*

何を信用していいのか、わからない

プロローグ

コーヒー屋はお山の大将である。これが僕のひとつの持論なのですが、何でそんなことを唐突に言うのかというと、昨日お客様に相談されたんですね。
「何を信じていいのかわかりません。」

 

ご質問はコーヒーの粉の量についてだったのですが、コーヒー1杯分につき10グラム または8グラム、12グラム、15グラムなどなど 本を読んだりコーヒー屋さんで聞いてみるたびに違うことを言われる とのことでして、それで「何を信用していいのかわからないんです」と聞かれました。

 

うんうんわかるその気持ち。僕もいろんな本を読んで同じように思った事がありました。

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

 

IMG_4344

お山の大将とは

自分の考えが一番だと思っている人 と説明すればいいでしょうか。つまりコーヒーにおいて持論を持っている人がお店をやっているわけなんで、味の思考も違えば焙煎方法もと違うし、粉の挽き方も違う。
コーヒー屋さんもいわば、料理人と同じなので味の作り方に自分のやり方を持っていて、それを主張します。
よって本を書いた人、それぞれのコーヒー屋さんにおいて、言うことがバラバラということが生じます。

 

それこそが消費者を混乱させているわけですが、マクロの視点で統一的で基本的なルールはあっても、ミクロで見たとき味の作り方にそれぞれの想いがのせられるわけで、もしミクロのところで統一化してしまうとそれこそ個性がなくなるので、ルールを統一化することはできない というところが本音ですね。

 

そうすると何を信じるといいのか

コーヒーに関わらずネットを通じていろんな情報を獲得できます、情報過多の時代です。沢山の情報を仕入れることも大事ですが、信用できる人、信用できそうな人、言っていることが自分の感性があう人、などをピックアップして、情報を仕入れるルートを少数化することが、結局近道になるのかなぁと思います。

 

情報が多く入れることはいいのですが、結果頭でっかちになることもあり、片方の理屈ともう一方の理屈をくっつけたせいで、物事のバランスが悪くなることがあります。これは何もコーヒーのことだけに言えたことではないですよね。

 

エピローグ

野球でいうピッチングで例えると、オーバーハンドスローでも、下から投げるサブマリン投法でも、横手投げでも、スリークオーターでも要はストライクを取ればいいのです。誰が正しいのではなく、そのやり方でご自身が「美味しい」と感じたならそれは正解なんです。何を信じていいのかわからない時は、まず信じたい人を絞り込むことが早道になると思います。

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

これを知ると島珈琲のブログを10倍楽しく読める

基本的に僕のブログはコーヒーの事をメインに書いています。   お客様から質問の

記事を読む

今、ドリップコーヒーはペーパーが主流なのか、それとも金属系なのか

プロローグ さて、今回もご質問コーナーなのですが、とうとうお客様からではなく、初めての方からメール

記事を読む

コーヒーを淹れるお湯の温度

 たまにはコーヒー屋らしく コーヒーの記事を今日は コーヒーを入れるお湯の温度はいったい何

記事を読む

エスプレッソのコーヒー豆は苦いの?

確定申告の時期が近づいてきましたね。   先日、税理士さんといろいろ話をしてい

記事を読む

人は結局 迷いながら生きている

くどいですが今月の15日 1ヶ月ぶりに休日を とれるとあって 目の前にゴールが見えると 疲労感と

記事を読む

薫るアイスコーヒーを作ろう!

プロローグ アイスコーヒーが薫るというと、「ん?」ってなりますよね。 コーヒーの香りはどちらかと

記事を読む

コーヒーの香り 香りの良さは何で決まるの?

コーヒーの香りはリラックス効果がある コーヒーの香りにリラックス効果があるのと聞かれれば、科学的な

記事を読む

ドリップの時にプックーと膨れるのは、技術ではないというお話

昨日はMBSの番組の取材がありました。   catch!!という45秒の番組で

記事を読む

コーヒー豆は軽減税率が適用になります!

店頭でお客さんとお話していると、コーヒー豆は食品に分類されるので、軽減税率が適用されることをご存知で

記事を読む

研ぐ

 いつも思う事は コーヒーの味覚だけを研磨するのでなく 美味しいといわれる料理店の料理やお

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
焙煎中にイメージしているのはこんなこと

僕の中ではコーヒーの焙煎って、皆さんに分かりやすく例えると野球のボール

コーヒー豆・粉を保存する時に注意すること

昨晩は友達と忘年会。 実は僕、牡蠣が食べられないのです、が、今回は牡蠣

まずはウェブから!価格を内税表示にします

最近、娘が将棋にハマっています。 昨晩も一局指しました。  

教えるとは教えられること

昨日は高槻芥川町にある食のセレクトショップ&カフェ テマヒマさんで、ワ

やっぱり質問が多いのはコーヒー豆、粉の保存方法

店頭で販売する楽しさは、お客さんと会話すること。 だいたい天気や気候の

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑