*

ちょっと知っていると便利 コーヒーギフトを選ぶときに役立つ簡単なこと

プロローグ

島珈琲を開業してからもうすぐ13年になります
最初の頃はギフトはあまり力をいれておらず 力を入れられなかったのは実はギフトを考えたり 包装したりすることが苦手だったからです

IMG_4066

でも お客様から島さんのコーヒーを贈りたい と言われれば僕のハートに火がつきますよね
僕が渾身こめて作り上げた手作りコーヒー 贈る人も贈られた人もハッピーになるように 試行錯誤しながら今の場所に来ています

 

そんな中 贈るのに何を選べばいいのか?がよく分からない とご質問をよく受けますので 今回はギフトを贈る際ちょっと知っていると便利な知識を書きたいと思います
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

 

男女性別年齢別のざっくりした味覚の傾向がある

これは僕が経験して感じたものなので すべてに当てはまるのかどうかは自信ありませんが コーヒーでいうと

・男性は濃い味・苦味があるコーヒーが好きが多い
・女性はさっぱりしている味わいが好き
・男女ともに歳を重ねていくと だんだん薄味が好みになる
・したがってご年配の方はあっさりしたライトな味わいのコーヒーが好き
・男女問わず タバコを吸う方はだいたい濃い味が好きな傾向があります

 

あと男性と女性の決定的な味覚の差があります
基本的に苦味と酸味は食物における危険信号の味ですよね コーヒーは別ですが食物に苦味や酸味があるということは腐敗しているものとし普段は警戒しますね

 

女性は子供を育てる役割から 子供を危険な食物から守るために危険信号である酸味や苦味において 男性よりも鋭くキャッチする味覚を持っています 遺伝子的なモノですね ですから女性の方が酸味や苦味においての味覚は敏感です
酸味や苦味も優しい方が好き という女性が圧倒的に多いです

 

ギフトを選ぶとき

上記のことを参考にして 濃い目のコーヒーかあっさりマイルドなコーヒーを中心にするかを選んでください
贈る人が家族や夫婦の場合がありますよね そんなときは僕の経験から言うと 旦那さんが濃い味が好みの場合 濃い味のコーヒーを作って 奥様は牛乳をいれて飲むという「旦那さんの濃い味にあわす」というのが最も多かったです
ですから 濃い味が70%くらいマイルド30%くらいの比率でギフトの内容を作ってもらうとよいと思います

 

エピローグ

お店によっていろいろ選択できるところもあれば あらかじめ決まってしまっていて選べないところもありますが 「若い夫婦でしっかりした味わいで苦味のあるコーヒーが好みで 3000円くらいのギフトがほしいんですが」と店員さんに言えば スムースに会話が進むかなぁ なんて思います
分からないときは僕に相談してみてください 笑

 

今日はギフトの選び方について書いてみました 参考になれば嬉しいです

 

いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

コーヒー器具は個人のコーヒー専門店で買う方が良いのでしょうか

先日、家族で晩ご飯を食べながら、娘に大きくなったらどんなお仕事をしたいの?と聞くと、娘は「お父ちゃん

記事を読む

当たり前は「当たり前でない」事に気づく時

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 昨日は僕のスマートフォンに速度規制が12時間

記事を読む

フレッシュな香り マンデリンが新豆に変わります!

かれこれたぶん10年以上、ブログを書いています。 今のようにほぼ毎日ではなかった時もあったのですが

記事を読む

ドリップするとき、お湯をポタポタ点滴のように落とすとどうなるか?

プロローグ 前回の続きのような記事になりますね。 コーヒーをドリップするときにお湯を細めの線のよ

記事を読む

これを知ればブレンドの楽しみ方が広がるお話

今日2月25日、そして明日の26日は高槻天神祭です。   毎年2月25日26日

記事を読む

結婚記念日には花束を

そんな粋なことはできませんでしたが嫁さんと二人でちょっと贅沢なディナーに行ってまいりました僕と嫁さん

記事を読む

島珈琲のコーヒー豆たちをバンドで表現してみたら、こうなった

プロローグ 今月は島珈琲オリジナル・リキッドアイスコーヒー「フルーティなアイスコーヒー」300本分

記事を読む

no image

ストライクゾーンとコントロール

 就労移行支援で毎日2時間 施設側のプログラムとして コーヒーのたてかたを指導している 彼

記事を読む

やっぱりコーヒーは楽しいよ 身体のどこを切ってもコーヒーブラウンの血が僕には流れている

こんにちは 身体のどこを切ってもコーヒーブラウンの血が流れている 焙煎アーティスト 島規之です!

記事を読む

コーヒー教室だったのだ

 今日はお昼から お客様からご依頼がありまして コーヒー教室を開催しておりました いつも思

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
若さとは心の状態

本日は定休日ですが、明日、高槻店が臨時休業ですので、ブログを今日書くこ

「口コミの基」は、お店が作るもの

次の3月で島珈琲は開業して17年、18年目に突入します。  

12月11日(火)高槻店は臨時休業です!

さてさて臨時休業のお知らせです。   12月11日火曜日は、エクスペリ

コーヒーはスープだった

ちょっと何か変わると、困ってしまいますよね。  

2018年年末年始の島珈琲の営業はこうなります

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。 各店舗 年末年始のお知らせ

→もっと見る

PAGE TOP ↑