*

粉の挽き目で変わるコーヒーの味わいの濃さのお話

公開日: : coffee ,

実は時代劇が割と好きで、今はあまり見ていないですが以前はよく見ていました。

 

と言っても比較的新しい時代劇ですね、好きだったのは北大路欣也の「子連れ狼」「隠密奉行 朝比奈」それから役所広司の「三匹が斬る」この辺は今でも頭に残っていますね。

 

役所広司のちょっと乱暴な太刀さばき、北大路欣也の重く鋭い太刀さばき、それに斬られる素浪人たち。
斬られ役では福本清三さんが有名ですね。

 

その斬られ役というのに憧れを持っていて、素浪人が好きなんです。
それで素浪人みたいな髪型、ロン毛ですよね、にしたいなぁと奥さんに言うと、えっという顔をして即却下になりました。

 

ということで、伸ばしていた髪の毛を自分で切り、僕ね自分でスキばさみで散髪するんですよ。
僕のハサミによって髪は切られました。

 

という、切る・斬るにちなんだお話でした。
本題に入ります、こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

コーヒーの豆をカットする

 

ということで、コーヒー豆も切る・カットするの話ですね。

 

コーヒーの豆をどうしてカットして粉にするのか。
豆と粉と表面積で比べるとどうでしょう、もちろん粉の方が表面積は大きいですよね。

 

大きくなることでお湯との接触面積もまた大きくなるので、コーヒーの成分がより抽出されやすいから、だからコーヒー豆を粉にするんですよね。

 

粉にするとき、その粉のサイズを「メッシュ」という言葉をプロは使いますが、挽き目または挽き具合には、粉の大きさ、サイズがあります。

 

粗挽き・細挽き その真ん中の中挽き。
この3つがよく使われる言葉ですが、だいたい家でペーパードリップで使われているのは中挽きまたそれよりちょっと細挽きに近い、中細挽きと呼ばれる挽き具合です。

 

その挽き具合によってどう味わいが変わるのか、続けますね。

 

表面積が大きくなれば味わいは濃くなる

 

細挽きというのは細かく粉にされた状態をいいます。
極端ですと、パウダー状になっているものですね。

 

細挽きにするということは細かく挽くということで、つまり表面積は大きくなっています。
先ほど書きましたように、表面積が大きいほどお湯との接触面積が大きくなるので、コーヒーの成分がよく抽出されて濃い味わいになります。

 

同じ10グラムで同じコーヒーの銘柄をそれぞれドリップした時、濃い=細挽き マイルド=粗挽き いい塩梅=中挽きとなりますので、一般的には中挽きが多用されています。

 

但し器具の特性や、味わいのお好みがありますので、それに合わせて挽き方を変えていくとまたコーヒーの楽しみも増えるかと思います。

 

コーヒーの味わい左右するものは、コーヒー豆の銘柄・焙煎度合い・粉の挽き方・コーヒー器具の違い・淹れ方、ざっと思いつくモノだけを並べてもこれだけありますし、これ以上あります。

 

その中で粉の挽き方でも味わいが変わること、頭に入れて置いてもらえたらなぁと思いブログを書きました。
コーヒーって面白いですね。

 

それでは。
いろんな挽き方を試して、楽しんでくださいね。

 

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

no image

プロとは

 どんなときでも  いつも必ず90点以上の味で コーヒーをいれれること と コーヒーをた

記事を読む

生産国によって違うコーヒー生豆のいろ

本日は月曜日はお休み。 高槻店は定休日、岡町本店は日曜日だけのお店なので日曜日以外は定休日。 &nb

記事を読む

深煎りコーヒーが脳の健康によい、らしいのです!

私、島規之は来年で44歳になってしまいます。   小学校の時から友達と話すのは

記事を読む

ブレンドの立役者

本日は定休日ですが、高槻店の改修工事のためお店に来ております。 朝9時くらいから職人さんが来られ、ス

記事を読む

いつも飲むコーヒーの味わいは体調のバロメーター

僕は夏生まれなので、夏に強い、暑さに強い、と思っていましたが、そうではなくなってきたのか、それは歳せ

記事を読む

取っ手(持ち手)のないカップは美味しく感じるというのは本当か?

ブログを書いていて、思うことがあるのです。 序破急で構成しまして、今この部分が「序」になるわけです

記事を読む

コーヒーを淹れるのに一番難しいと思うところはどこ?

昨日は娘の幼稚園の入園式でした。 年中さんで、今日から幼稚園がスタート。  

記事を読む

コーヒーの美味しさでわかる体調良し悪し

月曜日が僕自身のお休みでしたが、今回の地震でカフェBeのスタッフが影響を受け、他のスタッフと僕と、み

記事を読む

通販の発送で島珈琲が心がけていること

以前は通販の取り扱いは言うほどでもなかったのですが、エクスマ塾へ行き、マーケティングの師匠 藤村正宏

記事を読む

初めて購入するミルは、電動?それとも手回し?どっちがいい?

さて、今回はお客さんから頂きましたご質問にお答えする、ブログ内容です。 先日、お客さんからミルを購入

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
続けようと思うことは、まずハードルを下げてから始めること

高槻店も岡町本店も賃貸です。 月々家賃をお支払いしております。 &nb

コーヒー豆をプレゼントしたい時、こんなふうにアドバイスしております!

島珈琲でお取り寄せ、通販ですね、や業務用の卸、BtoBですね、のお支払

農家さんはえらい!美味しいを作るのは良い原料だからこそ

ブログを続けていて良かった、と思う一つに、感性を磨けるから、というのが

500gパックはリーズナブルな価格ですが・・

コーヒー豆を入れる豆袋。 これを今、新しいものに変更するため、デザイン

毎日、毎朝、コーヒー焙煎はいつも朝に

この間の暑さが嘘の様に、ここにきて朝晩がかなり涼しくなった高槻です。

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑