*

焙煎度合いによって挽き方はかえるべきなの?

昨日ですね、100均に洗剤を入れる詰め替えボトルを買いにいったのです。
いいのが見つかったのですが、上のフタと下のフタがあって、本体に接続する下のフタを取れるか、お店で確認してたんです。

 

外しにくいけど、取れました。
何も考えずに戻していたら、ネジの切込みを一段間違えてはめ込んでしまい、どうにもこうにも動かなくなってしまいました。
これはいかん、と一所懸命回すのですがアリ地獄でやればやるほど、固くなる。

 

ううう、ここで回すのを諦めて、これを購入することに。
家で道具を使って回そうとしても回らず、結局、手伝ってくれた娘のおもちゃとなり、そのボトルに「わたしの」と娘はマジックで書いてはりました。

 

「わたしの」って書いた字が妙に可愛くて、まぁ220円したけど、可愛い字見れてふふふとなったから良しとしようと僕の中でおさまりが着きました。笑

 

さて、昨日お客さんとお話していて、お伝えしたことをこのブログに。

 

 

中煎り深煎り、焙煎度合い、煎り具合によって挽き方を変える?

 

島珈琲には焙煎度合いの違うものは、中焙煎と深焙煎と2つになっています。
中焙煎=中煎りで、ソフト飲みやすい味わい、その味わいに少し酸味を感じます。

 

深焙煎=深煎りで、コクや苦みがあってコーヒーの質感を感じる味わいです。
その2つですが、お客さんへ粉にしてお渡しする時、中焙煎と深焙煎で挽き方が違うのか、というと違ってお渡ししております。

 

中焙煎が写真のコーヒーグラインダー(コーヒーミル)の場合、挽き目盛りは11で、深焙煎の場合は1つ細かい方へ行き、10に合わせて挽いてお渡ししております。

 

基本的にコーヒーミルやコーヒーグラインダーというのは、挽番号があればその数値が小さくなるあたって、粉が細かくなると覚えてください。
逆に大きくなれば粗挽きになっていくと。

 

中挽きというのは単純に考えれば数値の真ん中あたりとなりますが、それはミルによって挽具合が違うので、真ん中が必ずしも中挽きになるとは限らないでの、そこは注意してくださいね。

 

なぜ挽き方を変えるのか

 

僕の味わいつくりの中では、深焙煎のものはより深い味わいに、中焙煎はより軽くスッと飲みやすい味わいをつくりたいからです。
焙煎で味つくりをしていますが、更に挽き方を変えることでよりそのエッセンスが出るように、より美味しく味わえるように、という考えからです。

 

深焙煎は苦みやコクといった深みがある方が更に美味しく感じる、中焙煎はライトで口当たりがさっぱりでフワッと酸味を感じるのがベスト、そうした味わいを表現したいので、挽き方もあえてらしくなるようにしている、というところです。

 

目盛りのあるミルでしたら、1目盛りくらいの差をつけるといいですね。

 

味わいの強弱もまた楽しみのひとつ。

 

よろしかったらお試しくださいね。
それでは、週末もどうぞ素敵なコーヒーライフを。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.
アバター画像

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
アバター画像

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

島珈琲は深焙煎軍が僅かに優勢でございます

昨日、ニュースを見ていると求人ポスターを映画のポスターみたいにすると、すごい反応があったという記事を

記事を読む

コーヒーにも日本の東と西とで、味わいの好みは違うのか

最近、誤字脱字が多くてすみません。   パソコンでブログを書き、プレビューでチ

記事を読む

2023年バージョン コーヒーシロップ加糖 販売開始してます

前回の月曜日のお休みの日にひどくなった花粉症を、未だに引っ張っている僕です。 今日は特に鼻がひどくて

記事を読む

12月26日、岡町本店は臨時で営業してます

本日、12月26日月曜日は本来ならお休みではありますが、年末最後ということで岡町本店は年内最後の営業

記事を読む

いつも同じですか?

有名なコラムを書いている人が、コラムを読んでもらうために、面白くするために、こうすると良いということ

記事を読む

とりあえず価格は据え置きでいきます

本日は祝日ですが、木曜日ですので高槻店は通常営業しております。   いいお天気になっていて

記事を読む

先がまったく見えません

高槻店の焙煎機は12月2日12時現在も故障したままですが、この後、修理をしまして稼働する予定となって

記事を読む

ご存じですか?焙煎機は掃除しないといけないことを!

プロローグ そんなんしらんやん!と突っ込みを入れられるお題ですね。今日は焙煎機ってこんな感じで掃除

記事を読む

ミルの相談も喜んで!

こう見えて岡町本店、行列が出来たりするお店なんです。 というのも、お店が狭いので一気にお客さんが来ら

記事を読む

高槻店のテイクアウトドリンクのコーヒーは3種類 (4967)

深焙煎のブレンドで「コク」を増すために、ロブスタ種をブレンドに合わせて研究らしきものをしておりまして

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
分水嶺 (5021)

今日7月15日月曜日は海の日で祝日、祝日ではありますが、島珈琲岡町本店

ブレンド花が美味しく (5020)

くどくなりますが、明日7月15日月曜日は海の日で祝日ではありますが、岡

アイスコーヒーの粉は細挽きで (5019)

7月15日は祝日の月曜日ではありますが、岡町本店も高槻店も祝日でも関係

来期のグァテマラ 決めました (5018)

そうなんです、来月に僕は49歳となり40代最後の歳となるのです。 &n

コスタリカ ちょっと濃厚に (5017)

昨日、商社さんから向こう1年分使用するグァテマラのサンプルが到着しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑