*

コーヒーを淹れるのに一番難しいと思うところはどこ?

昨日は娘の幼稚園の入園式でした。
年中さんで、今日から幼稚園がスタート。

 

しばらくは午前中の2時半の間、幼稚園で遊んだり、歌ったり、お絵かきしたり。
どんな風に成長していくのか、楽しみでなりません。

 

理不尽なことや、納得できないことも体験していくのだろうけども、そんな中で少しずつ勇気とか優しさとか人と人とのつながりで得られるものを積み重ねていって欲しいなぁなんて思っております。

 

成長を楽しみながら見守りたい、そんなことを想いながら園にある満開の桜の木を眺めていました。

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

コーヒーを淹れるのに一番難しいと思うところはどこ?

今回は個人的に思っていることを書き述べたいと思います。

 

コーヒーを淹れ、カップに注ぐまで過程の中で僕が個人的にここが難しいんだよなぁと思うところとは。
どこだと思いますか?

 

ドリップのやり方?保存方法?焙煎?うーんどれかな。

 

はい、それはですね意外かもしれませんが、ミルです。
グラインドとも言われますが、粉にするときの味わいの調節です。

 

コーヒーミル、コーヒーグラインダーとも呼ばれますが、このミルのメーカーによって性能も違うわけで、ミルには番数、目盛りですね、があるのですけど、それも共通ではありませんし、内蔵されるミルの刃の質や形状でも同じ焙煎、同じコーヒー豆でも味わいは違ってきます。

 

一度、その目盛りを固定してしまえば、その後は楽ちんですが、その固定するまでの「調べ」がけっこう時間を要するのです。

 

味わいを決める挽き方

一般的に目盛りの数が少なくなる、つまり1に近づけば粉は細かくなります。
逆に数字が大きくなると、粉は粗くなっていきます。

 

 

これは万国共通だと思います。

 

で真ん中、例えばミルの調節が10番まであって、5番の目盛りが中挽きになるのかというとそうではありません。

 

それも各メーカーによって違いがあり、調べてみないとわかりません。

新しくコーヒーミルを購入した際は、いちど適当な番数で粉にしてみてから、その粉の挽き具合を見て、番数の調整をしますが、粉を見ただけではわかりません。

 

なので、粉にしてはドリップし、味わいを確認しながらミルの挽き具合を決定していきます。

 

ここでややこしいのが、島珈琲のコーヒー豆、僕の焙煎する豆ですが、その豆と他店のコーヒー豆も同じミルの挽き具合でいいのか、というとそうではなく、お店によってベストの挽き方があるのでまた違うのですね。

 

コーヒーってほんとにデリケートでしょ。

ミルを買い換えたり、また微調節をしたときは調べ直しているんです。

 

今回の事は御家庭ではあまり関係のない話ですが、ミルによっても味わいが変わるということ覚えておいてくださいね。

 

それでは今回はこのへんで。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

そもそもコーヒー豆の焙煎とはなんなのか?

昨日は久しぶりの休日を頂きまして 気力体力ともに回復してきました   娘とも

記事を読む

焙煎と技術

 僕が思うに焙煎の技術とは マシンを知ること 原料を知ること が非常に大事ですが 一番大事

記事を読む

無糖 無糖 無糖!!

さて 今季2度目のコーヒーシロップ無糖の新ロットが明日到着しますそうです 4倍の牛乳で割るととても美

記事を読む

コーヒーにガン予防の効果はある!?1日3杯飲まないと効果はないのか?

昨日、このコーヒーにおけるガン予防の効果の話でお客さんと盛り上がりました。 ご存じかもしれませんが

記事を読む

お店でコーヒー豆・粉は一度にどれくらいの量を購入するのがベストなの?

昨日、12月26日は岡町本店は年内最終営業でした。 25日の日曜日にお客さんは集中して来て頂きまし

記事を読む

カフェオレベース動き出す

JUGEMテーマ:おすすめカフェスイーツ  牛乳で4倍に割ったら 懐かしいミルクコーヒーが

記事を読む

コーヒーにおける 「えぐみ」について考えた

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 写真は本文と関係ありませんが 生産国でコーヒー生豆の

記事を読む

タンザニア ニティン農園

  今月から登場の タンザニア ニティン農園 中焙煎と深焙煎の2つティストでご用意しお待ち

記事を読む

それ行け グァテマラ!

 グァテマラにはこだわる島珈琲 アンティグア地方のエルパジェ農園から チマルテナンゴ地方の

記事を読む

no image

完成間近 田中カプチーノ

 施設利用者のT君 カプチーノが完成間近である イタリアの高性能エスプレッソマシン 「ラマ

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ドリップ?焙煎?コーヒーの香りはどこで決まるのか?

コーヒーは香りのものですよね。 特に女性はコーヒーにおいて、味わいと

甘みのあるコーヒー豆をください

最近、このブログのタイトルにあるように言われ、コーヒー豆をお買い求めに

何をするにもカクゴっているよね

さて、久しぶりにブログを書くネタが思いつきませんでした。 &nb

ブレンドのネーミングはどんなふうに決めているのか

娘はなぜかテレビの天気予報が好きで、大阪は晴れくもりやなぁとか、花粉状

教えて!グァテマラコーヒーの魅力とは

昨日は休日。 午前中で終了する娘の幼稚園の送り迎えをして、そのあとは

→もっと見る

PAGE TOP ↑