*

微差の操作で変わる味わい

公開日: : 焙煎アーティスト, 社会貢献部

昨日は、久々の島珈琲社会貢献部の活動でした。
とまぁ、かっこよく言ったものの、餃子の王将で飲み食いしながらのミーティング。

 

とある会社さんから、コーヒー関係の仕事の依頼が福祉施設へあったのですね。
そのことについて、アドバイスを求められたので、餃子を食べながらあれこれと。

 

それが終わったら、近況報告と今後のことを。
特に具体的な話は、今回はありませんでしたが、それでも少しずつ前へ前へと進んでいます。

 

ちょっと今、僕は自分のことで手一杯ですが、頭の中ではこの社会貢献部の炎はしっかりと灯りを照らしています。
引き続き頑張りますね。

 

さて今回は、ちょっとした気づきについて。

 

 

高槻店の焙煎機はちょっとした操作で味わいが変わる

 

高槻店の焙煎機は、わりと繊細で、ちょっとしたことで味わいに変化を及ぼすのですね。
メンテナンス前に、ちょっと自分の思う味わいから少しだけずれていて、どうにかする方法はないかなと考えていたのです。

 

そしてちょっと方法を変えると見事に「どストライク」になったのです、ほんの少しだけ操作方法に手を加えただけなのに。
でもね、後から考えたらそうや、知ってたのになぜこのことを思い出せなかったなんだろう、とそんな自分にちょっと反省。

 

排気とガス圧、排気は排気風量で換気扇で言ったら風力の強弱ですね、その調整と、ガス圧はガスコンロで言うガスの炎の強弱。
これを少し操作するだけ、だったのですが、なんでこのこと忘れていたんだろって。
それを忘れていた自分を馬鹿らしく思いましたが、そうして記憶に焼き付けていくのですね。

 

今度あった時は、すぐに思い出すはずです。

 

失敗とか反省とかがあって、技術は高まっていくわけです。

 

失敗や反省が記憶に刷り込んでいく

 

考えてみれば、振り返ってみれば、頭の中に残っている技術、焙煎だけではなくいろんなことにおいて、忘れずに刷り込まれているのは、一度失敗したことや、反省から生まれたものが多いと思うのですね。

 

この焙煎機はちょっとしたわずかな操作で味わいが変わる、というのは、あれって思ったことが何度もあったからこそ。
その時、あれを試したり、これを試したりして、そうかこうなるのか、と自分なりの解釈があり、納得して腹に落ちる。

 

その積み重ねが経験となって、自分自身を分厚くする。
分厚くなれば、予期せぬアクシデントにも対応ができたり。

 

失敗と反省って、大事だなぁと改めて思ったわけです。

焙煎から人生を教えてもらっているように思います。笑

 

操作の微差で変わる味わい、とタイトルを書きましたが、そこから反省と失敗の話となって、失敗は経験の礎となっている、といオチで落ち着きました。

 

ということで、この繊細な焙煎機と共にして、皆さんの喜んでもらえるコーヒーを焙煎し作ります!
それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.
Avatar photo

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

味は一期一会 いつも同じ味なんてありえない

プロローグ と、まぁ過激ぎみなタイトルになりましたが、先日お店を出される方から相談で 「3人がそ

記事を読む

大晦日、元日、高槻店は営業します!

本日、12月30日月曜日は、岡町本店で特別営業しております。 普段は日曜日だけの営業ですが、年末のみ

記事を読む

コーヒーをドリップするときに大切な1つのこと

プロローグ     テクニックって練習すれば上手くなります

記事を読む

焙煎アーティストだって焙煎を失敗する時はある

プロローグ 島珈琲を開業したのが2002年ですので、14年が経ち15年目に入っています。 &

記事を読む

使い終わった麻袋

自分のブログは何回も読み返してはいます。   僕はいつもパソコンでブログを作成して、完成後

記事を読む

スィーツバイキングだよ! 島珈琲 社会貢献部

早朝の風は涼しく 自転車をこぐのには 暑くない気候でしたが 時間が経ち開店前に 窓ふきなどをしに表に

記事を読む

焙煎で味わいが変わるってどういうことなのか

    焙煎でコーヒーの味を作る、これわかりにくいですよね。

記事を読む

実は中華料理のコックを目指していた

高校を卒業して就職した会社は、中国料理店。 コック見習いとして勤務し始めました。   お客

記事を読む

島珈琲の野望Ⅱ

プロローグ 以前にもこんなタイトルの記事を書いたので、今回はⅡになります。笑 こんにちは 焙煎ア

記事を読む

焙煎は焙烙(ほうろく)でもできるんですよ

僕は滅多にコーヒー教室をしないのですね。 なんで?と言われるとあまり得意ではないから、かなぁ。

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
コミュニケーションの成功の鍵

本日、9月26日月曜日は、岡町本店・高槻店共に定休日で僕自身のお休みで

コーヒー豆のお店を20年やってきて

2002年に岡町本店オープン、2009年にCafeBeでのお仕事を頂き

焙煎機 この2台を一生使いたい

昨日のお昼に、YouTube自家焙煎島珈琲chの動画をアップロードしま

ミルの手入れについて

ここのところ台風の影響なのかどうか、定かではありませんが、低気圧のせい

移り変わるミルの値段から

昨晩、この金曜日にアップロードするYouTube自家焙煎島珈琲chの動

→もっと見る

PAGE TOP ↑