*

お店によって違う、細挽き・中挽き・粗挽き

プロローグ

コーヒーが難しいと思われる理由の一つ、定まった基準がないことが挙げられると思います。
焙煎度合いでもそうです、中焙煎、深焙煎などでも何を持って、中焙煎なのか深焙煎なのか、とっても分かりにくいですよね。

 

挽き方もそうです。
ミルを購入された方は、説明書に中挽きにしてください、って書かれていてもどれを持って中挽きなのか、は非常にわかりにくいですよね。

 

今回はここをちょっと掘り下げて行きたいと思います。

 

こんにちは 焙煎アーティスト 島 規之です。

 

挽き方の基準

正直、曖昧ですね。(笑)
目が違ういくつかのザルのようなものでコーヒーの粉を振るいにかけて、その目から通る番数で、メッシュ=粉の細かさを番号で表すこともできますが、あくまでも番号であって、味わいではありません。

 

同じ挽き方でも、焙煎するお店が違えばコーヒー豆も味わいが変わってくるのです。

 

例えば島珈琲とA店と2つお店の違うコーヒー豆があったとします。

 

島珈琲高槻店のメインのコーヒーミルはこちらで、中挽きは11番の目盛りに合わせて使い、僕が納得する味になっています。

IMG_2501

 

IMG_2502

 

11番が僕にとってペーパードリップなどにちょうど良い中挽き(もしくは中細挽き)になっています。

 

で、この目盛りと同じでA店のものをコーヒーの粉にしたとします。
それで同じ条件でドリップすると島珈琲よりも味が濃かったり、薄かったりします。

 

なぜお店によって違うのか

お店によって違うのは、個々の美味しいと思うベストポイントがそれぞれに違うからなんですね。

 

コーヒーはいろいろなところで味わいの影響をうける、非常にデリケートな飲み物なんです。
焙煎が違えばミルは同じでも同じ味わいになりません。

 

用は作り手の基準なので、焙煎してそのお店のコーヒーミルでドリップして、そして味わいをみるのでその条件で美味しいコーヒーを作っている、だから途中の何かが変わると味わいが変わるのです。

 

ですから、細挽き・中挽き・粗挽きはお店の作り手の味わいの基準によって、それが定められている、というなんともややこしい話になるわけです。

 

エピローグ

家のコーヒー豆をミルで挽いて、なんかイマイチ自分の思う味わいにならないなぁ、と思う方は僕に相談して下さい。

 

またはそのコーヒー豆を購入するお店で、粉にしたサンプルを貰うとよいでしょう。

あなたのコーヒーライフ楽しんでくださいね。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
島 規之

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

しまこーひー夏の陣 アイスコーヒー達が出揃いました!

プロローグ さてさてさて、関西は梅雨入りしぼちぼち夏モードになりました。それにあわせて島珈琲の夏の

記事を読む

朝コーヒーにバターを入れて飲むダイエットがアメリカでブームらしい

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です   娘から風邪をもらってしまい 味覚

記事を読む

コーヒーを飲み方にマナーはあるの?

マナーという言葉を見て、ドキッとするのは僕だでしょうか。   僕ね、ナイフ・フ

記事を読む

コーヒー計量スプーンの代わりに使うのこれ

プロローグ 一般的によく目にするのは、写真の様な三角のタイプと台形のタイプ。 各コーヒー器具メー

記事を読む

知っておくと便利、水だしコーヒーのあれこれ

プロローグ コーヒーブームなのかな、最近よく店頭で水だしコーヒーについて聞かれることが多くなりまし

記事を読む

ご存じですか?コーヒーは濃いのが底に溜まっていることを

プロローグ コーヒーを生業にしているプロなら超当たり前の事なんですが、案外知られていないのがコーヒ

記事を読む

儲かるから?なぜ僕は喫茶店ではなくコーヒー豆屋を選んだのか

プロローグ 日曜日は、日曜日だけが営業のお店、岡町本店で営業です。 こちらのお店はコーヒー豆の量

記事を読む

これを守れば美味しい コーヒーと一番相性の悪いものはこれ

プロローグ 昨日はエクスマ新春セミナーに出席し、沢山の気付きがあり、そしていろいろ勉強をしてきまし

記事を読む

秘密兵器1号

  秘密兵器ができました それも第1号です まだまだあるよ 新店のオープンにあわせて 完成

記事を読む

コーヒーの酸味とパインアメ

コーヒーは基本的に酸味と苦みで表現される大人の飲み物。   酸味と苦みとは本来

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
たった10グラムの感動

幼い頃、母がよく映画に連れってくれました。 記憶が正しかったら、見た

料理は心やで

昨晩は中学時代の友達とご飯を一緒にしました。  

アイスコーヒーに向くコーヒー、向かないコーヒー

昨晩は仕事で遅めの帰宅。 僕以外の家族はご飯が終わり、一人で晩酌をし

障がいのある方から学びを得る

障がいのある方と関わり、こうしたところで何かを記事にする時にいちいち「

焙煎技術を高め、味わいを良くしたの方法は実は○○だった

なんとなくこいうタイトルを付けるのは嫌なんです。 なんか思わせぶりで

→もっと見る

PAGE TOP ↑