*

来た!商社さんからの謎のサンプル の巻

公開日: : coffee

昨日の午後、郵便局員さんがレターパックです!と。
この暑さのなかで、運送のお仕事をされている方はほんとうに大変だと思います。

 

できるだけ明るく返事して、ありがとうございます、と荷物を届けてくれたり、集荷してくれる方にお声をかけるようにしてます。
気温の高い外、冷房の効いた部屋、そして車の中、出入りが頻繁なので気温差でも身体はつかれるはず。

 

何もできんのだけど、声をかけたりありがとうと感謝の言葉をかけたりは出来るはず。
それでちょっとでも疲れを拭ってもらえたら、そんなことを思ってます。

 

僕自身も運送屋さんでアルバイトで事務や補助をしたりしたので、そのしんどさもわかるのでね。
さて、その届けてくれたレターパックにはコーヒー豆のサンプルが。

 

取引している商社さんが送ってくださったのですが・・・

 

 

あれ?頼んでないのになぁ

 

グァテマラで生産されたコーヒー豆、3種類にそれぞれ農園名が書いてある袋が、レターパックに。
あれ?おかしいなぁグァテマラは今年も「ジャスミン」という銘柄を1年分取り置きしてもらうつもりなのに。

 

メモや伝言もなく、謎なのである。
カミさんと頭をかしげながら、まぁっ、きっといい豆入ったからどうですか?ってことやと思うし、そうやとしたら早いもん勝ちやで。

 

ならば、とにかく3種類をすぐテイスティングしよう、ということで早速その3種類のサンプルをドリップで淹れました。

 

カミさんはこうしたサンプルの本格的なテイスティングは初めてでした。
カミさんにテイスティングで必要なことを伝えたのですが、参考になるかもと思い、今回はそれを書いていきますね。

 

テイスティングは僕たちプロの中ではカッピングと呼んでおり、ハンドドリップではなく、粉に沸騰させたお湯をそのままかけ、3分経過した後、液体の上に浮いた粉を取り除き、カッピングスプーンを使い味わいをチェックします。

 

これは生豆を買い付けする時にする方法なのですが、僕の場合はご家庭で楽しむお客さんのためのテイスティングなので、ハンドドリップして、カッピングスプーンという道具を使わずにチェックをします。

 

まずは香りのチェック、豆の状態で、そして粉にしてから、お湯をかけた瞬間、そして飲む前、冷めてきた途中、とそれぞれに香りの強さと変化をチェックします。

 

まぁ僕くらいになると(って斜め上からやなぁ笑)、粉にした時の香りで自分の好みかどうかがある程度判断出来ます。
これは経験がなせる技です。

 

3種類のうちの1つ、香りから僕の好みの味わいであるグァテマラがありました。

 

そして変化をみる

3つのグァテマラをドリップして、淹れてすぐを味わい、ちょっと冷めてから味わい、そして更に冷めてから味わい、もひとつ冷めたから味わう。
このことをカミさんに伝えて、一緒に味わいの変化を見ていくと、コーヒーが冷めていくその温度変化によって、味わいもガラッと変えていき、カミさんもびっくりしていました。

 

特にこうして、飲み比べしてみるとよくわかるんです。

 

温かい時に飲んだ時に感じた旨味が、冷めた時には別の味わいに、そしてまったく見えなかった味わいが冷めた時に見えたり。

 

温かい時にはいい印象だったけども、冷めると評価が変わったりするものも。

 

今回謎のサンプル3つのなかで、香りが好みだと思ったものは味わいも僕の好みで、グァテマラらしく、島珈琲のお客さんにもきっと喜んでもらえるいい味わいのものでした。

 

明日、商社さんに謎にしている意味を聞いて、もし買い付けできそうでしたら、それを購入してもいいかなぁと思ってます。
今回はカミさんも、もちろん僕も味わいの勉強になってよい機会でした。

 

こうしたことを繰り返していくと、ブラジルらしい味わいとか、グァテマラらしい味わいだとか、訓練したものだけに見えてくるコーヒーの世界が広がるのですね。
この訓練して身に付けたものを、いかにしてお客さんの喜びの為に生かすか、これが僕たちの仕事でもあります。

 

皆さんにも、今回テイスティングした、この美味しさをお届け出来たらいいなぁと思い、もし買い付けになることになったら、このブログでご報告しますね。

 

それでは、お楽しみに。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

まとめ・ペーパードリップとフレンチプレスの違い

プロローグ 島珈琲のお客様を見ていると、ペーパードリップ(コーヒーメーカー・ハンドドリップ)かフレ

記事を読む

夏男

  で 暑さに強いと男と自称しておりましたが 最近 疲れがぬけずに 少しグロッキー気味な島

記事を読む

昨夜の「アイスコーヒー塾」大盛況でした!そこで得たヒントから新たなメニューを増やそう!

プロローグ 昨晩は今年2回目のアイスコーヒー塾っを開催しました。アイスコーヒー教室と言った方が伝わ

記事を読む

コーヒーの「美味しい」を作るのに一番大事なことは、焙煎機のメンテナンスと考えてます

昨日、家族の会話の何かの流れから、僕が寅さんの歌を歌ったのです。 どうせおいらはやくざなアニキ~わか

記事を読む

それ行け グァテマラ!

 グァテマラにはこだわる島珈琲 アンティグア地方のエルパジェ農園から チマルテナンゴ地方の

記事を読む

味わいつくりは煙突の先まで

連日、焙煎機のメンテナンスが続いております。   今までは一気にメンテナンスをしていたので

記事を読む

コーヒーシロップ焙煎物語 ~無糖スィートメモリー~

プロローグ 懐かしい痛みだわ ずっと前に忘れていた でもあなたを見たとき 時間だけ後戻りしたの

記事を読む

島さん!!これで子供が牛乳を飲めるようになりました!

プロローグ 「これを使って牛乳を飲ませたら、牛乳嫌いな息子がガブガブ飲み始めたんですー ありがとう

記事を読む

ドリップバッグの試作はこうしてつくられる物語

プロローグ 出版するコーヒー本の原稿見直し、修正が思うように進まない。 僕は今年で41歳になりま

記事を読む

こんな時に便利!なコーヒードリップバッグ

昨日はお休み、午前中はフリーだったので図書館に行ってきました。 こちらのツィートをどうぞ。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
来週は焙煎機メンテナンス週間にはいります!

娘は小学3年生になりました。 ついこの間、幼稚園に通っていたと思ってい

タンザニアとキリマンジャロ

島珈琲株式会社は4月が決算月。 5月から新年度となります。  

今週はコスタリカとエチオピアモカです

最近は、発送のご注文、通販ですね、がドカッとある時、ピタッとない日、と

目指すのは、安心して任せられるお店

ニュースはYahoo!ニュースをよく見ている僕です。 ニュースだけでは

紙の保管には気を付けて

気をつけて、という言葉を見て、いつもオフコースの歌を思い出すのは僕だけ

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑