でもあり、美味しさでもあります。

IMG_4982

 

このオイルはペーパーやネルですとそれに吸われてしまうのですね。
フレンチプレスは直に抽出し、カップに注ぎますので油分もそのままカップに注がれます。
この油分があることが、味においてペーパーやネルと違いになります。

 

僕はこのフレンチプレスで、エチオピアモカ・イルガチャフィの中焙煎を飲むのが好きです。
とっても個性(キャラクター・フレーバー)がキャッチできておもしろいんです。

 

よければ参考にして飲んでみてくださいね。
それでは、また。

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーとミルクの相性学

関西ではコーヒーに入れるミルクをフレッシュと言いまして、フレッシュと言って通じなかった時に???とな

記事を読む

芦屋でカフェがオープンします!

先日の月曜日、友達がカフェをオープンするのでコーヒーの事などを教えて欲しいと言うことで、よっしゃーま

記事を読む

陶器とプラスチック、どっちのドリッパーが良いの?

昨日はお休みで、家族で高槻天神さん 上宮天満宮へお詣りに行ってきました。 上宮天満宮の本殿は小高い

記事を読む

コーヒーに入れるミルク どれが美味しい?

今までは仕事に関する時間の問題は、自分が納得いくまでやる、でした。 自営業なので、時間配分は自分で

記事を読む

しまこーひー夏の陣 アイスコーヒー達が出揃いました!

プロローグ さてさてさて、関西は梅雨入りしぼちぼち夏モードになりました。それにあわせて島珈琲の夏の

記事を読む

no image

珈琲が深まる

 エスプレッソマシンを使い出して 約3ヶ月くらいが経つ エスプレッソに関しては今まで 経験

記事を読む

no image

cafe Beとは

 はじまして こんにちは 店長のしまこーひーです あなたのハートをキャッチするコーヒーを焙

記事を読む

ドリップの極意のうちの一つ

極意なんて書くと、柳生新陰流の必殺剣みたいな、なんかスゲー技なのかと思わせてしまうのですが、先にすみ

記事を読む

朝・昼・晩 それぞれに適しているコーヒーってどれ?

プロローグ こんにちは!焙煎アーティスト島規之のブログへようこそ。 さて、今回の記事はご質問があ

記事を読む

深焙煎と中焙煎 同じグラムでも見た目の量が違うのはなぜ?

こんにちは!焙煎アーティスト 島規之です   昨日はお休みを頂き 家族と友人の

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲のデカフェの豆が最近また人気

今日は日曜日。 日曜日は大阪・豊中にある岡町本店の営業日。  

深焙煎と中焙煎 どっちが人気があるのか?

昨晩は、障がい者支援施設とコラボカフェ、カフェBeで打ち合わせでした。

毎朝、焙煎してフレッシュなコーヒー豆をお届け

最近、娘の気になることは、お店のオープンが10時なのに、なぜ僕が朝早く

お店独自の味わいはどう作られているの

先日、5月に行われる「短パンフェス」という、イベントの出店面接を受けさ

コンビニコーヒー、カップコーヒーに味わいの差があるのか

昨日は臨時休業を頂きまして、エクスペリエンスマーケティング塾、略してエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑