*

現在のカフェのスタイルに思うこと

公開日: : カフェオープンに参考になる話

実は今回、違うことを書くつもりでいました。
この次の回のブログのことを考えていたのですね。

 

カフェやコーヒー店、お店を出店するのにどれくらいの資金が必要か、僕なりの経験からのお話をブログに書こうと思ってまして、お店の掃除しながら考えていたんです。

 

そしたらなんかいろいろ思いついて、とても次回だけで書ききれないや、と舵を切り直して、急遽カフェについて僕の考えていることを今回書こうと思いました。

 

僕の都合のお話はどうでもよかったですね、はい、こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

カフェについて思うこと

僕のところにもありがたいことにカフェを将来オープンしたい、お店を持ちたい、と言われ相談される方が多く来てくださります。

 

もちろん僕の経験からのお話と、仲間からの聞いた話、いろいろな情報などを足して僕の頭の中のフィルターに通した上で、お答えしています。

 

どちらかというと今のカフェは15時のお茶の時間よりもランチ主流の集客になっているとか、モーニングはやるべきか否か、とか業務用卸しもしておりますので、取引先様から聞いたことなども含めて、お話をしています。

 

で、今回何をふと考えていたのかというと、カフェは複合化していった方がいいと思ったのですね。

 

僕はこれからカフェをされる方には、カフェ+何か複合した方が良いと思います、とお伝えしています。
このことを少し書いていきますね。

 

複合型のカフェとは?

例えば、法的にOKなのか別にして、歯医者とカフェ、不動産屋とカフェ、行政書士事務所とカフェ、文房具屋とカフェ、印刷屋とカフェ、メガネ屋とカフェ、旅行代理店とカフェとか出来る出来ないも置いといて、こういう全く飲食と関係ないものと組み合わしたりすること面白いのでは、とお話しています。

 

カフェだけでしたら大手を含めてほんとにいろんなところありますよね。
独自の色を出すためにもそうすることが、色を強調できると思っています。

 

何かの待ち時間にカフェを利用してもらうとか、その相乗効果をあわせてみる、こんな感じですね。
カフェだけを主力にせず、何かとプラスして、その2つの合計の和が各部分の和よりも大きくしてしまう、こんな感じで考えています。

 

そこに情報発信できたらなら、更にいいですよね。

 

もちろんカフェだけを出店するのに多大な労力が必要なのに、何かくっつけるとなると更なる労力が必要となりますよね。

 

でもね、この複合化の話を初めて聞いたのは、13年前に船井総研さんであったコーヒー屋さんのセミナーに行った時に聞いてきたことなんですね、13年後の今もそういうお店はあまり増えてません。

 

つまりやっぱり大変だからなかなかできないわけなんです、誰でもが出来るものではないということですね。
ある意味そこはチャンスではないかと。

 

自分の趣味や好きなことを組み合わせてみるのも良いと思います。

 

今回は将来お店を持ちたい!と思う方も沢山見てくれているようですので、これからのカフェの在り方やスタイルについて僕が思っていることを少しお書きました。

 

参考になれば嬉しいです。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉の大合唱、浮き輪を持った子供達

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス ~屋号編~

プロローグ 2002年に島珈琲を開業してからけっこう相談を受けます、「カフェを開業したい」と。

記事を読む

自営業者として僕が大切にしてきたコト

ブログを書いている僕のパソコンのそばには、ドリップしたマンデリンコーヒーが香りを立ち上げています。

記事を読む

美味しいコーヒーをあなたへ。コーヒー焙煎を上達するのにどうしてきたか

昨日、5月6日土曜日に歌手の辛島美登里さんが高槻店に来られていたのです。 実はそれを知ったのは、後

記事を読む

ツイッターはお商売に有効なのでしょうか?

先日、YSP門真でバイクを購入しました。 YSPとは、ヤマハ・スポーツ・プラザという意味らしく、ヤ

記事を読む

カフェをオープンしたいあなたへちょっとアドバイス ~経営や技術と同じくらい大事な1つのこと~

プロローグ 自営業を初めてから、一つよく分かったことがあります。 基本、全ては自分でやらなければ

記事を読む

どうして僕はコーヒー「豆屋」を選んだのか

日曜日は豊中・岡町本店での営業です。 こちらのお店は毎週日曜日だけの営業でコーヒー豆の販売のみ。

記事を読む

なぜ コーヒー豆屋に「喫茶スペース」を設けたのか

先週日曜日のブログで高槻店になぜ喫茶スペースを設けたか、これを覚えていたら書きますね、と書きまして、

記事を読む

SNSをすることで得たお店への効果とは

SNSとは、なんて偉そうに書いていますがあんまりわかっていません。   SNS

記事を読む

コーヒー屋って儲かりますか?

プロローグ もうかりますか?と聞かれると自動的に、ぼちぼちでんな、とすり込まれているのは、なにわ商

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
美味しいは、甘い

あまい口づけ 遠い思い出 夢のあいだに 浮かべて 泣こうか &

福祉の島珈琲 今年は動きます!

さぁ今年は動こうか、と奥さんに話していました。 その前の晩に一人お酒

後口が紅茶のようなコーヒー

昨晩はおうちで家族揃って、夕食を。   五歳の娘

冬は濃いコーヒーが欲しいもの アイスコーヒー用の豆をホットで飲む

8月6日、夏生まれの僕です。 最近の暑さにはめっぽう弱くなりましたが

ドリップコーヒーの美味しさは優しさで作られているもの

僕はほんの少しの時期でしたが、ボクシングをしておりました。 &n

→もっと見る

PAGE TOP ↑