*

生産国によって違うコーヒー生豆のいろ

公開日: : coffee

本日は月曜日はお休み。
高槻店は定休日、岡町本店は日曜日だけのお店なので日曜日以外は定休日。

 

月曜日は僕のお休みの日。
朝はゆっくり目に起きて、家族で朝ご飯を食べ、そして今、ブログを書いています。

 

娘がテレビを見ているのですが、なんとハクション大魔王。
リメイクして、現代版になって新たに放送されているのですね。

 

懐かしく、そして新しく、見入ってしまいました。

 

さて今日はちょっと用事を済ませてから、その後はおうちで過ごしたいと思います。

 

今回は焙煎する前のコーヒー豆、コーヒー生豆は生産国によって色が違ったりするんですよ、というお話です。

 

 

 

マンデリンとコロンビア

 

写真を撮ったところが違うので、ちょっと色の違いがわかりずらいかもしれませんが、上がマンデリン(インドネシアスマトラ島)で、下の写真がコロンビアナリーニョのコーヒー生豆。

 

よーく見えると色がちょっと違うでしょ。
上のマンデリンの方が濃い緑で、深い色。

 

コロンビアは明るく淡い緑の色。
生産国によって豆の色が違ったり、また精製法の違いで色が違ったりします。

 

豆に硬度っていうのかな、硬さがあるんです。
コーヒー生豆の水分はだいたい10~13%になっています。

 

なぜその水分量かというと、水分率が多いと保管している時にカビが生えやすくなり、水分率が少なすぎると輸送中に割れてしまい、もちろん美味しさに適した水分率というのもあり、乾燥されるときにその水分率されます。

 

硬さの話でしたね、焙煎する時に火が通りやすい豆と通りにくい豆があるんです。
これは色の違いでもあったり、生産国の違いであったり、様々です。

 

火の通りにくい豆

 

上の写真のマンデリンもそうですね。
コロンビアと同じ条件で焙煎した時、マンデリンの方が焙煎時間が長くかかります。

 

コロンビアもどちらかというと火の通りにくい豆で、硬い方です。
マンデリンは柔らかいのですが、豆に含まれる水分量の違いですね、きっと、なので柔らかい豆なんですが、火が入りにくいです。

 

同じ条件で焙煎したら、ブラジルは火が通りやすく、この中では焙煎時間は一番短くなります。

 

面白いでしょ。
そんなことを知った上で、焙煎する時にどう焼き上げようか最初にイメージして、そして味つくりをするのですね。

 

焙煎はシンプルですが、奥が深いのです。
だから飽きなくて、楽しいです。

 

明日からも発送が沢山、いいイメージを持って明日からも焙煎に励みますね。
それでは。

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

関連記事

中焙煎に向く豆、深焙煎に向く豆

コーヒー豆が皆一緒かというと、ご存知の通り産地よって、また種によって違ってきます。 味わいもそうです

記事を読む

性別における味覚の違い

この時期、プレゼントでコーヒーをお渡しになる方が多いように感じます。 誕生日はどの月でもありますが、

記事を読む

自家焙煎で独立して

 高槻に越してきてようやく1ヶ月が経ちました 「なれましたか?」 というお声かけをよく頂き

記事を読む

ドリップポットは軽いタイプが良い

今晩から数日にかけて、高槻店の焙煎機内部の掃除をします。 メンテナンスですね。  

記事を読む

ミルでも変わるコーヒーの味わい

使わなくなった1台のミルの手入れをしています。   とても良いマシンなのですが

記事を読む

コーヒーを愉しむ為に必要な2つのこと

プロローグ 僕は「続ける」ということが苦手でした。 えっ?と思われる方もいるかと思いますが、ほん

記事を読む

【保存版】プロおすすめの「コーヒー豆(粉)の保存方法」

【保存版】プロおすすめの「コーヒー豆(粉)の保存方法」を丁寧に記事にしました! コーヒー豆の保存方

記事を読む

コーヒーが瞬く間に世界に広がっていったワケ

プロローグ コーヒーが瞬く間に世界に広がっていた理由とは。 1600年くらいからの大航海時代。コ

記事を読む

なぜ 円すいのコーノ式を選んだの?

島珈琲では、ペーパードリップのドリッパーはコーノ式をオススメしております。  

記事を読む

コーヒー焙煎の技術を語る前に、まず焙煎機のメンテナンスを

昨晩は岡町本店の営業終了後、岡町本店の焙煎機のメンテナンスを。 昨日は朝6時過ぎから焙煎をスタートさ

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
高槻店のテイクアウトドリンクメニューにカフェインゼロコーヒーが追加されます!

昨日はお休みで、カミさんと125ccのバイクで二人乗りし、守口にあるヤ

好きなことならどんどん磨きをかけられる

本日、月曜日は僕のお休み。 高槻店は定休日、岡町本店は営業日が日曜日だ

何も書くことがないときは

いや、あの、書くことがないわけじゃないんです。 身体が疲れすぎて、頭が

何歳まで焙煎していられるだろうか

どうしたん?なんかあったん? いえいえ、特に何かあったわけではないんで

どうして僕はコーノ名門を使い続けるのか

ゴールデンウイーク前からのバタバタと、母の日ギフトなどのギフトの段取り

→もっと見る

  • cafe be のちょこっと寄りみち日記
PAGE TOP ↑