*

島珈琲はコーヒー豆100gから販売しています

公開日: : coffee, 営業企画部

日曜日は日曜日だけが営業日のお店、岡町本店でこのブログを書いております。
岡町本店での営業は、出来る限り午前中に主要なやるべきことはやり終えて、そしてウエイティングするのがベストと考えております。

 

ツィートしたり、このブログを書いたり、午前中で終わらせることができたら余裕を持った営業ができるんですね。
というのも、日曜日だけが営業日なので、お客さんが来られる時間はだいたい一緒で、ラッシュが1日に何回かあります。

 

何かすることが残っていると、どうしても気になってしまって、リズムよく仕事ができないのです。
ですから、とにかく日曜日はできるだけ午前中に、事務仕事などなどの仕事を片付けることに心を燃やしております。

 

今日もなんとか午前中に全ての事務仕事が片付けることができそうです。
この後もしっかりと接客、販売を笑顔で行いたいと考えております。

 

 

島珈琲ではコーヒー豆100gから販売しています

 

お店によっては200gからなど様々ですが、島珈琲では100gから、100gは530円から販売しております。
なぜか。

 

やっぱり嗜好品ですからね、初めてのお客さんがいきなり沢山のgだと不安になるじゃないですか。
そのところも配慮して。

 

あとは100gずつあれとこれとかそういった楽しみもあると思うのですね。
こちら側の都合で言えば、100g計って袋に入れるのと、200g計って袋に入れるのと、動作的には変わらないので、だったら200gで、って思ってしまうのが人というものですがそれはお店側の都。

 

お客さんの立場に立てば、100gからの販売の方がいい、と僕は思っているからです。

 

100g~250gまでは白のパッケージ袋

 

島珈琲には白と黒のコーヒー豆をお持ち帰り頂くオリジナルパッケージの袋がありますが、単に袋に入る内容量の違いだけです。

 

白は100g~250gまで。
黒は300g~500gまで。

 

銘柄が違うと思っている方もおられますので、再度改めて。
白は新しいデザインとなりましたが(マイナーチェンジしてます)、黒はまだ以前のままとなっています。

 

黒のパッケージ袋も、もうすぐしたらマイナーチェンジして少し変わります。
HPのQRコードが記載されたりとか、ちょっとしたことですが変化します。

 

そんな楽しみにすることじゃないとは思いますが、楽しみにしていてください。笑
それでは、この後も日曜日だけのお店、岡町本店の営業を頑張りますね!

 

素敵なコーヒーライフを。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

コンビニコーヒーの本気度はマシンの価格でもわかる

島珈琲高槻店のご近所に、アロマフランスさんという会社があります。 クライテラピーという自然療法など、

記事を読む

酸味のある中煎りと苦味のある深煎りのコーヒー どっちが売れてる?

さて、三ヶ日も今日が最終。 今年のお正月は温かいせいか、例年ほどのバタバタさはなくちょっと拍子抜け

記事を読む

今のところコーヒー豆の入庫の遅れは聞いてません

お盆前の最終オーダーが締め切られ、コーヒー生豆がドンドーンと届きました。 持って来てくださる、配達の

記事を読む

コーヒーの豆・粉は一杯何グラムが正しいのか

大阪高槻は昨日から寒くなり、涼しくなりましたねーなんて言ってたのが急転、寒くなりましたねにお声かけが

記事を読む

いっぱいだーマン!

 頭の中が福祉施設に入るカフェの経営企画書のことで いっぱいだーマンだ! 寝ても覚めてもそ

記事を読む

価格を考える 税抜きと税込みと

昨日ニュースを見ていると、興味深い記事があったので、あとでじっくり読もうと思い、備忘録としてツィート

記事を読む

この道具を選ぶわけ ひとつひとつに意味がある

明日14日から15日の2日間 加賀温泉 山代温泉 宝生亭という旅館で おこなわれる合宿セミナーに参加

記事を読む

ペーパーでコーヒーの味は変わるの?

以前にも書いたことですが、昨日お客さんに聞かれたので、もう一度書きなおしたいと思います。 リライト

記事を読む

伝家宝刀

 そうです 伝家宝刀の技を使うときがやってきたのです 島珈琲流紅葉落とし焙煎 というのは冗

記事を読む

グレードアップ!コーヒーシロップを使ったカンタンにできるアイスクリーム

プロローグ 毎年、夏が近づくとコーヒーシロップ無糖を使ってアイスクリームを作ったら美味しいよーとい

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
高槻店のテイクアウトドリンクメニューにカフェインゼロコーヒーが追加されます!

昨日はお休みで、カミさんと125ccのバイクで二人乗りし、守口にあるヤ

好きなことならどんどん磨きをかけられる

本日、月曜日は僕のお休み。 高槻店は定休日、岡町本店は営業日が日曜日だ

何も書くことがないときは

いや、あの、書くことがないわけじゃないんです。 身体が疲れすぎて、頭が

何歳まで焙煎していられるだろうか

どうしたん?なんかあったん? いえいえ、特に何かあったわけではないんで

どうして僕はコーノ名門を使い続けるのか

ゴールデンウイーク前からのバタバタと、母の日ギフトなどのギフトの段取り

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑