*

一杯の美味しいコーヒーで焙煎の重要度はどれくらいなの?

何度か書いてきましたが、僕はコーヒーマニア上がりなんです。

 

焙煎が楽しくて家でやっているうちにうっかりお店までだしちゃった、そんな感じですね。
もちろん独立したいなぁ、焙煎してお店を経営したいなぁってところは初めからの原点でした。

 

できたらいいなぁが、いつかはきっとに変わり、「やる」と決めて島珈琲が出発したのは、僕が26歳の時でした。
いやぁほんとに焙煎のことも経営のことも振り返れば何もわかっていませんでした。

 

ただ僕はお客さんに恵まれていました。
ほんとうに僕みたいなアマちゃんを岡町本店のお客さんは支えてくれて、ここまでこれたのも基礎に岡町本店のお客さんが支えてくれたから、カフェBe、そして高槻店にトライできたのですね。

 

そして今、支えてくれている全てのお客さんに感謝です。
そんなお客さんを僕のコーヒーでもっと笑顔のある生活を送ってもらうのが、僕が与えられた焙煎への使命だと思ってます。

 

頑張りますね、こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

 

 

一杯の美味しいコーヒーにおける焙煎の重要性

順番に言うと、まず鮮度。
鮮度良いから美味しいとは限りません、ただ美味しいの条件には「鮮度」は必ず入ります。

 

次にコーヒー豆、その素材。
コーヒー豆にも等級みたいなのがあって、美味しいもの、一般的なものだとか別れています。
この素材の良さ、は2番目ですね。
鮨やさんのネタを見る目、みたいなところです。
僕たちも素材を見る目、というのは大事なんですね。

 

この次3番目にくるのが焙煎です。
焙煎によって良くない素材が、魔法をかけられたように変わる事はありません。
焙煎という作業は、豆が持っているその個性をいかに引き出すか。

 

できれば120パーセントの能力を引き出してあげたい。

つまり能力を引き出す作業です。

 

人で例えるなら勉強ができるタイプ、スポーツが得意、あるいは美術が得意、その得意なところを見極めて、その良さを最大限に引き出してあげるのが、焙煎という作業です。

 

その次にドリップのやり方とかテクニックです。
ドリップの技術や抽出器具がどれだけ良くても、鮮度、焙煎でノーグッドなものはテクニックだけでは美味しいにはたどり着けません。

 

焙煎は3番目

重要度いえば3番目になります。
野球でいうとコーチじゃないでしょうか。

 

得意なところを開花させ、より個人の個性を引き立たせるために何をするか。
焙煎もそんな感じで、この豆の個性をどんなふうに開花させてあげるか。

 

できれば沢山の人にその個性を喜んでもらえれば、そのコーヒー豆達だって幸せだと思います。

 

焙煎は個性を引き出す地味な作業ですが、重要度としてはけっこう大きいのですね。
明日も明後日もいつもいつも、個性を引き出して沢山の人に喜んでもらえるように、焙煎頑張りますね。

 

いつもありがとうございます。

焙煎アーティスト 島規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コーヒーシロップの仕込みだ!

 どちらかというと 夏の方がメインと言えるこの商品 島珈琲オリジナル コーヒーシロップ 夏

記事を読む

夢を持て そして危機感を抱きしめろ

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   昨日 長くお付き合いのあ

記事を読む

コーヒーミルによってコーヒーの味は変わるのか?

プロローグ 僕の道具の中で、味において焙煎機の次に重要なモノは、コーヒーミル(コーヒーカッターとか

記事を読む

今年出版する僕のコーヒー本

去年から動き出しました、僕のコーヒー本。   まえがき、第1章から第5章まで現

記事を読む

コーヒー豆って腐ったりするの?

今日は起床時間に起きようとしたのですが、連休前からの疲れがでてきたのかして、もうちょっと寝ようと決め

記事を読む

違うふたり

 岡町本店にある焙煎機 高槻店にある焙煎機 同じ国産メーカーの焙煎機ですが どちらも違う微

記事を読む

コーヒー豆 粉 の保存方法

寒くなってきましたねお客様の心が暖かくなるように お店のBGMをハワイアンにしてみましたゆるり流れる

記事を読む

1+1=2以上になる 経営とか結婚とかブレンドとか 相乗効果の話

プロローグ 島珈琲を立ち上げた当初は一人で経営をしていました 一人で長く経営していると一人の力は所

記事を読む

味覚とは

 味覚というのは記憶であり 味覚を鍛えるのは 味覚を重ね考え 記憶を重ねていくしかない と

記事を読む

自家焙煎コーヒーとは、なんぞや

プロローグ 自家焙煎とは何か。 僕のお店も屋号には、自家焙煎がついており 自家焙煎 島珈琲 とな

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
お店をするのに大切なことは何?

久々に飲み過ぎました。 昨晩、飲み会がありました。  

島珈琲のコーヒーが飲めるカフェ 芦屋編 ~ブックカフェ三日月と太陽~

先日、お休みを利用して芦屋に行って来ました。 芦屋には僕の友達が経営

コーヒーの味わいにおける「からい」ってなんですか?

昨日はお休みでした。 娘の幼稚園も振替休日でお休み。 &nbs

お店が閑古鳥の時、僕はどんなことを考えているのか

お商売を長くしていると、季節によって流れがあるのを知り、この月は繁忙期

コーヒーの実の収穫って大変なんです!のお話

昨日ツイッターに、このツィートをしたところ興味を持ってくださった方がお

→もっと見る

PAGE TOP ↑