*

この焙煎機たちと歩いていく

公開日: : 焙煎アーティスト

昨日、物置コンテナを貸してもらうため、契約について電話しました。
話はトントンと進み、必要書類について。

 

島珈琲は法人でありまして、だいたい何かを契約する時には全部事項履歴証明書を提出することが多く、その際その証明書を取らないといけません。

 

最近は便利なもので、全部事項証明書もネットで取り寄せできるんですが、年に1回か2回しか使わないのでいつもやり方忘れてしまうんです。
でも、法務局に行ってもらうよりも断然お得なんですね。

 

ペイジーというので支払うのですが、支払い手数料もなし、郵便で送られてきます郵送料もなし、というかコミコミで500円なんです。
法務局に行ってもらうのも、同じかちょっと高かったように記憶してます。

 

足運んでネットより高い(もしくは同じ金額)なら、ネットでする方が時間の短縮にもなりますからね。
なので、いつも根気よく思い出して何とか出来ています。

 

ほんと便利になりましたね。
さて、今回は島珈琲高槻店の焙煎機のお話です。

 

 

一生の相棒として使っていきたい

 

島珈琲には岡町本店と高槻店と両店に、1台ずつ焙煎機を設置してます。
どちらも富士珈機という国産のコーヒー焙煎機メーカーが製造したものです。

 

同じ5キロタイプのものですが、仕様が少し違っており使い分けております。
岡町本店の焙煎機は3代目になり、最初は今のモノよりも小さいサイズのモノを使用し、2代目に他社製の同じ5キロのタイプを購入し、そして現在の3代目となりました。

 

高槻店の焙煎機は高槻店では1代目ですが、島珈琲では4代目の焙煎機となります。
両方とも、いくつかノーマルタイプから仕様を変更して、僕自身が求めている味わいに仕上がるようにしています。

 

高槻店の焙煎機は、豆の持つ個性をしかり表現し、かつシャープな味わいになるように。
岡町本店の焙煎機は、しっかりした味わいを表現し、かつ優しい味わいになるように。

 

それぞれ、出来上がる味わいが少し違っているのですね。

 

岡町本店の焙煎機は、14年使用していますがほぼ日曜日だけの稼働ですので、14年まるまる使用していたことになりませんが、14年共に過ごしております。
高槻店はもうすぐ9周年で、同じく9年一緒に過ごしています。

 

そろそろいろんなところが

 

いつもなら聞こえない機械音がしたり、そろそろしっかり点検と消耗品の交換をしないといけない時期がきたようです。
高槻店の焙煎機は、高槻店の営業日のほぼ毎日、稼働していますのでね、頑張ってくれています。

 

焙煎機も国産、外国産といろいろなマシンがありますが、僕はこの味わいが気に入ってますので、この焙煎機をずっと使っていきたいと強く思ってます。

 

大事に使えばそれに応えてくれるはず。
機械には感情はないけども、やっぱり大切にしている分それに応えてくれると思うのです。

 

僕はいつも業務終了後、道具たちにありがとうと心の中で声掛けしていってます。
何を馬鹿げたことを、と思いになられる方もいるかもしれませんが、道具ってその声に応えてくれると僕は信じています。
道具を大事にする心を大切にしていたい、という思いからかもしれません。

 

ということで、僕自身は焙煎機をグレードアップすることは頭になく、この焙煎機、このマシンで自分の味つくりを更に深め追究していきたいと考えてます。
皆さんの笑顔のために、このマシンたちととも頑張りますね。

 

今回は島珈琲の焙煎機のお話でした。
それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

コーヒーのブレンドの作り方は2種類あるんです。

プロローグ 大阪は暑くなってまいりました。いかがお過ごしでしょうか? 夏本番に向けて、リキッドア

記事を読む

続けようと思うことは、まずハードルを下げてから始めること

高槻店も岡町本店も賃貸です。 月々家賃をお支払いしております。   高槻店の大家さんは、こ

記事を読む

焙煎アーティストとは何なんだ!

昨日が今年の初売りでした。 思いもよらぬお客さんが来られびっくりしてたんです。   実は僕

記事を読む

コーヒーの種からカップまで、人の成長でわかりやすく表現してみた

プロローグ 僕たちがコーヒーを飲もうとしカップを手にした時、ここまでどれだけの事があったんだろう。

記事を読む

島珈琲のホウシン

日本語って面白いなぁって思います。 ブログのタイトルを考えていて、やっぱりタイトルで読み手の人におぉ

記事を読む

ナチュラル と ウオッシュ コーヒーの精製法

プロローグ コーヒー生豆が日本に届くまで ほんとにいろんな行程があり 様々な人の手がかかっています

記事を読む

2020年 新年 あけましておめでとうございます

新年 あけましておめでとうございます。 本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。   今

記事を読む

何歳まで焙煎していられるだろうか

どうしたん?なんかあったん? いえいえ、特に何かあったわけではないんです。   今朝ね、ヤ

記事を読む

焙煎する機械、焙煎機による味わいの違いって何?

最近、コーヒー業界の新しい情報についていけてない僕です。 コーヒーに関わらず、情報はツイッターなど

記事を読む

フルーティなアイスコーヒーって何がフルーティなのか?

プロローグ 去年から販売し始めた島珈琲オリジナル・リキッドアイスコーヒー 「フルーティなアイスコー

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
コーヒーメーカーではペーパーフィルターを使い分けてます

今日から7月、ですが7月とは思えぬ暑さとなっております。 いろんな方の

為替の行方

お店の掃除を終え、レジ締めなど一通りの閉店作業が済んだら、バイクで帰路

小学生からの友

6月でこの暑さは有り得ないですよね。 近畿でもまさかの梅雨明け宣言が昨

帰ってきたグラインダー

今朝、税理士さんが振込用紙を持ってきてくださいました。 そうです、決算

作る人に熱い思いがある

昨晩、岡町本店の業務終了後、ニューマシンを設置してきました。 とにかく

→もっと見る

PAGE TOP ↑