*

どうしてドリップするときに「蒸らし」をするのか

プロローグ

だいたいブログのネタは前日までに用意、できなければ朝のうちに考えて、10時に高槻店をオープンして発送業務など終了してから、ブログの作成に取りかかります。

 

で、今日はさっきのさっきまでネタが浮かばず、奥の手でグーグルさんで「コーヒー 質問」で検索。

 

そうするといろんなQ&Aの検索結果が出て、そこから今日のブログのテーマを発見してきました。
けっこう一般的に知りたいと思われる事が出てきて参考になりますね。

 

テーマは探してきましたが、その答えからは僕の考えですからね。
答えまで持って帰っていませんからね(笑)

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

「蒸らし」のコツ

ペーパーをドリッパーに敷き、粉を定量分セット。
そしてドリップ。
その時にコーヒーの粉を少しだけ湿らせ、数秒置くことを「蒸らし」といいます。

 

ドリップをされている方は知っている方が多いと思いますし、蒸らしは聞いたことがあると思います。

 

蒸らしをするコツは螺旋状にドリップし、お湯は粉を全体に湿らす最小限の量で。
粉を全体に湿らせて、出来れば下の受けポットやカップにその滴が落ちるか落ちないくらい。

 

それがベストですが、何十年とそれをしている僕でも結構ポタポタ落ちていますので、基準としてで、必ずそうならないといけない、ということはありませんのでご安心ください。

 

ただしジャージャーとこぼれるのは、出来るだけ避けて頂きたいなぁというのがコーヒー屋の親心です。

 

IMG_3567

 

 

なぜ「蒸らし」をするのか

人間のいうところの、運動をする前の準備体操みたいなものです。
運動もいきなり始めるより、体操をすることで身体をほぐし、温め、怪我を未然に防ぐ効果がありますよね。
その運動に対して持てる力を十分に発揮するために準備体操は行いますよね。

 

コーヒーの蒸らしもそれと同じで、コーヒーの持つ成分を十二分に発揮して貰うために行うものです。

 

コーヒー豆は顕微鏡などで見てみると繊維質の固まりです。

 

お湯を注ぐことで成分を抽出するわけですが、その成分をしっかりと抽出するために、蒸らしをすることでコーヒーの繊維質をほぐし、広げて、より良い成分を抽出するためのいわば準備体操なのです。

 

蒸らしをやらなくてもコーヒーの成分は抽出できますが、蒸らしをやると更に良い、ということになります。

 

エピローグ

基本的には「蒸らし」というのは、諸外国ではその考えはなく、日本独自の文化だと思います。
外国のコーヒー器具って蒸らしという機能を兼ね揃えてないものが多いです。

 

ただ日本のコーヒーの淹れ方も近年インターナショナルになってきましたので、徐々に「蒸らし」の文化も世界へ広がっているのはないか、と僕は見ています。

 

蒸らし、日本人らしい考えだなぁって思いませんか。

丁寧さとか美味しさへの追求心が生んだ行程ですね。

 

少しずつ涼しくなっている夏の終わり、蒸らしをちょっと丁寧にしてみてコーヒーを愉しむのも良いですね。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0184

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

水だしのアイスコーヒーとアイスコーヒーの味わいの違いは何?

プロローグ 水だしコーヒーはダッチコーヒーとも言います。 ダッチコーヒーとは、水の点滴をゆくっり

記事を読む

ペーパーフィルターの折り方にコツはあるのか

春眠暁を覚えず。 最近、身体はしんどくないのですが、ねむたい自分がいます。  

記事を読む

豆乳ラテ ぬる燗

  ぷれいすBeを利用するHさん 障害特性からなんでもイッキで飲んでしまうため あったかす

記事を読む

コーヒーを焙煎する焙煎機による味の違い 

プロローグ 今年の夏はちょっと違う。大阪は通年以上に湿度を感じ、同じ温度でも重く苦しい暑さになって

記事を読む

教えて!ドリップのお湯の温度は何℃がいいのでしょうか?

プロローグ 自転車で風を切って走っていると、春から初夏に移り変わっていきそうな新緑の薫りが所々で感

記事を読む

タンザニア ニティン農園

  今月から登場の タンザニア ニティン農園 中焙煎と深焙煎の2つティストでご用意しお待ち

記事を読む

そもそもコーヒー豆の焙煎とはなんなのか?

昨日は久しぶりの休日を頂きまして 気力体力ともに回復してきました   娘とも

記事を読む

質問!いつもドリップするとふわっと膨らむのですが、しみる感じで膨らみません。淹れ方がよくないの?

今回は兵庫県美方郡で但馬牛の繁殖をされている、島珈琲のお客さんの田中一馬さんからのご質問におこたえし

記事を読む

ペーパーを濡らしてドリップするときに気をつけたいこと

プロローグ ペーパードリップの際、ペーパーを濡らす理由は以前に書きました。 そのブログはこちらで

記事を読む

どんどん上がるコーヒー豆 どうする島珈琲?

プロローグ 今日はどんどん上がるコーヒー豆の価格について、今後僕はどう考えているのか。 どうした

記事を読む

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
中煎りと深煎りのコーヒー豆 どっちが人気があるの?

昨日は休日でしたが、午前中は障がい者支援施設とコラボしているカフェBe

コーヒー焙煎するお店にはどんな許可が必要か。

今回はちょっと趣向を変えて、お店を開業したい方むけのお話を。 カフェ

資格はいるの?コーヒー焙煎に資格はいるのかというお話

この時期になるとどうしても昔のことを思いだしてしまいます。 &n

島さんは、コーヒーの味わいはどこで決まると思ってますか?

今日は娘の保育園の卒園式です。 その後は、奥さんが娘と一緒に幼稚園の

昔のコーヒーは美味しかった!は、ほんとうなのか?

本日はこんなツィートをしました。    

→もっと見る

PAGE TOP ↑