*

僕はこんな事を考えて、お店に立つ

プロローグ

僕は職人にもなりたかったし、商売人にもなりたかった。
接客しているのが好きだけど、モノを創造してつくる、特に火を自在に操れる職人に憧れていました。

 

結果、コーヒー焙煎職人とコーヒー屋さんという選択になり、現在に至ります。

 

コーヒー屋をするに当たって、職人であることも大事だし、商人であることも大事。
美味しくなかったら売れないし、売り方を知らなかったら売れないし、どちらもバランスが整ってないとお商売は成立しないなぁ、なんて14年やってきて思います。

 

でも美味しいものをつくるってのは、当たり前ですよね。
もうそれが大前提になっていますからね。

 

だから何を考えてきたか。
こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

IMG_2407

 

僕のテーマは笑顔だった

僕の焙煎するコーヒーで、生活に笑顔が溢れたら、それは僕にとって最上級の喜びです。
コーヒーをただ飲んで美味しいなぁと思ってもらうことも大事ですが、そこは当たり前。

 

その先に何があるのか、その先にお客様はどうなってもらいたいのか。
よく考えます。

 

朝の一杯が「さぁ行こう!」と思うようなコーヒーであったり、家族の団らんでは笑顔が咲き、その傍らにあるコーヒーであったり。

 

そんな役割ができたら良いなぁと思って毎日愛情込めて焙煎して、できるだけ笑顔で接客してコーヒー豆を御家庭で楽しんで貰おうと、お店に立っております。

 

できるだけ笑顔って?

だって人間だもの。
僕もお店の運転資金のことや、税金の支払いで悩んだりして顔にでてたりします、たぶん。(笑)

 

でも、それはお店の事情であってお客様に全く関係ありませんよね。
この14年でずっと考えて来たことは、どうしたら接客している四六時中、笑顔でいられるか。

 

もうここはメンタルの問題、心のコントロールの他、何もないです。

 

いかに自分の心の状態をよくするか、都合の悪いことがあったとしても、どうやって心の中で好転させるか、だってコーヒーってゆとりの飲み物でしょ。

 

ゆとりを売ってるものが、むすっとした態度や顔で販売していたら、どうですか?
美味しいものも美味しくなくなりますし、ゆとりを感じないですよね。

 

僕は何度も失敗してきました。
イラッとしてしまって、言わないでいいことを言ってしまい、二度と来なくなったお客様。

 

だから心の状態って大事なんです、ゆとりの飲み物ですからね、コーヒーは。

 

エピローグ

今でも不安になったり、先のことをあれこれ考え過ぎて行動が小さくなってしまい、笑顔を失うことも多々あります。
これはたぶん永遠のテーマ。

 

僕の永遠のテーマ、いつも笑顔でいること。

 

良いこととあるから笑うのではなく、笑っているから良い事が訪れる、これ真理ですよね。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

お客様のプライド

 島珈琲が コーヒー豆専門店 で生きていこうと決定づけたことが10年前にあったあるたった一

記事を読む

あなたの味わいの原点は何ですか?

娘は5歳で、最近おしゃべりさんです。   「なんでなん?」「なになん?」がもっ

記事を読む

ネルドリップの取り扱いについて

プロローグ コーヒーのいれ方で一番好きな方法は何か?と聞かれると迷いなく「ネルドリップ」ですと答え

記事を読む

それいけ!島珈琲カン!

先日からお伝えしている島珈琲カンの流れのお話。   島珈琲カンとは、大阪製缶さ

記事を読む

おいっす!

 もういっちょ おいっす! さて準備は終りました 手違いで野菜がおくれてしまいまして 明日

記事を読む

実はスキがあった 僕がスキだらけだから 焙煎機にスキが見つかった

プロローグ 人は完璧よりもスキがあったほうが取っつきやすい 確かに僕もそう思いますし 自分を客観的

記事を読む

あいたい人は もういない

チーフと出会ったのは 僕が高校を卒業して就職した中国料理店でした 僕は最初コックとして就職しました

記事を読む

親父 ありがとう

 僕の父親が昨日付けで退職した親父は高校を卒業してから市役所で定年まで働きパソコンが強かっ

記事を読む

コーヒー豆をプレゼントしたい!でも先様の好みがわからない!そんな時のこの話

プロローグ コーヒー屋をはじめまして、この間の3月に15年目に入りました。 こうして続けていける

記事を読む

no image

ありがとう祭りのテーマ曲

 ありがとうと言えば 浜村淳です テーマ曲は やっぱりありがとうギャルズの歌う(かな?)

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
始めは小さい焙煎機からのスタートだった

日曜日は岡町本店へ。 僕は高槻市に住んでいますので、早朝に出発し高槻

コーヒー豆の大きさは美味しさに比例するのか

ブログを書くときはその時の気持ちも随分と影響するモノで、嬉しいことがあ

コショウの挽き方とコーヒーの挽き方を比べる

コショウについてはあまり詳しくないので、知ったようなことは書けないので

古材に囲まれてコーヒーを愉しむ

毎日が割とリラックスして過ごせるのは、これはコーヒー屋の特権かもしれな

背面カウンターにした結果は

背面カウンターとは。 カウンターは普通に考えると、オープンキッチンに

→もっと見る

PAGE TOP ↑