*

なぜブルーマウンテンを置いてないのですか?

公開日: : 最終更新日:2014/12/06 coffee, 焙煎アーティスト ,

こんにちは 焙煎アーティスト 島 規之です

IMG_9146

先日 「コーヒー豆専門店なのにブルーマウンテンは置いてないんですね?」
とご質問いただきました

はい 置いておりません

それはなぜか? 高いから 笑

 

ここから書くブルーマウンテンについての事は あくまでも僕の見方・考え方なのでコーヒー業界やブルーマウンテン取り扱っているお店をどうのこうの云うものではありませんので そこのところ誤解のないよう よろしくお願いします

 

ブルーマウンテンは 島珈琲の標準的な豆の仕入れ値にくらべ 約5倍から6倍になります 仕入れるのがヤダ・高いから買えない ということではありません

 

僕の中で 「その価格が納得できない」というのが一番の理由かもしれません
ブルーマウンテンは高価な珈琲で その価格から高貴な雰囲気を醸し出し 昔云われた「王室ご用達」なんて聞けば更に気分は高まりますよね 雰囲気で飲むならそれでいいと思います それを否定はしません

 

ただ その味と原料の価格が釣り合っていない とずっと思っています
僕はブルーマウンテンの最良品を飲んだこともあります それはほんとに美味しいものでした
でも 自分の中で価格に対し「ん?」というのがありました 高すぎるんです

 

自分が「高い」というものを売るわけにはいきません
ただそれだけです

あと島珈琲の場合 ストレート(シングルオリジン)とブレンドがあります
聞きなれた言葉で話をすると ストレートはモカそのものを差し ブレンドはモカブレンドなどですね

 

ブレンドはある豆とある豆を調合して味を作ります ストレートで出ない豆(あまり売れない豆)もブレンドにうまく調合して 全体的に見てコーヒー豆が古くならないように効率よく回転させるために 経営面を照らし合わしながらも調合を考えています もちろん味わいを最優先にしていますよ!

 

たぶん島珈琲で販売すると ブルーマウンテンは高価なのでなかなか売れない なかなか売れないからコーヒー豆はどんどん古くなる 古くなるけど仕入れが高いから販売期限がきても捨てる踏ん切りがつかない
ストレートで売るにも ブレンドにして売るにも 値段は高くなるから 回転は悪くなる・・・
(そもそも島珈琲に販売力がない・・・ということはそっとしておいてください 笑)

 

でも心の弱さに負けて「古いけど販売しちゃう」ってことに もしなれば(ありえませんが)誰が一番に損するかというとお客さまですよね
ですから そんなことが起きないように(ありえませんが) 「もう最初から取り扱わない」ことにしています 笑

 

今回は島珈琲がブルーマウンテンを扱わないの理由の話でした!ではまた!

 

ただ現在はブルーマウンテンの入手が困難な状況みたいですので どうしてもほしい!と言われても ちょっと無理ですー

 

今朝のつぶやきです♪

 

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

自分が美味しいと感じる淹れ方が大事

昨日はお休み。 午前中は家族で僕の車とバイクを洗車。   娘はホースを持ってきゃっきゃっ言

記事を読む

コーヒーメーカーで美味しく淹れるコツはあるの?

今年は例年よりも秋に入って行くのが、はやいように感じるの僕だけでしょうか。  

記事を読む

毎日、毎朝、コーヒー焙煎はいつも朝に

この間の暑さが嘘の様に、ここにきて朝晩がかなり涼しくなった高槻です。 焙煎が少し楽になりました。 &

記事を読む

コーヒー焙煎はどんな事を考えて、焙煎しているのか

プロローグ コーヒーの焙煎とはコーヒー生豆を火で(熱で)焙る作業のこと言います。 コーヒー生豆は

記事を読む

ペーパーフィルターの良し悪しの見分け方

プロローグ 2月は日数が少ないので カレンダーを見るとなんだか焦ってしまうのは僕だけでしょうか?

記事を読む

どうしてコーヒーを沢山の杯数を淹れる時、粉を減らすのか

プロローグ 毎日ブログを更新して書き慣れていても、書くのには時間はそれなりに必要です。 文字数に

記事を読む

冷めたコーヒーを温めなおす方法

娘が胃腸炎になりました。 聞けば土曜日、幼稚園の発表会があったのですが、何とか舞台には立ったけども、

記事を読む

深焙煎と中焙煎 どっちが人気があるのか?

昨晩は、障がい者支援施設とコラボカフェ、カフェBeで打ち合わせでした。 こちらのカフェは2009年に

記事を読む

ハート

 昔から 人より不器用で まず頭で理解しないと体に入っていかなく とにかく出来るようになる

記事を読む

アイスアメリカーノというアイスコーヒーを説明してみた。

プロローグ アイスアメリカーノとは?カンタンに言うとエスプレッソの水割りになります。氷の入ったグラ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
続けようと思うことは、まずハードルを下げてから始めること

高槻店も岡町本店も賃貸です。 月々家賃をお支払いしております。 &nb

コーヒー豆をプレゼントしたい時、こんなふうにアドバイスしております!

島珈琲でお取り寄せ、通販ですね、や業務用の卸、BtoBですね、のお支払

農家さんはえらい!美味しいを作るのは良い原料だからこそ

ブログを続けていて良かった、と思う一つに、感性を磨けるから、というのが

500gパックはリーズナブルな価格ですが・・

コーヒー豆を入れる豆袋。 これを今、新しいものに変更するため、デザイン

毎日、毎朝、コーヒー焙煎はいつも朝に

この間の暑さが嘘の様に、ここにきて朝晩がかなり涼しくなった高槻です。

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑