*

進化するネルドリップ

聞き耳を立てていたわけではないのですが、大学生もしくは社会人になってあまり時間の経ってない、男女のグループのお客さんが御来店、喫茶を楽しんでいたのですが、その会話がなるほどな、と思う内容だったんです。

 

あくまでも聞き耳は立ててないですからね、自然に耳に入ってきたのですからね。(笑)

 

お店には6月に家族旅行に行くので、連休しますとのご案内を立てております、こちらです。

 

 

 

で、そのグループの方は、それを見て話題になったと思うのですが、アドベンチャーワールドの歌のことで盛り上がっておられました。

 

ある方が、全てのアドベンチャーワールドの歌は感動するように計算してつくってるねんでーと。
確かに僕もアドベンチャーワールドのどの歌を聞いても、なんか感動してしまうのです。

 

感動したいからまた行きたいなぁと思うワケで、なるほどそうした考えで、感動する歌を作っているねんな、やるな!と思ったわけです。
よくできてるなー、と聞き耳を立てたわけじゃないですけども(しつこ 笑)、聞こえた話から納得していた僕です。

 

さぁいつも通り前置きが長くなりました、本題へいきますね。
こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

進化するネルドリップ

 

しかし最近のコーヒー器具の進化はめざましいですよね。
そんな器具があったのか、といろんなところで知らされています。

 

それはふとタイムラインに流れてきたSNSからの情報だったり、お客さんに教えてもらったり、たまたま見た店先だったり。

 

僕自身も知らない器具がまだまだあるのんだなぁと、情報を取っているようで取れてないこと痛感したりします。

 

今回は、お客さんから教えてもらいました。

 

ネルです、こちらの写真です。

 

 

 

 

一つ一つ手作りなんだそうです。
従来のモノと比べると、少し厚みに関しては、薄い感じを持ったときにありました。
素材はリネン生地でできていると書かれておりました。

 

それではそのネルを使った感想を述べたいと思います。

 

個人的にはネルがコーヒー器具のNo.1だと思っている

 

コーヒー抽出器具の中でどれが一番ですか、と聞かれれば迷わず「ネルです」と答える僕です。
味わいに厚みをもたらし、トロンとしたなんとも言えないコーヒーの味わいを演出してくれるのですね。

 

お店でもほんとうはネルで抽出したいのですが、今は出来てない僕です。
これについてはまたの機会に。

 

さぁこのリネンの生地でできたネルで、ドリップしてみた結果はというと。

 

下に落ちるスピードが割と速いです。
でもネルの良さは十分に出ております。

 

ネルとペーパーと中間的な味わいに感じました。
ペーパーで淹れたようなさらっとした味わいの部分もあり、ネルで淹れたようなトロンとした味わいも持ち合わせた、どっちもあるほんとうに中間的な感じでしたね。

 

ネルは乾燥させてはいけないのですね。
コーヒーの持つオイルがネルに浸透していくので、渇かすとそれがカピカピになってニオイも残り、それがコーヒーに移るからなのです。

 

このネルは一応、乾かしても大丈夫です、と取扱説明書には書いてありましたが、やっぱり水に浸して保管するか、湿らしてジップロックに入れて冷蔵庫に保管するのが良いかと思います。

 

ネルのデメリットは管理の大変さにありますが、そこをクリアできれば、本当に良い味わいを作れるコーヒー器具と、僕は思っております。

 

機会があれば、ネルにも挑戦してみてくださいね。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

3つ穴ドリッパーと円すいドリッパーの決定的な違いは何?

昨晩は家に早く帰れる日だったので、お土産にたこ焼きを買って帰りました。   た

記事を読む

アイスコーヒーを美味しくドリップする 総集編

プロローグ 芸能人が来たよーーーー!!! 昨日、芸能人の奥ノ谷短パン社長がなんと高槻店に来られま

記事を読む

ええもんをおだししたい!

  お客様にはええもんをおだししたい! いいコーヒーを仕入れたとき 見た時 お客様の笑顔が

記事を読む

ペーパーでコーヒーの味は変わるの?

以前にも書いたことですが、昨日お客さんに聞かれたので、もう一度書きなおしたいと思います。 リライト

記事を読む

味覚とは

 味覚というのは記憶であり 味覚を鍛えるのは 味覚を重ね考え 記憶を重ねていくしかない と

記事を読む

コーヒーシロップ

 今年も作りました 今年のできはかなりよいです コーヒーの持つ甘みがよくでています だから

記事を読む

家庭で使うコーヒー器具、何が一番よく使われているの?

家電量販店やデパート、それからショッピングモールなど、家族ででかけると必ず見に行くのが家庭用品売り場

記事を読む

加糖・微糖・無糖 どのコーヒーがお好き?

プロローグ コーヒーにお砂糖を入れる。 ブラックで飲むコーヒーとはまた別の顔をみせてくれますよね

記事を読む

こうしたら香りが広がる!テイクアウトのコーヒーカップにフタは本当に必要?

昨日は僕の携帯 iPhoneの機種変更に行って来ました。 僕ね、こう見えて(どう見えるが知らないけ

記事を読む

通販の発送で島珈琲が心がけていること

以前は通販の取り扱いは言うほどでもなかったのですが、エクスマ塾へ行き、マーケティングの師匠 藤村正宏

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆も生きている

昨日はお休みでした。 お昼までは少し仕事を。  

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べる

コショウについてはあまり詳しくないので、知ったようなことは書けないので

古材に囲まれてコーヒーを愉しむ

毎日が割とリラックスして過ごせるのは、これはコーヒー屋の特権かもしれな

→もっと見る

PAGE TOP ↑