*

中煎りと深煎りのコーヒー豆 どっちが人気があるの?

昨日は休日でしたが、午前中は障がい者支援施設とコラボしているカフェBeで月イチの会議でした。

 

カフェBeは就労支援B型というシステムで、施設のご利用者さんがカフェBeでカフェの業務の実習をされています。
カフェ全体の仕事が増えれば実習生のお仕事も増えるので、仕事を増やすためにお客さんが喜んでもらえることは何かな、とそんなことを話あってきました。

 

カフェBeではインスタグラムを始めました。
ほっこりしてもらえるような写真をアップしておりますので、よろしければお楽しみ下さいね。

 

こちらからどうぞ。
https://www.instagram.com/cafebe.shimacoffee/

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

中煎りと深煎りのコーヒー豆 どっちが人気あるのか

ふと考えていました。
今のコーヒーの流行りはサードウェーブといいまして、どちらかというと中煎り(中焙煎)のコーヒー豆がその流行りの主役です。

 

スターバックスが日本に来て、銀座に1号店を出店したときはどちらかというと深煎り(深焙煎)が流行りの中心でした。

 

気候の変化なども含めて、コーヒー豆の質も変化しています。
昔のコーヒー豆は力強く、深煎りでもしっかりしていた味わいを持ったコーヒーが多かったですが、現在はどちらかというと、中煎りで豊かな酸味としっかりした味わいを出しているように思います。

 

流行りの起因は、こうしたコーヒー豆の変化にあるのかなぁなんて、考えていたのですね。

今はサードウェーブが中煎りのコーヒー豆が主役、だから中煎りのコーヒー豆がどこでも人気、ということなのか否か。

 

皆さんはどう思われますか?
あくまでも島珈琲でのコーヒー豆の動きを観察した結果のことですので、世間と一致するのかどうかわかりませんが、さてどっちが売れていると思いますか?

 

答えは ジャジャーン!

フィフティ・フィフティです!

結果から言いましたが、お店の動きを見ていると島珈琲には偏りがありません。
ほんとうにどっちも均等な割合になってお買い求めになられます。

 

中煎りの主力のコーヒー豆はブレンド花、深煎りの主力のコーヒー豆はブレンド風。
ストレートコーヒーでは、グァテマラ、マンデリンが群を抜いてよく売れていますが、ブレンド花が島珈琲では他のブレンドやストレートコーヒーのコーヒー豆より頭2つ分ほど抜きん出ており、結果、トータルすると中煎り、深煎り同じくらいの量が売れていることになります。

 

ドリップバッグは中煎りの白いパック、マイルドの方がこちらは圧倒的に深煎りの黒のパック、ビターよりも売れています。

 

ドリップバッグで見ると中煎りですが、全体では中煎り深煎りの販売量は同じくらいです。

なので、答えは引き分け!ドロー!となりますね、どっちも人気者!

 

気分によって飲み分けるのもまた楽しいかもしれませんね。

以上、中煎りと深煎りのコーヒー豆、どっちが人気なの?のお話でした。

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

なぜ500グラムだとリーズナブル?

 昨晩はカフェBeのスタッフとミーティングどうしたらお店がよくなって みんなハッピーになる

記事を読む

no image

ストライクゾーンとコントロール

 就労移行支援で毎日2時間 施設側のプログラムとして コーヒーのたてかたを指導している 彼

記事を読む

北海道・東北・沖縄のお客さんに吉報 全国送料一律290円 香りあふれる便スタートです!

以前にもお知らせしました、香りあふれる便スタートです。   なんだそれは!とい

記事を読む

no image

パワーアップ!!

 先日の日記で 焙煎機に少し改良をほどこした と書きました 排気ブロアーのパワーアップを試

記事を読む

出張コーヒー教室に行ってきました!

自動思考とは怖いモンで 例えばお風呂のシャンプーの位置 シャンプー コンディショナー の順で並んでい

記事を読む

特注・ハッピーウエディングブレンド(引出物オリジナルブレンド)の制作の流れ

プロローグ 先日 岡山からいつも御来店頂くお客様のご依頼で コーヒー豆の引出物を特注のオリジナルブ

記事を読む

コーヒー豆から粉へ、何分前に粉にしたらよいのか

プロローグ 今、僕が出版するコーヒー本の原稿の大詰めに入っています。 何をしているのかというと、

記事を読む

教えて!おうちでコーヒーミルを使うときの注意点

先日、お客さんから相談がありました。   島珈琲でコーヒー豆を挽いてもらったも

記事を読む

ドリップでアイスコーヒーを淹れる時のちょっとしたコツ

今、僕は真田太平記を読んでいます。 12巻あるうちの6巻を終了し、7巻に入ったところ。 &n

記事を読む

コーヒーのプロが教える「コーヒー種類」3つのヒント

「コーヒー種類」はいろいろありすぎてわからない!「コーヒー種類」によって味わいはどうちがうの?そんな

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ドリップ?焙煎?コーヒーの香りはどこで決まるのか?

コーヒーは香りのものですよね。 特に女性はコーヒーにおいて、味わいと

甘みのあるコーヒー豆をください

最近、このブログのタイトルにあるように言われ、コーヒー豆をお買い求めに

何をするにもカクゴっているよね

さて、久しぶりにブログを書くネタが思いつきませんでした。 &nb

ブレンドのネーミングはどんなふうに決めているのか

娘はなぜかテレビの天気予報が好きで、大阪は晴れくもりやなぁとか、花粉状

教えて!グァテマラコーヒーの魅力とは

昨日は休日。 午前中で終了する娘の幼稚園の送り迎えをして、そのあとは

→もっと見る

PAGE TOP ↑