*

コーヒーは一杯、何cc なの?

プロローグ

僕は朝、早めにお店に来て焙煎をします。
早ければ6時くらいからスタートすることもあります。

 

高槻店は喫茶業務があるので、焙煎しながらの営業は僕の中では無理なので、10時までに焙煎とお店の掃除を完了して営業に臨みます。

 

先日はその焙煎が少なくて、朝ゆっくり目に起きたのですが、普段、娘が寝ている時に家をでているので、娘が朝起きて僕がいることを確認すると休みで遊びに連れってくれると思うようです。

 

その日は仕事に行くので、玄関まで見送りに来てくれましたが、無言で大粒の涙をぽとりぽとりと落とし、僕が行って欲しくないと目で訴えます。

 

もうそんな、お父ちゃん切ないやんかー!

その日は1日中娘の涙している顔が浮かんでは消え、浮かんでは消えでした。

 

6月21日(火曜)22日(水曜)は高槻店は臨時休業を頂きます。
そんな娘をいっぱい喜ばせてあげようと思っています。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です

 

IMG_2505

 

コーヒーは1杯何cc?

コーヒーカップはだいたい何cc入るようになっているのか、ちょっとやってみましょう。

 

わからない時はこうして計量カップで量るとよいですよ。
まずコーヒーカップに8分目あたりまでお水を入れて、それを計量カップに移す。

 

IMG_2511

 

そうすると標準的なカップはだいたい130~140ccになるかと思います。
マグカップはどうか?

 

計るとだいたいこの2倍くらいの量が多いですね。
各コーヒー器具のメーカーのコーヒーサーバーを見ても、量は前後しますがだいたい同じ様です。

 

ですので、僕はお客様に1杯140ccですよ、とお伝えしています。

 

基準はこんな感じです

1杯あたりコーヒーの粉10g 出来上がりが140cc これを一つの目安にしてください。
マグカップですと2杯分ですので、1杯分10グラムと足すこと8グラム。

 

倍量していくとコーヒーが濃くなるので、2杯分を1度に淹れるときはちょっと粉の量を減らすと、良い味わいになります。
2杯分(マグカップ1杯分)コーヒーの粉が18gで、250ccくらい。

 

これを一つの目安として、あと味わいの濃淡は粉の量を、濃い味にしたい場合は多くしたり、薄味にしたい時は減らしたり、そうして調整してください。

 

プロローグ

最終的にはご自身が美味しいと思われる分量で、コーヒーを淹れるのが1番良いと思いますが、目安がないと分かりにくいので、今回の事を一つの目安すれば、お好みの味わいを探すのに近道になるのでは、と思っています。

 

よければ参考にして下さいね。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
https://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒー豆の中に茶色い「皮」が入っていた。異物なの?

プロローグ 先日、岡町本店に友達が来てコーヒー豆をストックケースからビンに移し替えている時に、「何

記事を読む

ブレンドはオーダー毎に組んでます

ほんとにいい時代だなぁと思うのです。   晩御飯を食べたあと、お風呂に入って上がってから少

記事を読む

ゴリゴリを考える

コーヒー屋 焙煎屋なので当然 コーヒーのグラインダーにはこだわってますコーヒーの味において焙煎も大事

記事を読む

古材に囲まれてコーヒーを愉しむ

毎日が割とリラックスして過ごせるのは、これはコーヒー屋の特権かもしれない、と思うことしばしば。 コ

記事を読む

ハンドドリップの味わいを安定させるために意識しておきたいこと

うちの奥さんがプライベートでやることがあり、それを徹夜でしていたのですね。  

記事を読む

脳のなかは野菜とコーヒーでいっぱい

 ふと手にした手ぬぐいが自分の背中をおしている 野菜を売りたい 農家の人が大切に育てた野菜

記事を読む

ペーパードリップを考える。そもそも「蒸らし」って必要なの?

プロローグ 前回ペーパードリップにおいて、「蒸らし」を上手にやる為の方法を書きました。 前回の記

記事を読む

コーヒーチェリーの果肉ってどうなるの?

8月はどちらかというと閑散期で、お客さんの流れが緩やかです。   緩やかだなと

記事を読む

オーダーストップという言葉 勘違いされている方、多いかも

高槻店に御来店してくださっているお客さんが、出店のご準備をされています。  

記事を読む

僕のコーヒーは美味しい!という自信

上原浩治さんが大リーガーだった時、何かの番組でこう言っていたのです。 大リーグのマウンドに立った時、

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
言い訳はすればその失敗はどんどんと目立ってしまう

本日、月曜日は岡町本店・高槻店共に定休日。 今日はバイクの定期点検へい

次期グァテマラのサンプルが到着しました

日曜日は日曜日だけが営業日のお店、豊中は岡町本店に来まして10時までに

何事も経験

今日もお店の方がバタバタで、急ピッチで本日のブログも作成いたします。

パンチング

最近、ブログのタイトルをあまり考えないようにしています。 タイトルで、

岡町本店がなぜ日曜日だけの営業なのか

島珈琲には岡町本店と高槻店と2店舗あり、そして姉妹店というか協力させて

→もっと見る

PAGE TOP ↑