*

ハンドドリップでお湯の線を細くするのはなぜ?

ハンドドリップにおける技術的な話はつきないですよね。

 

器具の違い、ドリッパーの形状、フィルターが布、ペーパー、金属、お湯の温度、注ぎ方、ドリップする速度、ほんとうにいろいろありますよね。

 

どれが良いか、というのは正直、僕たちプロでもこれが正しい!と言い切れるものではないと思います。

 

その人によって、やりやすいやり方だとか、それで美味しく出来たやり方とかありますので、一概にこれが万人対する正解です!というのは、ないと思ってます。

 

僕自身もいろんな人のやり方を見て、それは本やDVDだったり、実際にお店に行きカウンター越しに見たり、そうしながら身につけ、更に取捨選択しながら自分にあう方法を身につけ、そして美味しさを引き出す方法を考えて現在に至ります。

 

なぜそうするのか、というのも後付するもことも多かったですが、とりあえず今のところは、このやり方と決めたやり方でドリップしております。

 

今回はそのドリップするときお湯は細い方がいいのか、というお話です。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

お湯は細いほうがいいの?

だいたいコーヒーの本や動画を見ていると、お湯を細くしてコーヒーの粉に注いでいますよね。
必ず細い方がいいのか、今回はそこを考えたいと思います。

 

コーヒーの濃度とは、お湯と粉の接触時間が長いほどコーヒーの成分がよくでます。

 

但し長くすればどんどん濃くなるのかというと、コーヒーの成分にも限界があるので、そのグラム、量ですね、量に対しての限界の濃さまで、ということになります。

 

お湯の細くしてゆっくり回してドリップする。
そうすると、コーヒーと粉の接触時間はどうでしょうか。
ゆっくり落ちることになるので、接触時間は長くなりますよね。

 

逆にお湯を注ぐスピードを上げ、お湯が太くそしてお湯の量がドリッパーに多くなれば、下へ圧力がかかり、コーヒーを沪過する速度は? そうです速くなりますね。

 

ということは、ゆっくりドリップすることで下にかかる圧力は小さくなるので、沪過するスピードはどうなるかというと、ゆっくりになりますよね。
ゆっくりなると、接触時間が増えてある程度の濃さがでる、ということなんです。

 

お湯を細くしてドリップすることとは、コーヒーの粉とお湯の接触時間を調整し濃度を調整している、ということになります。
そのためにある程度のお湯の細さが必要、となるわけです。
 

お湯は細ければ細いほどいいの?

といえばそうとは言えません。
1杯分をドリップするとき、4杯分をまとめてドリップするとき、時間のかかり方は4杯分方が時間は多く必要となります。

 

ここで1杯分をドリップするようなお湯の細さですると、時間がかかりすぎて逆に出て欲しくないコーヒーの成分も出てしまうおそれがあります。

 

ですので、4杯分をドリップするときはわりと太いお湯で、僕はドリップします。

 

細ければ細いほど良い、というわけではなく、その杯数にあったスピードもあるので、それを考慮した上でお湯の細さ太さを考える、ということになります。

 

この辺はある程度積み重ねて理解していくしかないので、細さ何センチ、太さ何センチと具体的には言いにくいところでもあります。

 

人によって言うことがバラバラなのがコーヒーの世界ですが、上にも書きましたように自分に合うやり方を取捨選択しながら、自分のやり方を見つけて頂き、コーヒーライフを楽しんでもらえたらなぁと思ってます。

 

僕のブログがその一助になれば嬉しいなぁと思って、毎日書いております。

 

それでは。
いつもありがとうございます。

 

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

梅雨時期が近づいてきた!湿気に弱いペーパーの保存方法はこちら

リライトになります、「改めて書き直し」っていう意味ですね。 ペーパードリップする時に使うペーパー。

記事を読む

ハンドドリップの途中で、お湯が入っている粉をまぜまぜした結果

プロローグ ペーパードリップをする時、コーヒーポットを使いドリッパーの上に濾紙であるペーパーを敷き

記事を読む

ドリップポットは軽いタイプが良い

今晩から数日にかけて、高槻店の焙煎機内部の掃除をします。 メンテナンスですね。  

記事を読む

コーヒーミルで粉にしたときに均一にならないのです

昨日は休日で、家族で有馬富士公園という場所に行き、娘に思い切り遊んでもらいました。 高槻から高速を

記事を読む

アイスコーヒーの粉は細挽きがいいの?

昨日はお休みで実家に行き、お昼を一緒に食べたあと、うちの娘が昆虫好きなんですね、だから伊丹にある伊丹

記事を読む

ハンドドリップの時のお湯の温度は計る必要はあるの?

このドリップするときのお湯の温度、のこともお客さんからよく聞かれる質問の一つです。 皆さんはどうさ

記事を読む

ちょっとやってみて!ドリップコーヒーの為の小技集

プロローグ 私事ですが、今月自宅の引越をすることになりました。   奥様の夢

記事を読む

お客様にとんでもないドリップの秘密兵器を教えてもらいました!

ブログネタどうしようかなぁーと、悩んでいたタイミングにお客様が御来店。 コーヒー豆を渡した時に、お

記事を読む

コーヒードリッパー メーカーによって何が違うのか?

プロローグ 前回の記事に続いて、今回もコーヒードリッパーのはお話です。 コーヒードリッパーにもい

記事を読む

ペーパードリップを考える。そもそも「蒸らし」って必要なの?

プロローグ 前回ペーパードリップにおいて、「蒸らし」を上手にやる為の方法を書きました。 前回の記

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ペーパードリップでペーパー濡らすべきか否か

例えばヒマなときには全く気にならないのに、忙しい時に限って、あっここ汚

怪しいな、と思う電話があれば電話番号ごと検索してみるのがいい、と言うお話

電話の向こうで、あたかも関西電力を装ったように話だしたので、???と思

カフェインレスコーヒーとニンニクレス餃子

昨日は、午後まで幼稚園だった娘を迎えに行き、その後家族で実家へ行きまし

突如 スランプに見舞われたらどう対応するのか

僕の場合はブログを毎日更新しているわけではなく、月曜日、自身のお休みの

コーヒーの味覚を表現するにはお酒の本が参考になる

昨晩は、障がいがある方の仕事を増やそうプロジェクト、これの打ち合わせで

→もっと見る

PAGE TOP ↑