*

コーヒーと味わいと体調のはなし

プロローグ

昨晩、キムチを食べながらふと思いだしたこと、今回はつらつらと。
僕はどちらかというと辛いものは苦手です。

 

苦手というか、あまり食べないので辛いモノに対して弱くなっているんですね。
なぜ食べないかというと、辛いモノを食べ過ぎた翌日、コーヒーに対する味覚がおかしくなるんです。

 

以前に辛い麻婆豆腐を食べ過ぎた翌日、辛いモノを食べた後で味覚が変化することを知らない時、なんで僕のコーヒーがこんな味になるんだろう、おかしい、っていうことが起きたんです。

 

焙煎かなぁ、淹れ方かなぁって随分悩み、コーヒーの味見を7~8杯くらい飲んで気持ち悪くなった時に、あっ、あの辛い料理が原因だ!って気づいたのです。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

それ以来、積極的に辛いモノを食べなくなった

昨夜のキムチは適当な辛さで美味しく、でもほんの少しにしてフタを閉めました。

 

実はコーヒーって飲む前に食べたものや、今のように辛いモノ食べたあとなどは味わいが変わってくるのです。

 

特に一番、味覚が変化するのが歯磨き粉。
ですので、味覚に影響がでないように、今はこちらのシャボン玉せっけんハミガキを使っています。
これはオススメですよ。

 

http://www.shabon.com/shop/products/view/2850

 

お客様情報で、高槻ではロフトで販売しているそうですよ。

 

食後や歯磨きの後などは、コーヒーはいつもの味わいではないことが多いので、これは少し意識しておいてくださいね。

 

IMG_2974

 

体調と思い込み

これも覚えておいてくださいね、体調によってもかなり味わいは変化します。
僕は島珈琲のコーヒー、自分のコーヒーですね、これを飲んで「ん?」と味わいに違和感を感じたときに、まず自分の体調を調べます。

 

今日はどう?と心の自分に聞いてみるのですが、疲れているときや、慢性的な疲労が溜まっているときは、もう味わいのことを深く考えるのはやめます。

 

ここで考えると余計迷路に入ってしまう恐れがあり、体調が芳しくない時は正確な味わいをキャッチ出来ないので、この時は追求しません。

 

あと思い込み。
例えばこれアイスコーヒー用です、とお渡したとします。
アイスコーヒーは苦味のあるコーヒー豆が多いですが、そうでない時もあります。

 

でもアイスコーヒー用と聞いて、もうそれは苦いものと思い込んでしまい、先入観が頭から離れず苦くないタイプのアイスコーヒーを飲んでも「苦い」と思ってしまう、そういう事ってありませんか?

 

こんな感じでコーヒーの味わいは、二次的要因でも時々変化してしまいます。

 

エピローグ

なんでこのことを書いたかというと、ドリップで毎回同じ味わいにならないんです、と相談されるときがしばしばあります。

 

ドリップのやり方が悪いのではなく、食後に飲んだ時、食べた料理から何か影響を受けたか、それとも体調が芳しくないか、そんな事も理由にあります。

 

ですので、ご自身の技術を責める前に、そういった所を見て貰えば、なーんだ、になるんじゃないかな、と思いました。

 

参考にしてくださいね。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

おおきに、いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

カプチーノの美味しさはミルクにあり!そこ解説してみました

プロローグ コーヒー屋にも長所短所があって、僕の得意とするところは焙煎とペーパードリップです。高槻

記事を読む

ドリップコーヒーを美味しく安定していれる7つのコツ

ドリップコーヒーを美味しく入れたい ドリップコーヒーの味がいつも同じでない 安定しない ドリップコー

記事を読む

まとめ・ペーパードリップとフレンチプレスの違い

プロローグ 島珈琲のお客様を見ていると、ペーパードリップ(コーヒーメーカー・ハンドドリップ)かフレ

記事を読む

コーヒーのブレンドは交響曲だ!

プロローグ   そもそもブレンドとはなんなのか?例えばブラジルはまろやかだ

記事を読む

バリスタでもあり、ブレンダーでもあり、ロースターでもあり、そして経営者でもある

よくよく考えたら、いろんなことをしてるんだと思った、そんな今回のお話。   バ

記事を読む

島珈琲のコーヒー豆たちをバンドで表現してみたら、こうなった

プロローグ 今月は島珈琲オリジナル・リキッドアイスコーヒー「フルーティなアイスコーヒー」300本分

記事を読む

ストライクゾーンにストライクを投げるために毎日練習する

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   今朝のツィートはこんなの

記事を読む

厚手のカップ 薄手のカップ どっちがいいの?

プロローグ 寒いのが苦手の僕です こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です 三寒四温の時季が近づ

記事を読む

汚れちまった悲しみに

 得てして僕の日記のタイトルは  日記の内容と関連性がないことのほうが はるかに多い 今日

記事を読む

カフェ出店のご相談がありました 最近多いので参考点をちょい書きました

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   だいたい1年に数件 カフェや喫茶

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲のコーヒーが飲めるカフェ 芦屋編 ~ブックカフェ三日月と太陽~

先日、お休みを利用して芦屋に行って来ました。 芦屋には僕の友達が経営

コーヒーの味わいにおける「からい」ってなんですか?

昨日はお休みでした。 娘の幼稚園も振替休日でお休み。 &nbs

お店が閑古鳥の時、僕はどんなことを考えているのか

お商売を長くしていると、季節によって流れがあるのを知り、この月は繁忙期

コーヒーの実の収穫って大変なんです!のお話

昨日ツイッターに、このツィートをしたところ興味を持ってくださった方がお

毎月の季節のブレンド どんな感じでブレンド作っているの?

体調が芳しくありません。 連休前からのバタバタで疲れが出てしまったよ

→もっと見る

PAGE TOP ↑