*

高槻店の喫茶コーナーは続けていきます!

公開日: : 営業企画部

昨晩、娘と一緒に2月のカレンダーを見ていて、あれこれ話をしていて、2月に月曜日の祝日があることを娘が見つけ「わぁ父ちゃんと1日一緒に遊べるやん!」と言われ、デレデレな僕です。
どーも、こんにちは。

 

そんなことを言ってくれるのもいつまでだろう、なんて思いつつ、なんとも言えない嬉しい気持ちになっております。

 

もう、なんかありがとね!って感じで、この週末も張り切って、そして笑顔で乗り切れそうです。

 

さて、今回は一時期この秋に高槻店の喫茶コーナーを閉鎖しようかと考えておりましたが、改めて続けて行こうと思います、というお話です。

 

 

喫茶コーナーを4席へ減席、12時からスタートに変更して

 

昨年の秋くらいに変更しました。
そして消費税増税と共に、喫茶メニューの価格も変更に。

 

特に喫茶コーナーを12時スタート(お店は10時からオープンしてます)に変更したことが、身体への負担を大きく減らし、随分と楽になりました。

 

1週間を通して、喫茶コーナーが混雑することは、土曜日か祝日くらいで平日はそれほどバタバタすることもなく、気分良くさせて頂いております。
スマートフォンを見る時間も意識的に減らして、目の疲れからくる肩のこりも、だいぶましになりました。

 

歳を重ねてきて疲れも取れにくくなっているので、身体の手入れもきっちりしないと、とも思いだし、今年は定期的に鍼灸治療所にも通おうと考えています。

 

島珈琲のコーヒーをいつも楽しみにしてくれているお客さんのためにも、身体は大事にしようと。

 

そうしてですね、随分と心身ともに楽になりましたので、よし喫茶コーナーを続けるぞ!という気持ちになりました。
身体が一つしかないのでね、無理はしないというのを大前提にして。

 

年齢に応じた経営を

 

若い時はちょっと無理してでも、ゴリゴリ前進して前進して、若さと言うタフネスで突進していけましたが、例えばベテランボクシング選手のいい意味での老獪なテクニックのように、無駄なく躱して、消費を少なくし、いかに効率よくリングに立ち続けるか、みたいな、年齢を重ねるとそうした無駄なくシンプルに行くことが大事と気づきます。

 

それは、続けていくために、というところにおいて、「続けていく」と「年齢」とを天秤にかけたときに、どう双方がバランスよく水平になっているかが大事だからです。

 

いろんな続けるための方法がありますが、誰かを雇ったりする方法ではなく、僕はカミさんと二人でやっていくのにどうしたらいいか、を考えております。

 

とりあえずこのパターンで心身ともに落ち着くことを確認できましたので、この高槻店の喫茶コーナーは12時スタート、カウンター4席のみ、で続けていけそうなので、改めて「続けて行きます」宣言です!笑

 

というお話でした。
頑張ります!

 

こころに響くコーヒーを
焙煎アーティスト 島 規之

 

いつもありがとうございます。

The following two tabs change content below.

島 規之

珈琲焙煎を究めるために ハワイ島のコーヒー農園で通算6ヶ月働く その後 2002年にコーヒー豆専門店 自家焙煎 島珈琲 を開業 焙煎を究めるアーティストを目指し  日々珈琲焙煎と向き合う 「のほほんと心穏やかに」をモットーとし お客様に 「美味しいコーヒー豆と愛を届けること」に毎日全力を注ぐ

最新記事 by 島 規之 (全て見る)

関連記事

岡町本店の外装はこうなる予定です!

日曜日は、日曜日だけが営業日のお店、岡町本店に来ております。 だいたい6時過ぎに家を出て、高槻店で車

記事を読む

高槻店の喫茶コーナーをゲリラ方式にしようか考え中

高槻店は通常営業で、喫茶コーナーのみ休止中となっております。 4月9日くらいから、喫茶コーナーのみ休

記事を読む

岡町本店では、豊中プレミアム付商品券がご使用頂けます!

昨日は高槻店、臨時休業を頂きましてありがとうございます。 娘の体育参観も無事に終了しました。 &nb

記事を読む

おうちなら1杯53円で美味し~いコーヒーが飲めるんだな

毎月書き換えている黒板。 今月はこんな感じになりました。   原稿は僕が考えて、カミさんが

記事を読む

ギフトセットの包装紙は和紙です

昨日は1日バタバタしておりました。 面白いもので、お客さんが一人ご入店されるとすぐにまた入店と、立て

記事を読む

島珈琲2020グァテマラ祭り第2弾は、力強い味わいのトウィハ

昨日、湯船に浸かっていて、ふと常連さんってほんとうに有難いなぁ、なんて考え始めました。  

記事を読む

めんどくさいなぁ と思うことを超えると、成功の道が見えるのでは

高槻店は賃貸で、2階のテナントが最近空室となってました。 昨日、次に入居されるお店屋さんが決まり、丁

記事を読む

なぜ島珈琲では500gで購入すると値段が変わるのか

最近の僕の専らの楽しみは、バイクです。 通勤に125ccのバイクを利用していており、行きは焙煎が待っ

記事を読む

お待たせしました!コーヒーシロップ無糖 2/6(土)より再販スタート!

この3月にドリップコーヒーマシンを高槻店に設置しようと、動いております。 ドリップコーヒーマシン、コ

記事を読む

ことわる勇気

この時期、ギフトのご注文をお店でよく頂いております。 島珈琲のコーヒー豆を贈ってくださる皆さまには、

記事を読む

僕の初コーヒー本できました!
ぜひ お読みください!

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト 島 規之

ドリップコーヒーの健康と秘密を明かす焙煎アーティスト
島 規之

いつも身近にあるコーヒーに関する知識が満載!専門用語も少なく読みやすい!今までコーヒーに関心がなかった人でも興味を持っていただける楽しい内容です。あなたのコーヒーライフが更に楽しくなる一冊です。

ブログの読者になると新着記事の通知を
メールで受け取ることができます。 読者登録はこちら
twitter Instagram btn_hp
パンチング

最近、ブログのタイトルをあまり考えないようにしています。 タイトルで、

岡町本店がなぜ日曜日だけの営業なのか

島珈琲には岡町本店と高槻店と2店舗あり、そして姉妹店というか協力させて

一時的に高槻店に設置しました

本日、そして明日と発送が沢山となっております。 島珈琲ではホームページ

新価格は5月23日月曜日からスタートします

岡町本店に設置するために新しく購入したコーヒーグラインダー、コーヒーミ

若さとは

月曜日は定番の毎朝のツィート「よし、ゆこう」シリーズからテーマを取りエ

→もっと見る

PAGE TOP ↑