*

1つ1つやって検証する方が結果、近道だ

公開日: : 最終更新日:2020/07/20 coffee

アイスコーヒー用のコーヒー豆は、一般的には深煎りのコーヒー豆を使用して作ることが多いですが、中煎りの酸味のあるコーヒーで作る、アイスコーヒーも美味しいですよ。

 

何か雑誌の取材の時に、ライターさんに中焙煎(中煎り)のコスタリカを細かく挽いた粉で淹れて急冷した、アイスコーヒーを飲んでもらったことがありました。

 

ライターさんは若い女性の方で、その時に頂いた感想が僕にとってはとても斬新で、今も頭に残っています。

 

わぁフルーツジュースみたいな味ですね、って。
以降、僕もこの表現を使わせてもらってます。

 

中焙煎=中煎りのコーヒー豆で作るアイスコーヒーは、フルーツジュースを思わすような味わいを持っています。

 

店頭で、それを作る時に何を注意したらいいですか、とお客さんに聞かれた時にお伝えしたことを今回、ブログに書いていきますね。

 

 

教わったことを一度にしない

 

アイスコーヒーを美味しく作るコツは、いくつかのポイントがあります。
粉の挽き具合を細かくする、とか、ドリップする時間だとか、お湯の量の調整、急冷のやり方、いろんなことが合わさって、美味しいが完成されます。

 

聞かれたら全部伝えたい僕ですが、まずいつものやり方で粉の挽目を細かくしてやってみてください、とお伝えしました。

 

そしてそれで物足りない感じがしたら、粉の量を増やしてください。
まずこの2つからやってみてくださいと。

 

なぜか、というと教わったことをいっぺんにしてしまうと、もうちょっとこうしたいと思う所が出た時に、どこを直していいかわからなくなって迷ってしまうから。

 

1つずつ潰していく

 

まずいつものやり方で粉を細かく挽く、やってみて味わってみる。
もう少しこうしたいなぁと思えば、粉の量の増減で調整してみる。

 

もう少し濃い味わいにしたいなら粉の量を多く。
逆は少なく。

 

次にドリップする時間を長くする、もしくは短くする。
落とすお湯の線を細くしてみる。

 

などなど、1つずつ検証するのは億劫にも思えますが、同時にいろんなことをしていきなり迷路に迷い込むよりも、面倒でも1つずつ問題を潰していきながら、1つの答えを知り、確実に前へ進む方がコーヒーのことに関しては上達への近道になると、自身の経験から確信しています。

 

また、こうしたらこうなるを積み重ねることによって、どこかでそれが応用として効かせることができるようにもなるのです。

 

夏に酸味のあるアイスコーヒーも、お口の中がさっぱりしますので、よろしければトライしてみてください。
わからないことがあれば、店頭で僕に聞いてくださいね。

 

それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.
アバター画像

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
アバター画像

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

のばそう!

背筋を伸ばしてピンと! 最近 とくに昼食後は眠た~いですね いかがお過ごしでしょうか?こんにちは さ

記事を読む

僕は珈琲のプロですが、最近家でプロペラミルを使って粉にしています

って、タイトルを書くといかにも僕がしているような感じですが、奥さんです。 毎晩、晩ご飯の後、奥さん

記事を読む

モカ、モカって何でいろんな種類があるの?

少し肌寒くなって来た、ここ高槻です。 いかがお過ごしでしょうか。   少し寒

記事を読む

水出しコーヒーの粉の挽き目

6月の後半、大阪でサミットがあるので、流通が大変なことになるんですね! 今日気が付きました。笑 &n

記事を読む

美味しい水出しコーヒーをお家でつくりたい!どうしたらいいの、しまこーひー?

プロローグ 今日は水出しコーヒーについて書いていきたいと思います。 水出しコーヒー、皆さんはどん

記事を読む

 岡町本店と高槻店の焙煎機での味わいの違いは? (4950)

モネとネリ。   月曜日の僕のお楽しみです。   モネは中之島美術館行きまして、

記事を読む

同じブラジルコーヒーの豆でもお店によって違うのはなぜ?

このお話は、お店でするとよくへぇーと言われるので、ブログにも書きますね。 ブラジルコーヒー、と言え

記事を読む

水が変わればコーヒーの味わいも変わる

普段はこの時期、コーヒーシロップの動きは皆無となるのですが、今年は違うようで問い合わせが何件もありま

記事を読む

コーヒーの粉 微粉のはなし

さて年末に向かって、お客さんの流れが変わってきた感じがするこの頃。   なんて

記事を読む

挽き置きはしてません (4733)

月末に近づけば、できるだけ発注は控えるようにしています。 末締めの翌月払いが多いので、特に焙煎前のコ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
分水嶺 (5021)

今日7月15日月曜日は海の日で祝日、祝日ではありますが、島珈琲岡町本店

ブレンド花が美味しく (5020)

くどくなりますが、明日7月15日月曜日は海の日で祝日ではありますが、岡

アイスコーヒーの粉は細挽きで (5019)

7月15日は祝日の月曜日ではありますが、岡町本店も高槻店も祝日でも関係

来期のグァテマラ 決めました (5018)

そうなんです、来月に僕は49歳となり40代最後の歳となるのです。 &n

コスタリカ ちょっと濃厚に (5017)

昨日、商社さんから向こう1年分使用するグァテマラのサンプルが到着しまし

→もっと見る

PAGE TOP ↑