*

コーヒーポットの選び方

公開日: : coffee

今日の大阪は曇り 朝の風は涼しく
日の光がないぶん暑さは少しマシな気がしますが
今年は湿度が高いように思います
以前は梅雨が明けるとカラッとした暑さでしたが
これも気候の変化でしょうか
夏のお疲れがでませんように
こんちには 焙煎アーティスト 島規之です
今日はコーヒーポットの選び方 について
ちょっと書いてみたいと思います
コーヒーポット ハンドドリップ(ペーパードリップ)するときに使うポット
ご家庭では一日そう何回も使うモノでないので
どちらかというとお店をされている方への記事になって
しまうかもしれません
僕が使うのは カリタの銅ポットというもので
これは島珈琲がオープンして しばらく経ってから
購入したものでして もう12年選手です

ポットの選び方として できればお湯が出てくる
口のところが鶴口(細口)になっていて 
お湯が細くでるタイプの方が使いやすいです 
コーヒーをたてるとき できるだけお湯を細く 
優しく置くような感じでいれるのが 美味しくできるので
鶴口の方が適しています
ふたが 蝶番になっているもの
蝶番とは ふたが落ちないようになっている留め金ですね

写真で指さしているのが 蝶番と呼ばれるところです
ポットの中のお湯の残量が少なくなったとき
ポットを傾ける角度が急になるので 蝶番のついていないモノ
ですと うっかりしているとフタがぽろっと落ちて
ドリッパーにドカンっ!と衝突して コーヒーをまき散らし
危ないときもあるので できれば蝶番はあるほうがよいです
あとはできればポットの容量は700mlくらいがよいです
あまり大きいものですと 重さで
女性は特に腱鞘炎(けんしょうえん)
をおこしてしまうので できるだけ軽いモノを選ぶとよいでしょう
ということで 今日はポットのお話でしたが
別に蝶番がついていなくても
フタを抑えていたら大丈夫ですよ
近々カフェをオープンされる方が お客様におられるので
記事にしておこうと思い書きました
ということで また明日お会いしましょう
いつもありがとうございます
焙煎アーティスト 島規之
 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーミルによってコーヒーの味は変わるのか?

プロローグ 僕の道具の中で、味において焙煎機の次に重要なモノは、コーヒーミル(コーヒーカッターとか

記事を読む

タンザニア ニティン農園

  今月から登場の タンザニア ニティン農園 中焙煎と深焙煎の2つティストでご用意しお待ち

記事を読む

仕込みはオッケー!

  ということで 2日間にわたるコーヒーシロップ&カフェラテ小町の 無糖バージョン

記事を読む

コロンビアの雑貨

 島珈琲高槻店の向かいのビルの2階では姉妹で経営されているCKオフィスさんが食育セミナーを

記事を読む

コーヒー豆を購入する量は1回でどれくらいがいいのか?

プロローグ コーヒー豆の販売を専門にして島珈琲を立ち上げ、もうすぐ14周年を迎えようとしています。

記事を読む

次世代の作り方でミルクコーヒーを淹れてみた

プロローグ フレンチプレスを眺めていて、ふと思った。 これお湯の代わりに温めたミルクを入れて、同

記事を読む

コーヒー豆、コーヒーの粉を家で保存する時に勘違いしている1つの事

袋を開けなければ常温で置いてても大丈夫? 答えはNOです!大丈夫ではありません!  

記事を読む

クリーンアップ

 クリーンアップと書いていて 野球の3番バッターから5番バッターまでが なんでクリーンアッ

記事を読む

コーヒーを淹れる時、濃さの調節はどうしたらいい?

寒くなるとホットコーヒーがグッと美味しく感じますね。 身も心も温まりますね。  

記事を読む

焙煎アーティスト流 フレンチプレスの美味しい使い方

プロローグ たまに自分のコーヒーを淹れるのに、ハンドドリップするのが面倒くさいなぁと思う僕です。笑

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

コーヒー焙煎はどこが面白いの?

コーヒー豆屋さんは(島珈琲は)、どちらかというと夏は閑散期です。

続・ペーパーフィルターの保管方法

久しぶりにコーヒーを美味しく飲むために、基本的でとっても大事なことを書

→もっと見る

PAGE TOP ↑