*

コーヒーシロップ焙煎物語 ~無糖スィートメモリー~

プロローグ

懐かしい痛みだわ ずっと前に忘れていた
でもあなたを見たとき 時間だけ後戻りしたの

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

苦いけど甘い あの時の思い出のような味わい。そうです、この季節がやってきました
あいつが帰ってくる そうです、島珈琲オリジナル コーヒーシロップ無糖がカムバックします!

 

島珈琲のプライベートブランド(独自の商品ね)の中でも、支持率が圧倒的に高いコーヒーシロップ無糖の仕込みを本日完了しました。夏春限定のこの商品 今日はこの製造物語をいつもより写真多め 言葉少なめでお送りしたいと思います。

 

なぜ春夏限定なのか

夏場に欲しくなる商品なので冬場は販売量が少なくなります。1回の製造がワンロット252本なので、「冬売れなくて余ったらどうしよ」と小心者の僕、ビビって作れないというところが実のところ本音です。営業努力たりませんね、はい。
通年、販売できるようにがんばります!

 

コーヒーシロップ製造物語

コーヒーの焙煎です。
コーヒー生豆48キロをアイスコーヒーくらいの深焙煎にします。焙煎後は38キロになります。
4キロのコーヒー生豆を12回焙煎します。焙煎するのはコーヒーシロップ用オリジナルブレンドです。
01d656d6548a9e4a2d09b1da310c46aca7c67a5b28

 

コーヒー豆を226℃から227℃まで上げて行き、窯出しをします。

 

01dd0489c1fcc790d06e8a280cc5cde7048f6d6ae9

 

01dbce52f48385a53f6da1fafa9826bbefc16efec9

 

アイスコーヒー用と同じなので、真っ黒ですね。フレンチローストと呼ばれる焙煎度合いです。

01fcba3aa3c286d0ec8b2595fa6074cd3dddc0f3f3

 

焙煎中は深煎りになると、ものすごい煙の量なのでアフターバーナーという煙を焼き臭いを消す機械を設置しています。焙煎機の熱とアフターバーナーの熱で店内はかなりアツくなります。冬はいいですよー

 

01d1c47df43ce5dc378d20f31372f900de51c2023d

 

48キロ分のコーヒー生豆は焙煎によって、38キロおおよそ20パーセント減量します、水分が飛んでしまうからなんですね。このまま1週間寝かします。

 

コーヒーシロップを作るときにコーヒーを抽出する作業があるのですが、38キロの粉にしたコーヒー豆を圧力をかけて濾過していきます。1週間寝かすのは圧力をかけた時に、コーヒーの豆はガスを含んでいるのですが、圧力をかけたときそのガスが反発してしまうので、寝かすことによりガスが落ち着かせて抽出させやすくする つまりうま味を最大に出すことが寝かす目的です。

 

0182d5e9c113eac7258d7a571de2346ff65b688fc1

 

写真は加糖のコーヒーシロップですが、そうしてビンにのコーヒー濃縮液として詰められて帰ってきます。おかえり。4倍の牛乳で薄めて飲むとびっくりするほど美味しいコーヒーシロップ。カンタンに美味しくつくれるのが人気の秘密です。

 

エピローグ

岡町本店の営業分も合わせて約60キロの焙煎をすると、コーヒー豆についている薄皮 チャフと呼ばれているものですが、分離器で分離されたボックスにパンパンになります。これは畑の肥やしになります。

 
01b5cfe0c9719362be9408371d2d39878b423e47f9

 
ということで今回はざっくりとコーヒーシロップの仕込みの流れを書いてみました!

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

コーヒーシロップ無糖 7/14より通常発送となります!

昨晩は家族会議でした。 娘の夏休みの計画を家族で立てていました。   7月8月も島珈琲は特

記事を読む

手挽きミルの挽き目の調整のやり方のコツ

前回のブログで書きました、通販における送料の値上げの件。   一晩考えました、

記事を読む

コーヒーの味わいのチェックはどうしているの?

今日、舞鶴のお客さんにお電話をかけ通販のご注文の確認をしたあと、電話の先からこう言われました。

記事を読む

コーヒー豆の種類を増やしたい

 コーヒー専門店として はやりいろいろなコーヒー豆をおきたい お客様も選べる楽しみがふえる

記事を読む

ドリップとドロップ

先日、このブログを読んでくださっているお客さんから、あのコーヒーマシン実は島さんが一番楽しんでますよ

記事を読む

コーヒーの「美味しい」を作るのに一番大事なことは、焙煎機のメンテナンスと考えてます

昨日、家族の会話の何かの流れから、僕が寅さんの歌を歌ったのです。 どうせおいらはやくざなアニキ~わか

記事を読む

1日どれくらいのコーヒー豆の焙煎をしているの?

プロローグ 朝、高槻店や岡町本店に到着すると、まず一番初めに行うのは神棚の水を取り替え、手を合わし

記事を読む

今年のコーヒーシロップ無糖の販売は終了しました

今回はお知らせが2つ。 まずは消費税増税について。   以前にもお知らせしましたが、10月

記事を読む

教えて!島さんのおすすめの手挽きミルを

昨日はお休みでした。 午前中は法務局や日本年金機構などに行きまして、いろんな手続きや説明を受けてき

記事を読む

ただただ信じてやってみる

高槻店は、この五月に喫茶コーナーを終了しました。 現在は椅子をそのまま置いているのですが、コーヒー豆

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
パンチング

最近、ブログのタイトルをあまり考えないようにしています。 タイトルで、

岡町本店がなぜ日曜日だけの営業なのか

島珈琲には岡町本店と高槻店と2店舗あり、そして姉妹店というか協力させて

一時的に高槻店に設置しました

本日、そして明日と発送が沢山となっております。 島珈琲ではホームページ

新価格は5月23日月曜日からスタートします

岡町本店に設置するために新しく購入したコーヒーグラインダー、コーヒーミ

若さとは

月曜日は定番の毎朝のツィート「よし、ゆこう」シリーズからテーマを取りエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑