*

生産国によって違うコーヒー生豆のいろ

公開日: : coffee

本日は月曜日はお休み。
高槻店は定休日、岡町本店は日曜日だけのお店なので日曜日以外は定休日。

 

月曜日は僕のお休みの日。
朝はゆっくり目に起きて、家族で朝ご飯を食べ、そして今、ブログを書いています。

 

娘がテレビを見ているのですが、なんとハクション大魔王。
リメイクして、現代版になって新たに放送されているのですね。

 

懐かしく、そして新しく、見入ってしまいました。

 

さて今日はちょっと用事を済ませてから、その後はおうちで過ごしたいと思います。

 

今回は焙煎する前のコーヒー豆、コーヒー生豆は生産国によって色が違ったりするんですよ、というお話です。

 

 

 

マンデリンとコロンビア

 

写真を撮ったところが違うので、ちょっと色の違いがわかりずらいかもしれませんが、上がマンデリン(インドネシアスマトラ島)で、下の写真がコロンビアナリーニョのコーヒー生豆。

 

よーく見えると色がちょっと違うでしょ。
上のマンデリンの方が濃い緑で、深い色。

 

コロンビアは明るく淡い緑の色。
生産国によって豆の色が違ったり、また精製法の違いで色が違ったりします。

 

豆に硬度っていうのかな、硬さがあるんです。
コーヒー生豆の水分はだいたい10~13%になっています。

 

なぜその水分量かというと、水分率が多いと保管している時にカビが生えやすくなり、水分率が少なすぎると輸送中に割れてしまい、もちろん美味しさに適した水分率というのもあり、乾燥されるときにその水分率されます。

 

硬さの話でしたね、焙煎する時に火が通りやすい豆と通りにくい豆があるんです。
これは色の違いでもあったり、生産国の違いであったり、様々です。

 

火の通りにくい豆

 

上の写真のマンデリンもそうですね。
コロンビアと同じ条件で焙煎した時、マンデリンの方が焙煎時間が長くかかります。

 

コロンビアもどちらかというと火の通りにくい豆で、硬い方です。
マンデリンは柔らかいのですが、豆に含まれる水分量の違いですね、きっと、なので柔らかい豆なんですが、火が入りにくいです。

 

同じ条件で焙煎したら、ブラジルは火が通りやすく、この中では焙煎時間は一番短くなります。

 

面白いでしょ。
そんなことを知った上で、焙煎する時にどう焼き上げようか最初にイメージして、そして味つくりをするのですね。

 

焙煎はシンプルですが、奥が深いのです。
だから飽きなくて、楽しいです。

 

明日からも発送が沢山、いいイメージを持って明日からも焙煎に励みますね。
それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.
Avatar photo

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ
Avatar photo

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

タンザニア ニティン農園

  今月から登場の タンザニア ニティン農園 中焙煎と深焙煎の2つティストでご用意しお待ち

記事を読む

ブレンドのネーミングはどんなふうに決めているのか

娘はなぜかテレビの天気予報が好きで、大阪は晴れくもりやなぁとか、花粉状況が沢山やなぁとか、独特の関西

記事を読む

心に残る

 名付けて 心に残るコーヒー教室恋に落ちるように コーヒーに落ちる 知っ得講座月一のコーヒ

記事を読む

なんでコーヒー豆から脂が出るのか

最近は高槻店に通勤するのに、バイクと自転車と併用しています。 自転車の日は、先日購入した折りたたみ自

記事を読む

続 ナイス!島珈琲!

 ということで 続編です 続編の今日は ナイス!島珈琲!の一員である メリタ社コーヒーメー

記事を読む

焙煎機のバーナーが元通りになりました

今晩、もう一度メンテナンスしてみて、駄目だったらガス屋さんに電話しようと思ってたんです。  

記事を読む

何か意味があるの?コーヒー豆に付けられている名前とは

プロローグ モカ、キリマンジャロ。 どちらも大抵の方は知っていると思います。  

記事を読む

ドリップも焙煎もする人が変われば、味は変わる

プロローグ 昨日のツイッターで何気なく思いつき、何気なくツィートしたこと、とても反応がよかったんで

記事を読む

コーヒー豆から粉へ、何分前に粉にしたらよいのか

プロローグ 今、僕が出版するコーヒー本の原稿の大詰めに入っています。 何をしているのかというと、

記事を読む

同じブラジルでもお店によって味わいが違うのはなぜでしょう

プロローグ コーヒーの味わいってわかりにくいですよね。 どうしてわかりにくいのか。 &nb

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
力を抜くことも

本日は月曜日ですので、岡町本店・高槻店共にお休みで、僕自身のお休みです

キャッシュレス決済で多いのは?

本日は日曜日ですので、日曜日だけが営業日のお店、豊中は岡町本店に来まし

その存在で励ましをくれる人

昨日、向こう1年使用するブラジルコーヒーのサンプルが届きました。 すぐ

送風の操作で味わいの微調整を

昨日は1日に何回かパートをわけて、焙煎機のバーナー部分のメンテナンスを

月イチのバーナー部分のメンテナンス

今朝、商社さんに電話して注文をしたんです。 そしていつもの様に情報収集

→もっと見る

PAGE TOP ↑