*

オーダーを頂いたブレンドはその都度混ぜ合わせる、これ島珈琲流

プロローグ

日曜日は、営業日が日曜日だけの岡町本店へ、朝6時前に起き、車に乗り込み高槻店で荷物を積んでから向かいます。
住んでいるのは高槻なんですね。

 

途中カフェBeにより、コーヒー豆の残をチェックしてから、本店に着くのが7時半過ぎ。
荷物を下ろしてから実家に行き、車を置かせてもらい、実家にあるマッサージチェアで15分ほどモミモミ「えー気持ち」になってから、よっしぁー!ポパイにホウレンソウで復活!みたいな感じになり、実家から本店に歩いて来て、焙煎を開始します。

 

焙煎が終わると発送準備。
発送分を終了すると、納品書や請求書などの書き上げる事務的な作業をします。

 

と同時進行で、お店へお客様が来られたら接客、販売、その間にスマホでSNSをして遊び、ブログの下書きをして、閉店時間が近づいてきたら後片付けと掃除を。

 

そして車に荷物を積んで高槻店に帰ってきます。
車の移動時間は40分くらいです。
帰ってきてから、落ち着いてブログを清書するので、だからいつも日曜日は遅い時間になるんですよー、ブログを更新するのが。

 

いやぁ、言わんでもいいこと書いて前置きを引っ張りました。
前置きを引っ張る時は、本文の内容が薄い時です、あっ、バレてます?だんだん分かってきましたか。

 

あはは、ではこの後は本文を展開します。
序・破・急でいきますよ!こんにちは、焙煎アーティスト 島規之です。

 

IMG_2205

 

基本的にオーダーを頂いてからブレンドします

島珈琲のメインブレンド、ナンバーワンのブレンド花、ナンバーツーのブレンド風、この2つは島珈琲の2枚看板、野球で例えると4番バッターとエースです。

 

ですので、この2つは良くオーダーがあるため、花・風のブレンドにおいては作りおきをしています。

他のブレンドはオーダーを聞いてから、それってどういうことなのか?

 

例えばメニューに特選ブレンド四季というブレンドがあります。
どの季節に飲んでも美味しく飲めるように、と過去にお客様が名付けしてくれたブレンドです。

 

これはグァテマラ60%とコロンビア40%を合わせているブレンドです。

これを100グラム欲しいと言われたら、60gのグァテマラを計り、40gのコロンビアを計って、混ぜ合わせます。

 

これで粉にする場合はミルで挽き、豆のままだとそのまま袋詰めします。

 

なぜそんな面倒なことをしているのか?

例えばこの特選ブレンド四季を作り置きしていたらどうでしょうか。

 

そうすると、四季のブレンド以外に四季には用途がないのです。
オーダーがなければ、鮮度はどうでしょうか?

 

売れなければどんどん鮮度は?そうですよね、古くなってきます。

 

ブレンドする前のグァテマラやコロンビアのままですと、他に用途はあります。
四季以外のブレンドに使ったり、あるいは単品で購入されたり、とか。

 

つまり常に味わいの良い状態でお渡しできるように考えて、手間がかかってもオーダー毎に都度ブレンドしていることを島珈琲は選択している、ということになります。

 

エピローグ

時々、特選ブレンド四季だとグァテマラを60グラム計った途中のところで、
「あっ100gオーダーしたんですけど・・・」
と言われるお客様がおられますが、大丈夫です、ノープロブレムですよ。

 

ブレンド作ってる途中なんですね、安心してください。

 

そうやってブレンドって作るんだぁと、お客様が僕がブレンドを作る様子を見て、新しい発見に気づく事があったりすると嬉しかったりします。

 

特に本店のお客様は、ブレンドを作るのに時間がそこそこかかるのを知っているので、電話やお店に来て、先にブレンドのオーダーをしてから、買い物などの他の目的地に行き、帰る途中で、オーダーしたブレンドを受け取る、というふうにされているお客様も多くおられます。

 

そういったこともOKですので、お急ぎの時などは先にオーダーしてもらえるとすぐにお渡しできますからね!

以上、なぜオーダーを聞いてからブレンドをするのか?でした。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

豆売りの味 喫茶の味

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です ここのところ コーヒーの味の調整に苦悶している(笑)

記事を読む

no image

魔性の飲み物

 コーヒーは科学的に解明されていないことがまだまだ多く それが故に魔性の飲み物として扱われ

記事を読む

僕を癒すのはあなた

  島珈琲オリジナルの コーヒーシロップの加糖 ものすごい勢いで売れてしまい 欠品してしま

記事を読む

僕がハワイ島でコーヒー栽培の仕事をしてつらかったこと

プロローグ かれこれ15年前になりますが、今でもよく覚えています。   現在

記事を読む

no image

スチーミング

 エスプレッソマシンで昨日くらいから スチーミングが 急にうまくいかなくて「なんでだろ?」

記事を読む

なぜ島珈琲にはブルーマウンテンがないのか?

コーヒー豆のラインナップ。 皆さんはどんなコーヒー豆があると嬉しいですか?  

記事を読む

コーヒーの美味しい順番は?

プロローグ コーヒーの淹れ方は難しいと言われ、美味しいコーヒーの淹れ方がクローズアップされています

記事を読む

10年前より仕入れのコーヒー豆が2倍高くなった、この先をふと未来を思ってみる

超アナログの僕です、こんにちは焙煎アーティスト 島規之です。   今朝、僕のパ

記事を読む

ドリップバッグの試作はこうしてつくられる物語

プロローグ 出版するコーヒー本の原稿見直し、修正が思うように進まない。 僕は今年で41歳になりま

記事を読む

好みの味わいのコーヒーを探すにはどうしたらいいですか?

去年から沢山のオリジナルブレンドを作らせて頂いております、感謝です。   マー

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
コーヒーの「美味しい」には 何が隠されているのか

ありがとうございます。 19日から21日まで僕の両親と家族、合わせて

6/20(火)21(水) 通販業務・高槻店臨時休業のお知らせ

      い

なぜ コーヒー豆屋に「喫茶スペース」を設けたのか

先週日曜日のブログで高槻店になぜ喫茶スペースを設けたか、これを覚えてい

ドリップしたあとの粉が、綺麗なスリ鉢になるためのコツとは

さて、いよいよです。 いよいよ家族旅行です、って皆さんには関係ないで

説得か納得か 買い物をしてもらうのにどっちが大事?

過去の経験から言うと、6月はどちらかというと閑散月なのですが、今年はお

→もっと見る

PAGE TOP ↑