*

お店によって違う、細挽き・中挽き・粗挽き

プロローグ

コーヒーが難しいと思われる理由の一つ、定まった基準がないことが挙げられると思います。
焙煎度合いでもそうです、中焙煎、深焙煎などでも何を持って、中焙煎なのか深焙煎なのか、とっても分かりにくいですよね。

 

挽き方もそうです。
ミルを購入された方は、説明書に中挽きにしてください、って書かれていてもどれを持って中挽きなのか、は非常にわかりにくいですよね。

 

今回はここをちょっと掘り下げて行きたいと思います。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島 規之です。

 

挽き方の基準

正直、曖昧ですね。(笑)
目が違ういくつかのザルのようなものでコーヒーの粉を振るいにかけて、その目から通る番数で、メッシュ=粉の細かさを番号で表すこともできますが、あくまでも番号であって、味わいではありません。

 

同じ挽き方でも、焙煎するお店が違えばコーヒー豆も味わいが変わってくるのです。

 

例えば島珈琲とA店と2つお店の違うコーヒー豆があったとします。

 

島珈琲高槻店のメインのコーヒーミルはこちらで、中挽きは11番の目盛りに合わせて使い、僕が納得する味になっています。

IMG_2501

 

IMG_2502

 

11番が僕にとってペーパードリップなどにちょうど良い中挽き(もしくは中細挽き)になっています。

 

で、この目盛りと同じでA店のものをコーヒーの粉にしたとします。
それで同じ条件でドリップすると島珈琲よりも味が濃かったり、薄かったりします。

 

なぜお店によって違うのか

お店によって違うのは、個々の美味しいと思うベストポイントがそれぞれに違うからなんですね。

 

コーヒーはいろいろなところで味わいの影響をうける、非常にデリケートな飲み物なんです。
焙煎が違えばミルは同じでも同じ味わいになりません。

 

用は作り手の基準なので、焙煎してそのお店のコーヒーミルでドリップして、そして味わいをみるのでその条件で美味しいコーヒーを作っている、だから途中の何かが変わると味わいが変わるのです。

 

ですから、細挽き・中挽き・粗挽きはお店の作り手の味わいの基準によって、それが定められている、というなんともややこしい話になるわけです。

 

エピローグ

家のコーヒー豆をミルで挽いて、なんかイマイチ自分の思う味わいにならないなぁ、と思う方は僕に相談して下さい。

 

またはそのコーヒー豆を購入するお店で、粉にしたサンプルを貰うとよいでしょう。

あなたのコーヒーライフ楽しんでくださいね。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

絵心

 ないなぁ~ と 昔から思っていました 学生のころ 美術の時間が大嫌いだった 人生とは後悔

記事を読む

コーヒーには老化抑制の効果があるのか、ないのか

コーヒーは身体に良くない飲み物の代表格な存在、そんな扱いでした。   胃がもた

記事を読む

ソロかバンドか  ストレートかブレンドか

最近 コーヒー生豆 焙煎する前のコーヒー豆ですね こちらを販売していますか? とお問い合わせが多くな

記事を読む

少し寒くなると濃い目のコーヒーが欲しくなるのはなぜ?

最近、テレビの取材の電話が相次いでいます。 どうしたんだろ?島珈琲なんかあったのかな? &n

記事を読む

no image

自分で言うのはなんですが・・・

最近 格段に島珈琲高槻店のエスプレッソが美味しくなったと思っているダラコルテというイタリアのメーカー

記事を読む

店舗デザイン

  ありがとうございます 皆様からたくさんのお祝いのお言葉を頂きまして 感謝感謝です さて

記事を読む

コーヒー豆を粉にして購入した時、開封しなくても冷凍庫に保存すること!

プロローグ 僕はツイッターをしておりまして、日に4回くらいツィートをしています。 決めないと出来

記事を読む

まとめて買うのがよいか こまめに買うのがよいのか どっちだ?

プロローグ 「これからのビジネススタイルは好きなこと(もの)と好きなこと(もの)を足してあなただけ

記事を読む

コーヒーの実の収穫って大変なんです!のお話

昨日ツイッターに、このツィートをしたところ興味を持ってくださった方がおられましたので、ちょっと詳しく

記事を読む

豆売りの味 喫茶の味

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です ここのところ コーヒーの味の調整に苦悶している(笑)

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
笑顔力 それは人生をあたたかいものに変える力 かな

今朝はこんなツィートをしました。   接客をして

短パンコーヒーを美味しく飲もう!おうちで楽しむコーヒーの基本的なこと

短パンコーヒーがいよいよ全国に発送され、本日より順次皆さんのお手元に届

島珈琲の通販のお買い物をもっと便利に

島珈琲は岡町本店と高槻店があり、姉妹店にカフェBe店、この3つのお店を

変わらぬ思い コーヒーはたのしむもの

昨日の書いた記事を読み返していました。   あっ

カップとスプーンの置き方に決まり事はあるのか

最近、嬉しいことに娘が「お店」に興味を持っているようで、しきりに「大き

→もっと見る

PAGE TOP ↑