*

ピンチは常にくるものと考える

公開日: : 焙煎アーティスト

どちらかというと石橋を叩いて歩く方の人間でして、どんなことも段取りそして準備を怠らず、そして物事に臨む姿勢でいております。

たぶん臆病なんでしょうね。

 

何かがあった時にあたふたしないように、どうしていいかわからないことがないように、そんなことをできるだけ起こらないようにもっていく、これが僕の性格です。

 

しかしながらどんなに準備万端していても、突如思いも寄らなかったトラブルが襲うことは、よくあることです。
特に若い時は、トラブルに出会い落胆することが多かったです。

 

こんなに準備したのに、って。

 

でも歳を重ねると、どれだけ準備していてもトラブルはあるもの、と経験から教えられ、まぁなんかあるだろう、なんて気持ちになったりして、変わるもんだなぁなんて思ってます。

 

焙煎機の大切な箇所のベアリングが突如止まってしまったのです。

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

それは残すところあと2回のところで止まった

 

TANPAN COFFEEの焙煎が定量のところまで来ておりました。
あと2回すれば、とりあえず焙煎は終了、あとは梱包に力を注ぐ、頭の中はそんな段取りを描いていました。

 

ふと、焙煎機のベアリングを見ると、ピタっと止まっている?あれ?

ベアリングとはクルクル回すために必要な部品なんですね。

 

それでも釜はいつも通りまわっているのです。
「何がおきたんや!」
あと2回してしまうか、それとも一旦止めて機械の専門家に聞くか、しかし時間の余裕はないぞ島よ、そう心で自分に問いかけ、どっちの判断が正解か、悩んで「焙煎機がつぶれたら大変なことになる」とりあえず止めることにしました。

 

後から聞くと、ベアリングが壊れていてもまわるけども、無理していると取り返しのつかないことになる、ということを説明してもらい、判断が間違っていなかったことにホッとしました。

 

機械屋さんが直ぐに来てくれて修理してくれたので、事なきを得ましたが、ほんとうに心臓が止まるような出来事でした。
感謝です。

 

 

 

ピンチの時こそ どう考えるか

 

数々のピンチを経験しているからこんな考えができるんだ、というのはもっともなんですが、それも含めてピンチの時にどんなふうに考えるか。

 

僕は「なんとかなる」とまず言い聞かせます。

 

なんとかなるか、なんとかならないかはやってみないとわからない、だから「なんとかなる」に賭けてみるのです。

 

なんとかなると思って、なんとかならない結果もありました。
でも、やったことで後悔はなかったです、あの時こうしておけば・・・なんてことはね。

 

そして、もうひとつ大事だなぁと思うことは、なんとかなりそうな場合はお金を惜しまない。(もちろん感謝もです)

 

経営の中でのピンチは、だいたいお金と直結することが多いのですが、問題がお金で解決できる場合、お金のことを躊躇したら、なんとかなることもなんとかならなくなるし、躊躇してその時うまく乗り切っても、それはどこかで戻ってくる、人生はブーメランなんです。

 

だから少々のことなら惜しんではならないなぁ、と思ってます。

 

今回改めてピンチと向き合い、そんなことを思いました。

 

とりあえずピンチは切り抜け、作業は完了しました。
明日、短パン社長のもとへ100キロ分のTANPAN COFFEEが無事に着くこと、祈るだけであります。

 

ということで無事に終わりました。
沢山の方が笑顔になればいいなぁなんて思いながら、皆さんのお手元に届くのを楽しみに待ちたいと思います。

 

さぁ明日から通常営業ですよ!

 

ピンチの時にはまず1杯のコーヒーを。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

ネルドリップの取り扱いについて

プロローグ コーヒーのいれ方で一番好きな方法は何か?と聞かれると迷いなく「ネルドリップ」ですと答え

記事を読む

しまこーひーのブレンド倶楽部 ブレンド鳥の味わいについて

秋が深まっていること肌で感じるくらいで 今朝は自転車の風が冷たく 街は衣替えが終わり 夕方は暗くなる

記事を読む

焙煎する機械、焙煎機による味わいの違いって何?

最近、コーヒー業界の新しい情報についていけてない僕です。 コーヒーに関わらず、情報はツイッターなど

記事を読む

2月恒例!コーヒーシロップ無糖の仕込みがはじまるよ!

コーヒーシロップとは。 コーヒーシロップ1に対し4倍くらいの牛乳でわると美味しいミルクコーヒーがで

記事を読む

どんなふうにできるの?コーヒーシロップ180リッター分、仕込みの流れとは!

プロローグ 今朝はコーヒーシロップ無糖の仕込み焙煎でした。 仕込み焙煎=コーヒー豆を工場で加

記事を読む

知ってますか?スペシャルティコーヒー

プロローグ 昨日 嫁さんと話していました 僕が晩ご飯を食べているときに たいてい9時からのニュー

記事を読む

味は一期一会 いつも同じ味なんてありえない

プロローグ と、まぁ過激ぎみなタイトルになりましたが、先日お店を出される方から相談で 「3人がそ

記事を読む

コーヒー焙煎に資格はあるのか、ないのか?

プロローグ 焙煎アーティスト島規之です、こんにちは。 焙煎アーティストのあの人ね、と最近どこかで

記事を読む

コーヒー焙煎はどんな事を考えて、焙煎しているのか

プロローグ コーヒーの焙煎とはコーヒー生豆を火で(熱で)焙る作業のこと言います。 コーヒー生豆は

記事を読む

ナチュラル と ウオッシュ コーヒーの精製法

プロローグ コーヒー生豆が日本に届くまで ほんとにいろんな行程があり 様々な人の手がかかっています

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

福祉の島珈琲 今年は動きます!

さぁ今年は動こうか、と奥さんに話していました。 その前の晩に一人お酒

後口が紅茶のようなコーヒー

昨晩はおうちで家族揃って、夕食を。   五歳の娘

冬は濃いコーヒーが欲しいもの アイスコーヒー用の豆をホットで飲む

8月6日、夏生まれの僕です。 最近の暑さにはめっぽう弱くなりましたが

ドリップコーヒーの美味しさは優しさで作られているもの

僕はほんの少しの時期でしたが、ボクシングをしておりました。 &n

→もっと見る

PAGE TOP ↑