*

一刀両断できない!切っても切れないコーヒーと水の関係

プロローグ

コーヒーと水は切っても切れない関係です。
水に流して・・・と言いますが、コーヒーはそもそも液体の99パーセントが水ですので、水には流せられません。

 

先日、面白いお話をお客様としていました。
水だしコーヒーの事なんですが、水だしコーヒーを抽出する水は軟水と硬水どっちがいいの?聞かれまして、その様な質問は、未だかつて受けた事なかったので、いきなりの鋭い予想以上の速さのジャブを打たれた様な感じで、動きが一瞬止まってしまいました。

 

水だしコーヒーは、ダッチコーヒーから来ています。
ダッチ=オランダという意味ですが、なぜオランダコーヒーなのか。

 

ダッチコーヒーが生まれたのは、インドネシア。
昔、インドネシアを植民地にしていたのはオランダです。
インドネシアは主にインスタントコーヒーなどに使われる、ロブスタという苦味のあるコーヒーの主要生産地。

 

その苦いコーヒーをどうしたらまろやかな味わいに抽出し飲めるか、ということで発明されたのが、砂時計みたいな装置で水がポツッポツッと落ちて時間をかけて抽出する、水だしコーヒー=ダッチコーヒー、をオランダ人が考えた。

だからダッチコーヒーなんですね。

 

インドネシアは軟水だと思うのですが、そこは知らないので誰か教えてください!
硬水でそもそも水だしコーヒーを作る事があるのかどうか、ですね。
アイスコーヒーの時期が近づいたら、一度硬水で水だしコーヒーを作ろうと思います、お楽しみに。
 

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。

 

ブログは1000文字を目指して作っているのですが、序破急の「序」の部分の前振りで半分の500字を使ってしまいました、あははバカだなぁ。

 

IMG_0618

場所によって違う水の味わい

島珈琲の拠点は2つ有り、日曜日だけの営業の岡町本店、実質的に本店の役割をしている高槻店、車で移動すれば40分くらいの場所に2店舗はあります。

 

岡町本店は豊中市、高槻店は高槻市にありますが、水道水でほぼ同じ条件にして島珈琲のコーヒーを淹れて味わいを確認してみると、微妙に違うのですね。

 

条件はほぼ一緒なので、違う要素は水しかありません。
ですから、土地によって水の味わいは違うので、同じコーヒー豆でも飲まれる土地によって違う事になります。
面白いですね。

 

コーヒーに淹れる水はどんな水が適しているか

僕が思っているのは、日本人には日本人が飲み慣れた軟水で、できれば浄水器を通したものが良いかと思います。
浄水器に通さず水道水を直接使う場合、ヤカンで沸騰させる時ヤカンのふたを開けて火をつけておくとカルキ臭が飛びます。

 

コーヒーの99パーセントが水なので、はやり水の存在は大きいです。
その土地の名水やいろんな水を使ってコーヒーを楽しむのも、またコーヒーを更に楽しむ方法です。

 

お水によってコーヒーの味わいが変わる事、頭の隅に置いていてくださいね。

 

エピローグ

結局たぶん僕は今日のこのブログで伝えたいことは、ダッチコーヒーのルーツだったんだ、と振り返るのでした。

また水のお話は改めて。

 

 

いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島規之

 

 

マーケティングの師匠 藤村正宏先生のオリジナルブレンドを島珈琲がつくりました!光栄です!
エクスペリエンスマーケティング略してエクスマの創始者 藤村正宏先生のスコットブレンド

 

師匠のブログはこちら
島珈琲さんが作ったボクの「スコットブレンド」
http://www.ex-ma.com/blog/archives/4546

 

購入のご案内はこちら
藤村正宏先生のオリジナルブレンド・スコットブレンド販売します!
http://blog1.shima-coffee.com/?p=13679

 

IMG_0035

 

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

1杯のコーヒーは3回の味わいを楽しむことができるのです

コーヒーの味わいが3回楽しめる? つまり、ブラックコーヒー、ミルクを入れて、最後に砂糖を入れるって

記事を読む

好みのコーヒー豆の探し方

プロローグ コーヒーには沢山の種類があって、どれが、どんな味わいをしているのか、を例えばお店で言葉

記事を読む

入り口がコーヒー 出口がオレンジ

 こんなん作ってみました この色合いは 皆さんどう思われますか? 下からガムシロを混ぜたオ

記事を読む

隠しブレンド 鱗雲(うろこぐも)

 前の日曜日 岡町本店の焙煎機 桜号の温度計がなにやら変だと書いた わからないことは わか

記事を読む

自家焙煎

 僕がコーヒー屋を開店したときは 「自家焙煎」という言葉が じぶんとこで焙煎してます!って

記事を読む

コーヒーというものは

コーヒー豆屋をしていると 年齢によって 性別によって 味覚の違いがあり それぞれの大まかな傾向が

記事を読む

コーヒーとミルクの相性学

関西ではコーヒーに入れるミルクをフレッシュと言いまして、フレッシュと言って通じなかった時に???とな

記事を読む

ご存じですか?コーヒーは濃いのが底に溜まっていることを

プロローグ コーヒーを生業にしているプロなら超当たり前の事なんですが、案外知られていないのがコーヒ

記事を読む

ハンドドリップの時のお湯の温度 美味しさにどう影響があるの?

僕が出版するコーヒー本、「ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト」校正を確認しました。

記事を読む

うまいコーヒーを焙煎するには!

今朝6時頃 高槻店へ向かう朝の風は涼しく これからもこの涼しい朝が続いてくれればなぁ~と 思いながら

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
ブログのネタに困ったら僕が手に取るコーヒーの本

基本的にブログのネタはお客さんから頂戴しています。  

焙煎とは、引き出す作業なんです

昨日は定休日。 家族でおじいちゃん、おばあちゃんに会いに行ってきまし

今まで一番臭かったものは何?

今までで、あなたの中で「一番臭い!」と思った経験はどんなものでしたか。

あの芸能人の、あのコーヒーが再販決定しました!

あっというまのことで、息をつく間がなかったというか、再販するかどうかの

ブレンドコーヒーはいつも同じ味になるのですか?

あの芸能人の、あのコーヒーが再販されるかも?  

→もっと見る

PAGE TOP ↑