*

実は中華料理のコックを目指していた

公開日: : 焙煎アーティスト

高校を卒業して就職した会社は、中国料理店。
コック見習いとして勤務し始めました。

 

お客さんの多いお店で、どちらかというと高級になるそのレストラン。
僕はスープとりの仕事が主で、あとは出来上がった料理をホールの人へ渡すなど、いわゆる雑用係でした。

 

朝も早く、夜も遅い。
僕はすぐにケツを割ってしまいました。

 

いや本当に、お恥ずかしい話ですが、その仕事の量とハードさに音を上げてしまったということです。

 

こんにちは 焙煎アーティスト島規之です。

 

 

挫折だらけでした

 

夢は職人なること。
まず料理職人を目指した僕は、あえなく轟沈。

 

自分の不甲斐なさに打ちひしがれ、若い頃特有の自己嫌悪には、しょっちゅう陥っていました。

 

その後、いろいろ就職するも長く続かず。
沢山の人に迷惑をかけてきました。

 

年末、暮れゆく年とともに、なんかいろんなことを思い出して、沢山の人に迷惑をかけてきたなぁと、胸の中は反省の一色に染まりました。

 

長続きもしない、迷惑をかけてばっかり。
今、もし過去の人に出会うことがあるのなら、謝りたいです。

 

たぶん会うことありませんので、ここで気持ちを伝えておきます。
ご迷惑をおかけして、大変申し訳ございませんでした。

 

そんな僕でもコーヒー屋を続けてこれた

 

次の3月には、島珈琲は開業17年、そして18年目に突入します。

 

僕のような「続けること」が苦手な人が、17年も。
自慢したいんじゃないんです。

 

誰でもやればできると思うのです。
だって僕ができたのですから。

 

大事なことはやっぱり、お客さんのために、というような「誰かのため」という思いがあるかないか。
自分のためだけでは続かないのです。

 

誰かのためとか、人のためって、すごいエネルギーになります。
欲も大事です、これもエネルギーになります。

 

でも、お客さんはお客さんのために、との想いが伝わると何か応えてくれる、
僕はそう感じてます。

 

大切にする、という思いが伝わった時、お店も大切にしてくれる、そう思ってます。

 

今日は何か始めようとする方に、実は僕が続かない人だったけど、努力してこうなった、ということが、勇気になればと思い書きました。

 

コツコツです、コツコツと。

 

今年もコツコツと誰かのために、お客さんのために、そして自分のために頑張りますね。

 

それでは。
いつもありがとうございます。
焙煎アーティスト 島 規之

The following two tabs change content below.
島 規之

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

知識とはひけらかすものではなく 誰かのお役に立てるもの

いよいよTANPAN COFFEEの焙煎が明日からとなりました。   島珈琲高

記事を読む

開業してから12年間守り抜いているもの

今月10月23日木曜日は勉強会(のようなもの)に出席するため その日は臨時休業を頂きますね 何回も休

記事を読む

ハンドボールじゃないよ ハンドピックだよ

プロローグ コーヒーはコーヒーノキの種子で、つまり農産物です。当然収穫の時には、未成熟の豆や、異物

記事を読む

島さんがドリップするコーヒーみたいに、ぷくーとドーム状にならないんです

プロローグ 今朝の大阪は非常に寒い朝になりました。 三寒四温とは言いますが、寒暖差がかなり激しい

記事を読む

安定した味作り、その心がけは

実は人間ドックを受けた事ないのですね。 特定検診にしかり、受けとかなあかんなぁと思いつつ、先延

記事を読む

必読 コーヒーが身体にいいという理由

こんにちは 焙煎アーティスト 島規之です。 今日はコーヒーが身体に良いという、効用をズラッと書

記事を読む

きめ細やかさだよ 人生は

プロローグ 今朝のツイッターにこんなことを書きました 「生き残る生物は強い生物ではなく 環境の変化

記事を読む

モノも人も大事な事は「聞く」こと

プロローグ 最近、ツイッターをめちゃめちゃ楽しんでいます。 文字数が140字と決まってい

記事を読む

珈琲問屋 |こだわりの珈琲問屋をお探しのあなたへ|

こんにちは! カフェやレストラン 美容室などを経営する方の縁の下の力持ちになりたい コーヒーの事が大

記事を読む

no image

プロ焙煎士から焙煎アーティストへ脱皮!

そうです 今まではプロ焙煎士 島 規之 と申していましたしかし AMMの岡田先生に15時間くらいのヒ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
エクスペリエンス・マーケティング創始者
藤村正宏氏 公認ブレンド
スコットブレンド
島珈琲のデカフェの豆が最近また人気

今日は日曜日。 日曜日は大阪・豊中にある岡町本店の営業日。  

深焙煎と中焙煎 どっちが人気があるのか?

昨晩は、障がい者支援施設とコラボカフェ、カフェBeで打ち合わせでした。

毎朝、焙煎してフレッシュなコーヒー豆をお届け

最近、娘の気になることは、お店のオープンが10時なのに、なぜ僕が朝早く

お店独自の味わいはどう作られているの

先日、5月に行われる「短パンフェス」という、イベントの出店面接を受けさ

コンビニコーヒー、カップコーヒーに味わいの差があるのか

昨日は臨時休業を頂きまして、エクスペリエンスマーケティング塾、略してエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑