*

カプチーノの美味しさはミルクにあった

プロローグ

もちろんカプチーノに入るエスプレッソも美味しいからカプチーノが美味しいわけですが、今回はカプチーノのミルクにスポットを当ててお話を進めて行きますね。

 

僕はエスプレッソにはそれほど詳しくありませんが(プロなので勉強はしていますが、焙煎の事ほど詳しくない、という意味で)、美味しいに続く「お客さんの笑顔」を求めていろんな事を追求するのがプロですよね。

 

今回はカプチーノのミルク、こんなふうに工夫し美味しさを追求していますんで、皆さんに知ってもらい知ることでもっと喜んでもらいたいですーということを書いていきますね。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

カプチーノとは

30ccのエスプレッソにスチームドミルクを約140cc注いで出来上がったものです。
スチームドミルクとは、スチームで温めたミルクなのですがそこに空気を混ぜ込んで泡をつくる、泡のあるホットミルクのような感じです。

 

img_3960

 

カプチーノのミルクはだいたい65℃くらいに温めます。
65℃ってぬるくない?そうですよね、ややぬるいですよね。

 

お酒で言うぬる燗のような温度ですね。(ちょっと違うかな)

 

なぜ65℃くらいなのかというと、牛乳の甘みがよくでる温度帯だからです。
味わいでいうミルクの最高のところなのですね。

 

なのでカプチーノの出来上がった温度はぬるいです。
ただお店によって「ぬるい」というご指摘を受けて熱めにしているお店もありますが、島珈琲そしてカフェBeでは65℃前後で提供しております。

 

エスプレッソの苦味とミルクの甘みが絶妙なハーモニーを醸しだすから。
「美味しい」の笑顔のある温度帯。

 

ミルクの泡

カプチーノのミルク、先にも書きましたが「泡」があります。
この「泡」が美味しいと笑顔をより深めるわけですが、作る時にあることをしています。

 

さてなんでしょう?

 

はい、それはですね、温めながらミルクに空気を混ぜ込んで泡を作り、その泡を細かく細かくしていくのですね。

 

細かくするとは=口含んだときにシルキーなきめ細かい泡の舌触りがあるんですね。
これが更にカプチーノを美味しくし、笑顔を深くしてくれます。

 

これにはテクニックがいって、温めるのは一瞬の作業ですが(業務用のマシンだと30秒くらい)この間に泡と泡をぶつけてより細かくことで、その舌触りが生まれるのです。

 

温めるときに泡同士をぶつける流れをピッチャーの中で作り、約30秒の間で完了するというテクニック。
これがあるからミルクの泡が、このようにスプーンを傾けても落ちないくらいの粘度を持つようになるのですね。

 

img_3961

 

これをエスプレッソが注がれたカップに上手く注ぐと、貴方の笑顔が深まるあのカプチーノができる、というわけです。

 

エピローグ

これを読むとカプチーノってなんだか、ドラマチックだね!なんて思いませんか(笑)
僕のお店、島珈琲高槻店、そしてカフェBeではカプチーノにそんな想いを持って作っています。

 

そろそろカプチーノが美味しい時季になってきましたね。
よろしければ店内でどうぞ。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0184

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーの苦味 目指す味わい

娘が一度映画を気に入ると、もう何度も見るのですね。 終わったかと思うと、また巻き戻して見たり。

記事を読む

コーヒーを淹れるお湯の温度

 たまにはコーヒー屋らしく コーヒーの記事を今日は コーヒーを入れるお湯の温度はいったい何

記事を読む

やっぱ新しいほうが美味しいねん

プロローグ 今朝 上宮天満宮にお詣りし 神棚にあった去年のお札をお返しし新しいお札を頂きに行き

記事を読む

検証!!とっての無いカップ(器)で飲むと美味しくなるってほんと?

昨日 日本知的障害者福祉協会さまから  毎月発行されて全国に配布されている月刊誌に  原稿の依頼があ

記事を読む

コーヒーの酸味とパインアメ

コーヒーは基本的に酸味と苦みで表現される大人の飲み物。   酸味と苦みとは本来

記事を読む

職人として あるべき心を考えた

お盆が過ぎてから 朝がとても過ごしやすくなっている と感じているのは僕だけでしょうか? 高槻店にくる

記事を読む

ドリッパーは陶器製か プラスチック製か どっちがいいの?

さて 今日はペーパードリップにおいて使われるドリッパー 紙を敷いて濾すあの道具ですね それが陶器製の

記事を読む

なぜブルーマウンテンを置いてないのですか?

こんにちは 焙煎アーティスト 島 規之です 先日 「コーヒー豆専門店なのにブルーマウン

記事を読む

ドリッパーの違いで何が変わる?

さて今回は ドリッパーの違いで味がどう変わるのかを記事にしたいと思います こんにちは 焙煎アーティ

記事を読む

コーヒーメーカーを置く場所がない!そんな時のコーヒー器具は?

プロローグ クリーニングのことを聞いたらなんでも知ってる、大阪吹田のクリーニングISEYAのクリー

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
カフェで使うコーヒーの味合わせを考えたとき

昨日は、今秋オープンするセレクトショップ&カフェ テマヒマ さ

前号ハワイ・コハラ・アラビカでお話しした「在来種」って何?

昨日はカフェBeが夏休みで、高槻店が終わったあとレジ締めに行く必要がな

あの、あの素晴らしいコーヒー豆が入荷するかもしれません!

僕がハワイ島のコーヒー農園へ、コーヒー栽培のお仕事に行ったのは、200

今、25年前のコーヒーの本が教えてくれること

日曜日は高槻店は定休日。   高槻店はJR高槻駅

手挽きミルの挽き目の調整のやり方のコツ

前回のブログで書きました、通販における送料の値上げの件。 &nb

→もっと見る

PAGE TOP ↑