*

オーダーを頂いたブレンドはその都度混ぜ合わせる、これ島珈琲流

プロローグ

日曜日は、営業日が日曜日だけの岡町本店へ、朝6時前に起き、車に乗り込み高槻店で荷物を積んでから向かいます。
住んでいるのは高槻なんですね。

 

途中カフェBeにより、コーヒー豆の残をチェックしてから、本店に着くのが7時半過ぎ。
荷物を下ろしてから実家に行き、車を置かせてもらい、実家にあるマッサージチェアで15分ほどモミモミ「えー気持ち」になってから、よっしぁー!ポパイにホウレンソウで復活!みたいな感じになり、実家から本店に歩いて来て、焙煎を開始します。

 

焙煎が終わると発送準備。
発送分を終了すると、納品書や請求書などの書き上げる事務的な作業をします。

 

と同時進行で、お店へお客様が来られたら接客、販売、その間にスマホでSNSをして遊び、ブログの下書きをして、閉店時間が近づいてきたら後片付けと掃除を。

 

そして車に荷物を積んで高槻店に帰ってきます。
車の移動時間は40分くらいです。
帰ってきてから、落ち着いてブログを清書するので、だからいつも日曜日は遅い時間になるんですよー、ブログを更新するのが。

 

いやぁ、言わんでもいいこと書いて前置きを引っ張りました。
前置きを引っ張る時は、本文の内容が薄い時です、あっ、バレてます?だんだん分かってきましたか。

 

あはは、ではこの後は本文を展開します。
序・破・急でいきますよ!こんにちは、焙煎アーティスト 島規之です。

 

IMG_2205

 

基本的にオーダーを頂いてからブレンドします

島珈琲のメインブレンド、ナンバーワンのブレンド花、ナンバーツーのブレンド風、この2つは島珈琲の2枚看板、野球で例えると4番バッターとエースです。

 

ですので、この2つは良くオーダーがあるため、花・風のブレンドにおいては作りおきをしています。

他のブレンドはオーダーを聞いてから、それってどういうことなのか?

 

例えばメニューに特選ブレンド四季というブレンドがあります。
どの季節に飲んでも美味しく飲めるように、と過去にお客様が名付けしてくれたブレンドです。

 

これはグァテマラ60%とコロンビア40%を合わせているブレンドです。

これを100グラム欲しいと言われたら、60gのグァテマラを計り、40gのコロンビアを計って、混ぜ合わせます。

 

これで粉にする場合はミルで挽き、豆のままだとそのまま袋詰めします。

 

なぜそんな面倒なことをしているのか?

例えばこの特選ブレンド四季を作り置きしていたらどうでしょうか。

 

そうすると、四季のブレンド以外に四季には用途がないのです。
オーダーがなければ、鮮度はどうでしょうか?

 

売れなければどんどん鮮度は?そうですよね、古くなってきます。

 

ブレンドする前のグァテマラやコロンビアのままですと、他に用途はあります。
四季以外のブレンドに使ったり、あるいは単品で購入されたり、とか。

 

つまり常に味わいの良い状態でお渡しできるように考えて、手間がかかってもオーダー毎に都度ブレンドしていることを島珈琲は選択している、ということになります。

 

エピローグ

時々、特選ブレンド四季だとグァテマラを60グラム計った途中のところで、
「あっ100gオーダーしたんですけど・・・」
と言われるお客様がおられますが、大丈夫です、ノープロブレムですよ。

 

ブレンド作ってる途中なんですね、安心してください。

 

そうやってブレンドって作るんだぁと、お客様が僕がブレンドを作る様子を見て、新しい発見に気づく事があったりすると嬉しかったりします。

 

特に本店のお客様は、ブレンドを作るのに時間がそこそこかかるのを知っているので、電話やお店に来て、先にブレンドのオーダーをしてから、買い物などの他の目的地に行き、帰る途中で、オーダーしたブレンドを受け取る、というふうにされているお客様も多くおられます。

 

そういったこともOKですので、お急ぎの時などは先にオーダーしてもらえるとすぐにお渡しできますからね!

以上、なぜオーダーを聞いてからブレンドをするのか?でした。

 

 

薫る島珈琲をもう一杯。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_1610

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

シーンで分けてみる お好みのコーヒーの味を探すためのヒント

実は苦味があるとか酸味がある、というのは僕たちプロからするとどちかといえば、ネガティブな表現なのです

記事を読む

コーヒーはどんなときに飲みますか?

プロローグ 島さんはいつブログを更新しているのですか? と、先日お客様に聞かれました。だいたい朝

記事を読む

バウムクーヘンと美味しいコーヒー

プロローグ コーヒーによく合うお菓子の一つとして、僕はバウムクーヘンがオススメです。 シンプ

記事を読む

入り口がコーヒー 出口がオレンジ

 こんなん作ってみました この色合いは 皆さんどう思われますか? 下からガムシロを混ぜたオ

記事を読む

ニューウエーブコーヒーとはなんなのか?

実は今流行りのサードウェーブコーヒーとかあんまり知らないのです。(笑) サードがあるならセコンド、

記事を読む

コーヒー焙煎はどんな事を考えて、焙煎しているのか

プロローグ コーヒーの焙煎とはコーヒー生豆を火で(熱で)焙る作業のこと言います。 コーヒー生豆は

記事を読む

ご存じですか?コーヒーは濃いのが底に溜まっていることを

プロローグ コーヒーを生業にしているプロなら超当たり前の事なんですが、案外知られていないのがコーヒ

記事を読む

1杯のコーヒーは3回の味わいを楽しむことができるのです

コーヒーの味わいが3回楽しめる? つまり、ブラックコーヒー、ミルクを入れて、最後に砂糖を入れるって

記事を読む

中煎り(中焙煎)と深煎り(深焙煎)の決定的な違いとは

プロローグ もちろん味わいの違いもあります。 中焙煎は爽やかな酸味と僅かに感じる苦味のコントラス

記事を読む

820ブレンド カフェラテ

  820ブレンド カフェラテ 黄金比8:2 牛乳8に対してカフェラテ小町2で割ると とっ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
焙煎は焙烙(ほうろく)でもできるんですよ

僕は滅多にコーヒー教室をしないのですね。 なんで?と言われるとあまり

コーヒーと健康とダイエットのお話

昨晩、娘が耳が痛いと泣き出す。 奥さんが救急の病院に電話をかけてみる

今年の夏の標語も「笑う門には福来たる」です!

梅雨が明け、夏本番となりました。 昨日の高槻は36℃という気温で、蝉

夏のコーヒー豆・粉の保存で気をつけたいこと

最近なぜか子供の頃、初めて行ったプロ野球観戦のことを思いだすんです。

アイスコーヒーは専用の豆で淹れないといけないの?

今朝はゆっくり目に起きました。 繁忙期は娘が起きる前に家を出るのです

→もっと見る

PAGE TOP ↑