*

コクのあるコーヒーはどうしてつくられるの?

昨日、奥さんと月曜日のお休みの日、何をするか会議しておりました。
というのも、娘の幼稚園が午後までなので、それまでフリーに。

 

映画に行くか、バイクでツーリングするか、2つの選択になりました。

 

奥さんがツーリングに行きたいという鶴の一声で、近場のツーリングへ。
僕が住んでいるのは大阪・高槻です。
高槻は中心部からちょっと行くと、緑の豊かな場所へすぐに移動でき、とても良い街です。

 

摂津峡という公園があり、2人乗り、タンデムでちょっとブラブラと初夏の風を受けながらそこへ行き、楽しんでこようと思ってます。

 

バイクは空気の冷たさや、風の温度が急に変わったりして、自然を感じることができるので楽しいです。
美しい景色を見ながら、感性も磨いてきたいと考えていますが、純粋にツーリングを楽しむのが先ですね。

 

さぁ週末土日は張り切りますよー!
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

 

コーヒーのコクはどう作られるのか

僕のような焙煎屋目線でお話をさせてもらうと、コーヒーのコクというのは作るモノではなく、あるものだと思ってます。

 

どういうことかというと、焙煎やドリップでコクのあるように味わいを作りだすことも可能ですが、それは限界があるというか、何かを強く引き出すと何かを失うことにもなるので、味わいのバランスがおかしくなることがあります。

 

なので、もともとコクを持っているコーヒー豆を使い、コクを引き立てる、ということです。
あるものにフューチャーする、というところでしょうか。

 

なんか、難しい言い回しになってますね、ごめんなさい。

 

カンタンに言うとですね、コクは作るのではなく、もともとコーヒー豆が持っているもの、となります。
但し全てのコーヒー豆が同じ様に持っているものではなく、コクの強いモノ、コクの弱いモノ、様々なんですね。

 

コクのあるコーヒー豆はどれ?

僕がコクが強くあるコーヒー豆だなぁと思うものを、ラインナップにあるなし関わらず書いていきますね。

 

まずはマンデリン、タンザニア、パプアニューギニア、ケニア、このあたりがもともとコクを持っていると僕が感じているコーヒー豆です。
もちろんそれらの国のものでも、コクが弱いものもありますからね。

 

あとはブラジル、グァテマラ、コクがあるといえばあるなぁ、という感じです。

 

コクのあるコーヒー豆が欲しいのです、と言われると中焙煎・深焙煎の好みをお聞きして、お好みに合わせたコクのあるコーヒーをオススメしています。

 

ブレンドを作るときも、コクというのは大事な味わいなので、コクがあるコーヒー豆をいくつかチョイスして、そのブレンドを調合します。

 

コーヒーとコクは切っても切れない関係と思っていますが、コクの強いモノ、そうでないものは気候風土や育つ環境が大きく左右されていると考えます。

 

コクのあるコーヒー豆、頭にいれてお好みのコーヒー豆を探してみてくださいね。

 

コーヒーのコクは、コーヒー豆の持ってる能力で決まる、そんなふうに覚えてもらえると嬉しいです。
今回はそんな、コーヒーのコクのお話でした。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

たくさん たくさん ありがとう!

 日記もブログも長いことお休みをしておりました 22日から通常通りになったカフェBeも お

記事を読む

夏男

  で 暑さに強いと男と自称しておりましたが 最近 疲れがぬけずに 少しグロッキー気味な島

記事を読む

スペシャリティコーヒーに、こだわりません宣言

スペシャリティコーヒーとは、世界で生産される全コーヒー量の約5パーセントくらいの生産量で、高品質コー

記事を読む

コーヒー豆が硬いってどういうこと?

昨日12月29日は1人営業で、そこまで忙しくならないだろうという僕の予想を遙かに超えた御来店があり、

記事を読む

実はコーヒーとワインって似てるんです

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のエクスペリエンス・マーケティング塾で繋がっているお友達がいており

記事を読む

どうしてコーヒーを沢山の杯数を淹れる時、粉を減らすのか

プロローグ 毎日ブログを更新して書き慣れていても、書くのには時間はそれなりに必要です。 文字数に

記事を読む

焙煎を数字で説明した!中焙煎・深焙煎はつまりコーヒー豆の温度差

プロローグ 先日、お客様に中焙煎と深焙煎は温度でいうと10℃の差なんです、とお話をしていたら「知ら

記事を読む

イエメン

 そうです 休日 主におうちで過ごすのが好きな男性を「イエメン」 というそうです それは嘘

記事を読む

ドリップの極意のうちの一つ

極意なんて書くと、柳生新陰流の必殺剣みたいな、なんかスゲー技なのかと思わせてしまうのですが、先にすみ

記事を読む

コーヒーというものは

コーヒー豆屋をしていると 年齢によって 性別によって 味覚の違いがあり それぞれの大まかな傾向が

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒー豆も生きている

昨日はお休みでした。 お昼までは少し仕事を。  

始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べる

コショウについてはあまり詳しくないので、知ったようなことは書けないので

古材に囲まれてコーヒーを愉しむ

毎日が割とリラックスして過ごせるのは、これはコーヒー屋の特権かもしれな

→もっと見る

PAGE TOP ↑